芳根京子

芳根京子の目のパチパチまばたきはチック症で不自然だし怖い?目頭切開の整形やカラコン使用の噂など総まとめで検証してみると…


今回は女優として活動する芳根京子さんの「目」について、パチパチとまばたきの数が多いっ様子が「チック症」であるのではないかという噂や、「不自然」「怖い」と言われる原因として考えられる目頭設計の整形・カラコンの使用の噂などを検証していきたいと思います。

主演を演じた朝ドラ「べっぴんさん」での演技は多くの人の心を掴んだではずですし、まさに若手女優として大ブレイクしている芳根京子さんですが、病気の噂が出ている以上はファンとしても心配にならざるを得ません。

様々な噂や憶測が立ってはいますが、総まとめ的に芳根京子さんについてチェックしていきましょう。

芳根京子の目のパチパチまばたきが不自然で怖いと話題に

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

芳根京子さん(@yoshinekyoko)がシェアした投稿

芳根京子さんの目をパチパチさせるまばたきが不自然で怖いと話題を呼び「チック症なんじゃないか」と噂されるまでになったのは、2019年6月に日テレのバラエティ「世界まる見え!テレビ特捜部」に出演してからのこと。

その際の芳根京子さんの様子がわかるPR動画がこちらになります。

実際に芳根京子さんの目をパチパチする動きが目立ちまばたきの回数が多いようにも感じます、これはもしかしたら少し不自然で怖いと感じる人もいるかもしれません。

番組での芳根京子さんの目のパチパチやまばたきを見た視聴者からは、次のように芳根京子さんのことを心配する声もいくつかあがっていました。

 

この芳根京子さんの少し不自然に感じるパチパチとしたまばたき、その原因は一体どのようなものなのでしょうか。

女優さんとしてテレビに露出する機会も多いですし、このままだと芳根京子さんの目のパチパチが気になる人も増えていく一方だと思うので、詳しく調査してみました。

芳根京子の目のパチパチまばたきが不自然で怖いのは目頭切開の整形をしてるから?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

芳根京子さん(@yoshinekyoko)がシェアした投稿

まずそもそも芳根京子さんの目が「不自然」「怖い」と言われる原因として考えられるのが、目頭切開の整形。

目頭切開といえば両目の目頭を切開することによって目を大きくすることができる整形手術ですが、目が小さく見える人だったり両目が離れてバランスが悪く見えるような人が施術を受けるケースが多いと言われています。

ただし整形と一口に言ってもそこまで責め立てられるような悪いようなことではなく、目頭切開による手術後の見た目も不自然なものになるわけではないので、あくまで前提として目頭切開はネガティブなものでもありません。

 

そんな目頭切開による目の整形を芳根京子さんが行なっているのかというところなのですが、芳根京子さん自身は目頭切開や整形をしたということはこれまでに公表していません。

もちろんメディアを通じて顔出しして活動する「女優」という仕事上、そういった整形などが噂立てられるのは仕方がないことではありますが、実際に芳根京子さんは整形をしていないと見て良いかなと感じます。

というのも、デビュー当時の芳根京子さんを見てみるとほとんど今のようなパッチリとした目をしており、特段「見違えるほど変わった」というような容姿の変化もないのでした。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

芳根京子さん(@yoshinekyoko)がシェアした投稿

確かに普通の人よりは目が少し大きめではありますが、人気女優として活躍するほどの芳根京子さんですから、生まれつきの優れたルックスの持ち主であるということには変わりないですね。

周りに芳根京子さんのような美貌の持ち主がたくさんいるということはなかなかないでしょうし、そんな稀に見る美女をテレビで見て「不自然」「怖い」と逆に感じてしまったのかもしれません。

芳根京子の目のパチパチまばたきが不自然で怖いのはカラコンを使用しているから?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

芳根京子さん(@yoshinekyoko)がシェアした投稿

続いて芳根京子さんのパチパチしたまばたきや目が「不自然」「怖い」と言われる原因として考えられるのが、カラコンを使用しているためであるという噂。

日本人は基本的に黒目の大きさに差がないと言われているのですが、カラーコンタクトを使用することによって黒目を大きく見せたり目の見た目を変えることができます。

芳根京子さんは人よりも黒目が少し大きく見えるために、それでカラコンを使用しているのではないかと憶測を立てる人も多いようなのですね。

 

しかし、芳根京子さんの口から「カラコン入れてない」ということが明かされており、実際にツイッターではファンからの質問に答える形で次のようにコメントしていました。

「よく聞かれる」ということでやはりカラコンの使用を疑う人も多かったようですが、本人によれば入れたことすらなかったということでした。

ただその一方で視力が悪くコンタクトレンズ入れているということを明かしており、裸眼でテレビに出ているわけではないことも判明しています。

 

ですのでここまでの結論としては、芳根京子さんは目頭切開などの整形をしているわけでもないですしカラコンを使用しているわけでもないということで、目をぱちぱちとまばたきしてしまったりするのも特にそれらのことが原因ではないということでした。

