サカナクション モス

サカナクション「モス」歌詞の意味やMV動画を考察&解釈|最後(ラスト)の女性との結末・繭が意味することとは。


今回は話題を呼んでいるサカナクション「モス」歌詞の意味やMV動画について、最後(ラスト)の結末で女性と出会うシーンや繭から山口一郎さんが出てくるシーンなど、楽曲MVに込められた意味を考察していきたいと思います。

あくまで個人的な解釈に過ぎませんが、ネタバレも含めてお話ししていくので少しでも楽しんでいただけたら嬉しいです。

サカナクション「モス」がドラマ「ルパンの娘」主題歌に抜擢。

【公式】深田恭子主演!新木曜ドラマ「ルパンの娘」PR動画第1弾【7月11日スタート】

今や日本のみならず海外にも数多くの熱狂的なファンを抱えるサカナクションですが、新曲をリリースするたびに大きく話題を呼んでいます。

その中でも特に今回フォーカスする「モス」は注目どころ、ニューアルバム「834.194」に収録されている当曲はフジテレビ系木曜劇場「ルパンの娘」の主題歌にも抜擢されました。

 

ドラマ「ルパンの娘」は深田恭子さんが主演を務めるドラマで、代々泥棒一家の娘と代々警察一家の息子との恋愛を描いた横関大の同名小説をドラマ化したもの。

瀬戸康史さんや栗原類さん、加藤諒さん、渡部篤郎さんなどの名だたるキャスト陣と合わせて、待望の声が高まっている人気ドラマの1つです。

【公式】深田恭子主演!新木曜ドラマ「ルパンの娘」PR動画第2弾【7月11日スタート】

そんなドラマ「ルパンの娘」の主題歌である「モス」をサカナクションが歌い上げているのですが、サカナクションがドラマ主題歌を担当するのは実に約6年ぶりのことなのです。

2003年に放送されたドラマ「dinner」以来の抜擢となり、そのことをサカナクションの山口一郎さんも次のように喜んでいました。

僕たちの新しい歌を地上波ドラマの主題歌に抜擢していただき、本当にありがとうございます。

このような表現の楽曲を高く評価していただけことに、ロックバンドとして光栄に思います。

個人的な話になりますが、深田恭子さんの主演ドラマだと伺った際には小さくガッツポーズしました。(笑)

最初は慎ましく感謝を述べながらも、しっかり最後は面白い話で締める山口一郎さんらしいコメント。

山口一郎さんは40歳近くになるのでまさに「深田恭子世代」と言えるのかもしれません、小さくガッツポーズする山口一郎さんを思い浮かべるとかわいらしいですね。笑

サカナクション「モス」MV動画が衝撃的だと話題に。

さて、そんな山口一郎さんも喜んだドラマ主題歌への抜擢ですが、当の楽曲「モス」はMVが衝撃的であると大きく話題を呼んでいます。

ただしMV自体はまだYouTubeなどでは正式に公開されておらず、今は動画配信サービス「GYAO!」での独占先行配信のみ。

これは単純にGYAO!のキャンペーンの一画であることは間違いありませんが、MVの内容が内容だけに「限定性」を演出するために独占先行配信から始めたのだと個人的には思います。

追記:サカナクション公式YouTubeアカウントから、「モス」のMVが正式に公開されました。

サカナクション / モス

その内容を知るには実際にGYAO!をインストールしてMVを見てもらうのがまず早いでしょう、自分もあまりアプリをインストールしたくはなかったのですがMV見たさに思わず追加しました。笑

そんな衝撃のMVを手がけたのは山口保幸氏、これまでにサカナクションの「ユリイカ」「蓮の花」などのMVも手がけてきたことで知られています。

 

ユリイカも蓮の花も独特な世界観でサカナクションらしい作品に仕上がっているのですが、今回の「モス」もそのメッセージ性の強い歌詞や世界観を見事なまでに表現していました。