では一体なぜ少し不自然なまでにまばたきをしてしまうのかというと、芳根京子さんが「チック症」を発症している可能性が考えられます。

芳根京子の目のパチパチまばたきは「チック症」の可能性がある

芳根京子さんのまばたきの回数が増えたりパチパチする頻度が高くなってしまう原因としてもっとも考えられるのが、「チック症」という症状。

実際にテレビでの芳根京子さんを見た視聴者からも「チック症なんじゃないか」という声は多くあがっていたのですが、そんなチック症とはどういった症状なのでしょうか。

芳根京子が発症している可能性のある「チック症」の症状

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

芳根京子さん(@yoshinekyoko)がシェアした投稿

まず、チック症の概要と主な症状とされているのがこちら。

「チック症」とは、まばたきや咳払い、首振りや奇声が本人の意思に関係なく繰り返し出てしまう疾患。

小児〜青年期に現れ、多くの場合は成人するまでに改善・消失すると言われていますが、大人になっても症状が持続したり、再発するケースもあります。

このようにチック症とは自分の意識とは関係なく身体が動いてしまったり声が出てしまう障害のことで、通常は小さな子どもに多く見られる症状の1つです。

ただし多くの場合は大人までに改善すると言われているチック症ですが、大人になっても治らなかったり再発してしまうケースもあります。

 

また、チック症は運動性・音声・持続時間などの特徴から「単純型」と「複雑型」に分かれており、それぞれ以下の計4種類のパターンが存在します。

  • 単純運動チック:まばたき
  • 単純音声チック:咳払い・唸り
  • 複雑性運動チック:同響動作
  • 複雑性音声チック:反復言語

「単純運動チック」の特徴的な症状であるまばたきが、今回の芳根京子さんの目のパチパチした動きにも通ずるものがありますね。

ちなみに「同響動作」とは他人の動作を真似る事であり、「反復言語」とは自分が発した言語を繰りかえる動作のことを指しています。

芳根京子が発症している可能性のある「チック症」の原因や治療法

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

芳根京子さん(@yoshinekyoko)がシェアした投稿

そんなチック症の原因は様々なものがあり完全に明かされていないとされていますが、基本的に子供が発症する原因は「遺伝」や「環境」に関係があると言われています。

特に「これだ」というきっかけや出来事があるわけではなく、チック症が起こりやすい脳と、ストレスや不安のかかる環境で発症しやすいということなのです。

 

そういった不確実性のために、チック症の治療法には心理的なものと環境の調整が行われ、10度の症状だと薬物療法を行うことも多いんだとか。

何よりもチック症は注意を向けると症状が悪化する傾向にあるため、「意識しない」「気にしない」ということが大切だとも言われています。シンプルに無視して咎めないことが周りの人にも求められるのですね。

「チック症」を発症しているとされている芸能人たち

実は芸能界にはチック症を発症している人が多いということも知られており、あくまで噂程度のものもありますが以下のような名前が「チック症なんじゃないか」と言われることの多い有名人です。

  • チック症だと言われている芸能人:ビートたけし

  • チック症だと言われている芸能人:渋谷すばる

  • チック症だと言われている芸能人:松田宣浩

  • チック症だと言われている芸能人:石原慎太郎

  • チック症だと言われている芸能人:吉川晃司

確かにビートたけしさんなどはモノマネなどでも使われるほど肩の動きが印象的です、ソフトバンクの松田選手もまばたきが印象に残る選手ですね。

芳根京子は中学時代に難病「ギランバレー症候群」で闘病していた経験も

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

芳根京子さん(@yoshinekyoko)がシェアした投稿

さて、そんな芸能人も多く発症しているチック症が噂されている芳根京子さんですが、まず前提として中学時代に闘病していた「難病」についても触れておく必要があります。

まず芳根京子さんが過去に難病を患っていたことを明かしたのが、2015年に自身のブログの中でファンからの「大きな病気になったことはある?」という質問に対するコメントでのこと。

次のように難病を乗り越えた過去のエピソードを語り、当時は大きく話題を呼びました。

私も中学の頃に難病になった事があります。

実際そうなるとね、なかなか笑顔になるのなんて難しかったりするんですけどね、とにかく毎日楽しい事探してたなー。気持ちに負けないように。

その時思ったのは周りの人とお喋りしたり、コミュニケーションをとることが1番笑顔になれるんじゃないのかなぁ!あとは携帯でお笑い見たりしてますよー。笑

1人じゃないですからね。きっと大丈夫です。もう頑張ってると思うので頑張ってくださいって言葉は言いません。無理せず、自分のペースでいてくださいね。

出典:芳根京子オフィシャルブログ「芳根京子のキョウコノゴロ」

そして、この当時は「難病」と述べるだけで具体的なことは明かされていませんでしたが、2016年に行われたNHK朝ドラ「べっぴんさん」ヒロイン発表会見の中で、中学2年生のときに「ギランバレー症候群」を患っていたことを公表しています。