「全編を通して試聴した者のみがサカナクションの表現の振れ幅の広さを痛感できる作品に仕上がっている」というコメントも出されていますが、まさにその通りだなと感じます。

サカナクション「モス」歌詞の意味やMV動画を考察&解釈

それではそんなサカナクションの話題作「モス」の歌詞やMV動画に込められた意味を、個人的な考えにはなりますが考察し解釈していきましょう。

あくまでこれは個人的なものなので正解というわけではありませんが、楽曲やMV、歌詞などを理解する一助になればと思います。

サカナクション「モス」のフルバージョンの歌詞全文

まず考察に入る前の前提として「モス」の歌詞を把握しておきましょう、MVの内容が内容なために歌詞のメッセージが解釈のカギになると思います。

「モス」 – サカナクション
作詞:Ichiro Yamaguchi
作曲:Ichiro Yamaguchi

君のこと
(ソウゾウデキズニ)

知らなくていいや
(ソウイウフンイキ)

僕はまだ
(ソウゾウデキズニ)

探してたいんだ
(ソウイウコトバガ)

抱えても叶えられないこと
比べても負けるとわかってたんだ

繭割って蛾になる マイノリティ
揺れてる心ずっと 三つ目の眼

飛び交う蛾になる マイノリティ
雨に打たれ羽が折りたたまれても

君の上を
(ソウゾウデキズニ)

ふわふわ浮いた
(ソウイウフンイキ)

抱えても叶えられなくても
比べても一人でうずくまっても

つまづいても誰かが指差しても
次の場所を行けるとわかってたんだろう

繭割って蛾になる マイノリティ
揺れてる心ずっと 三つ目の眼

飛び交う蛾になる マイノリティ
雨に打たれ羽が折りたたまれても

繭割って蛾になる マイノリティ
揺れてる心ずっと 三つ目の眼

連れてく蛾になる マイノリティ
君はまた僕を思い出せるなら

実はこの「モス」ははじめ「マイノリティ」という仮タイトルがつけられていたそうですが、このご時世ですから様々な曲解が起きてしまうと思いタイトルを変更したそうです。

そこでマイノリティを象徴するものとして虫の「蛾」を意味する「モス」がタイトルに付けられていると、そういった背景もあるため歌詞にも「マイノリティ」という単語が非常に目立つ印象がありますね。

サカナクション「モス」MVの意味の考察:繭から出てくる山口一郎

サカナクション / モス

サカナクション「モス」を象徴する、というよりMVのほぼ全てが巨大な「繭」が映されている映像となっているのですが、そこから山口一郎さんが這い出てくる様子がMVでは描かれています。

この様子の意味を考えることがすなわち楽曲全体の意味を捉えることになると思いますが、前述したようにこの楽曲のメインテーマは「蛾=マイノリティ」です。

そういったことを踏まえてこのシーンの意味を考察すると、MVにおいて「繭の中」と「繭の外」が持つ意味合いは大きく違ってくるんじゃないかなと個人的には感じました。それこそ次のように。

  • 繭の「中」の世界:自分の本心に嘘をついている状態・生きづらい世界
  • 繭の「外」の世界:自分の本心に素直に生きている状態・生きやすい世界

今回の楽曲におけるマイノリティとは、このご時世のことも踏まえるとやはり「好きなことで生きていきたい」「自分の本心に素直でありたい」というように思っている人。つまりは「常識に対して何か違和感を感じている人」でしょう。

そして、繭の中に閉じこもっている世界というのは自分の「殻」に閉じこもっているようなもので、自分の本心に嘘をつきやりたいことや好きなことを諦めている状態であると思います。

 

しかし、このMVにおける主人公である山口一郎さんは、「抱えても叶えられなくても、比べても一人でうずくまっても、つまづいても誰かが指差しても」そして「雨に打たれ羽が折りたたまれても」繭の外の世界に出て自由になることを決意します。

ただしそれは決して簡単なことでも楽なことでもなく、繭から這い出るように出てきた山口一郎さんが肩でからがら息をしている様子を見ても、「自分の本心に素直に生きる」ということは並大抵のことではないということがわかります。

それでも、「三つの眼=心眼」つまりは心の声や本心が揺れ動きながらも「雨に打たれ羽が折りたたまれる」とわかっていたとしても、繭から這い出て自由に生きたい。

周りの目など気にせず自分らしく生きていきたい、そんな力強いメッセージ性が込められているのだと個人的には感じました。

サカナクション「モス」MVの意味の考察:最後の結末での女性との出会い

そうして繭の外に出て、新しい世界への扉を開く山口一郎さん。

扉を開けるとそこはマンションの一室であることから、「繭の中」や「部屋の中」などの閉鎖空間が「自分の本心に嘘をついている状態」や窮屈な世界を表していることがわかります。

そして扉をあけて外に出ると、隣にも同じように部屋を出てきた井手上漠さんが描かれていました。

このシーンについては特に山口一郎さんと井手上漠さんが会話をしている様子もなく、最後は見つめ合う描写だけが描かれてMV動画は終えられています。

その意味合いについてはファンを中心に様々な憶測がありますが、山口一郎さんだけでなく隣の部屋から出てきた井手上漠さんもまた「マイノリティ」の1人であり、繭の中から這い出てきた後なのではないかなと感じました。

そもそも井手上漠さんがジェンダーレス男子として性差別に立ち向かう存在として抜擢されたと考えていて、山口一郎さんも井手上漠さんも同じように、過去に繭の中に閉じこもっていた=本心と常識の間で葛藤していた経験を持っていたのだと思います。

 

そして、繭の中から思い切って飛び出し、自分の本心に沿って生きることを決意した先で出会った2人。

それは井手上漠さんで言えばジュノンボーイコンテストに出場することであったり山口一郎さんにとってはアーティストを目指すことだったのだとは思いますが、そうして「自分の本心に嘘をつかなかったからこそ出会えた人」で。

逆に言えばそうでなかったら出会えなかった、それは「モス」のMVに井手上漠さんでない人が抜擢されていた可能性というのもありますし、2人がそれぞれこれまでに違う選択をしていたら出会えなかったということを表しているのだと感じました。

 

そんな奇跡的とも運命的とも取れる人との「出会い」を、繭の外に出た=マイノリティとして生きていく決意を持ったからこそ巡り会えたものだとして描いているのが、この「モス」という楽曲でありMVであるのだと思います。

テーマは多少抽象的ではありますが、抽象的であるからこそそれぞれの人に当てはまることや思い当たることがある内容となっており、MVの前衛的とも言える描き方がそのメッセージ性をより強烈なものにしている印象的な楽曲です。

まとめ

サカナクション / モス

ということで今回は、話題を呼んでいるサカナクション「モス」について、歌詞や最後(ラスト)の結末で女性と出会うシーンや繭から山口一郎さんが出てくるシーンなど、楽曲に込められた意味を考察してきました。

あくまで個人的な解釈であると同時に少し抽象的な内容となってしまいましたが、そういう楽曲だとも思うので悪しからず。

サカナクション モス
サカナクション「モス」MVで最後(ラスト)に出会う女性・女優は誰?実は女性ではなく…サカナクションの新曲でありドラマ「ルパンの娘」の主題歌でもある「モス」、そのMVの衝撃的な内容と結末が大きく話題を呼んでいます。 今回...

こういう抽象的なメッセージの込められた動画や楽曲というのは本当に考えさせられますし、わかりにくいからこそ1つ1つの歌詞にある単語や人の動き、表情などから伝わってくるメッセージがあります。

サカナクションの楽曲はどれも素敵でヘビロテ必須なのですが、この「モス」もまた、毎日のようにリピートしてその意味を考え続けられる素敵な作品だと感じました。


Related Post