ギランバレー症候群は10万人に1〜2人ほどの珍しい病気で、ウイルスなどに感染したのち免疫機能に障害が生じるもの。発症するとICU(集中治療室)で治療が行われるほどの緊急事態になってしまう難病の1つです。

 

芳根京子さんはこのギランバレー症候群により「力が入らなくなる」症状に悩まされ、1年間ほどは普通に学校に通うこともできない時期があったとコメントしていました。

しかし闘病の末に現在ではギランバレー症候群は解消しており、その中で感じた命の重さを今でも大切に活動しているとのことでした。

 

その上でチック症との関連性についても考えていきたいのですが、実際にギランバレー症候群の後遺症としてチック症が発症したというケースはあまり多くはありません。というより可能性としては限りなく低いレベルでした。

しかしながら芳根京子さんはギランバレー症候群とは別に身体のことで悩まされることがあったそうで、ここからはその症状についてもチェックしていきましょう。

芳根京子は過去に「唇の上のピクピクした動き」が止まらなくなったことも

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

芳根京子さん(@yoshinekyoko)がシェアした投稿

芳根京子さんがギランバレー症候群の他に悩まされている症状、それはどうも「唇の上の動きが止まらなくなる」というようなものなのでした。

芳根京子さん本人のツイッターでもそのことを明かしており、次の投稿からはその様子が伺えます。

なんと6時間以上も唇の上がピクピクと動き止まらなかったとのことですが、投稿があった2017年当時には芳根京子さんの身体を心配する声も多く上がっていました。

チック症は基本的にまばたきや咳払いの症状が多いと前述もしましたが、この芳根京子さんの様子はチック症に近いとは言わないまでも遠くはない症状で、実際に「それってチック症なんじゃない?」と声をかけるファンもいたほど。

 

何より「来る時がわかるようになってきた」「伊達にお付き合いしてるので…」というハッシュタグのコメントからもわかるように、この唇の上がピクピク動く症状は芳根京子さんが幼い頃・あるいはだいぶ前の機関から発症しているものだということがわかります。

チック症は幼い頃に発症してからまた大人になって再発するということも言われているため、なおさらこの症状がチック症ではないかと心配する声も多く上がっていたのでした。

結局のところ芳根京子はチック症なのかどうか

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

芳根京子さん(@yoshinekyoko)がシェアした投稿

では、結局のところ芳根京子さんは「チック症なのか」というのが気になるところですが、本人の口から公表はされていないため今のところはチック症ではないと考えるのがベターだと思います。

今回テレビで見られた目をパチパチとまばたきする動きだったり、「不自然」「怖い」と言われるような目の動きに関しても、あくまで一時的なものに過ぎません。

他の番組に出演した際にそうかと言われればそこまで目立ちはしないですし、これまでの出演作品を見てみても芳根京子さんの目の不自然な動きは見られませんでした。

 

もしかしたらそれは芳根京子さんがプロ意識として、女優魂ではないですが症状を我慢して演技しているという可能性もなくはないのですが、基本的にはチック症ほどのひどい症状が出ているわけではないのでまだ確定はできません。

個人的にはコンタクトレンズのズレや乾きによってまばたきの回数が増えてしまったということや、度重なる仕事によってストレスや目の疲労がたまりパチパチとしてしまうというのが可能性としては高いと考えています。

ギランバレー症候群を世間に公表した芳根京子さんですから、仮にチック症を発症していたとしたらネット上で危惧する声に公表して答えを出すことでしょう。

 

何よりチック症は本人が気にしてしまうコンプレックス的なものでもありますし、もし仮に発症してしまっていたというケースを考えた際にも、ここは静観してあまり「不自然」だとか「怖い」だとかは言わないであげるのが芳根京子さんにとっても良いのではないかなと感じました。

まとめ

ということで今回は、芳根京子さんの目がパチパチとまばたきを多くする動きが「チック症」であるのかどうかということや、「不自然」「怖い」と言われる目について目頭切開の整形やカラコン使用の噂などを交えつつ検証してきました。

テレビでのパチパチとするまばたきの数が多いためにチック症が疑われてしまった芳根京子さんですが、その可能性は完全に否定できないものの、本人の口から公表されていないためにチック症であるとは断定しきれません。

しかし仮にチック症を発症しているとしたら、その原因はストレスや環境によるものがあるので、現在の女優としての仕事やテレビへの出演の多さがもしかしたら芳根京子さんの負担になっているという可能性も否めません。

芳根京子ファースト写真集『ネコソガレ』特別ムービー

もちろん仕事が多いということはとても良いことですし、若手女優としてまさに今キャリアを積み上げている最中ではあるとは思いますが、あまり無理はしすぎず頑張っていって欲しいですね。

何より過去に難病も経験してきたような芳根京子さんですので、うまく自分自身と向き合いつつも、活動の幅を広げていってもらえたらファンとしても嬉しいです。

そんな誠実に頑張る芳根京子さんをあまり咎めるようなことはせずに、大人しく応援し続けていきましょう。


Related Post