【完全版】薬物性行為で逮捕秒読みの芸能人&薬物療法疑惑2019最新まとめ|名前は女優M・若手俳優F・アイドルO・紅白歌姫Mなどがあがっているが真相は…


今回は薬物性行為で逮捕秒読み&薬物療法の疑惑がある芸能人について、2019年最新の情報を元にチェックしていきたいと思います。

よく週刊誌などでも「人気俳優Sは…」というようにイニシャルの名前を使って芸能人の薬物性行為の疑惑や逮捕をほのめかすような内容が掲載されているのを見かけますが、その真偽の程は実際どうなのでしょうか。

それこそ若手人気俳優F・国民的アイドルO・紅白歌姫Mなどといったようにイニシャルで名前があがっている人物は非常に多く、週刊誌の読者やネットユーザーとしては困惑するのも無理はないのかもしれません。

 

ただ、そういったこともあってか「〇〇は絶対に逮捕される」というような根拠のない噂もネット上では盛り上がるようになってきていますが、当の芸能人本人やファンにとっては根拠もなく薬物性行為や薬物療法疑惑で「逮捕間近」「逮捕秒読み」なんて言われたらあまり嬉しい気持ちはないでしょう。

今回はそんな根拠のない断定的な噂の根拠を探るという意味でも、薬物性行為で逮捕秒読み&薬物療法の疑惑がある芸能人(俳優・女優・アイドル・タレント・アーティスト等)について、その真相を徹底的にチェックしていきたいと思います。

今回の記事は週刊誌の記事や情報を元に仮説を立てその真偽を「検証」しています。そのため情報を断片的に取り扱い罪を断定するようなことはせず、週刊誌の情報を鵜呑みにして「〇〇は絶対にやってる」という断定的で根拠のない噂の広がりを防ぐことを目的に執筆しました

また、捜査当局は週刊誌に情報を流しておきながら全く別の人物を捜査していることも場合によってはあることから、まだ明るみに出ていない情報も数多くあるでしょう。

ですので今回の記事についてもあくまで参考程度に読んでいただければ幸いです、情報の取り扱いにもご注意ください。


2019年最新の薬物性行為&薬物療法疑惑で逮捕秒読み→逮捕された芸能人をおさらい

それでは早速記事の内容へと入っていきたいと思いますが、まず前提としてこれまでに薬物性行為や所持・使用等で逮捕秒読み状態から逮捕されてしまった主な芸能人をあらかじめ把握しておきましょう。

  • 岩城滉一(1977年)
  • 井上陽水(1977年)
  • 内田裕也(1977年)
  • 錦野旦(1977年)
  • 研ナオコ(1977年)
  • 勝新太郎(1978年)
  • 萩原健一(1983年)
  • 尾崎豊(1987年)
  • 江夏豊(1993年)
  • 長渕剛(1995年)
  • 槇原敬之(1999年)
  • いしだ壱成(2001年)
  • 岡村靖幸(2003年)
  • 野村貴仁(2006年)
  • 大森隆志(2006年)
  • 赤坂晃(2007年)
  • 酒井法子(2009年)
  • 押尾学(2009年)
  • ASKA(2014年)
  • 高部あい(2015年)
  • 小向美奈子(2015年)
  • 杉田あきひろ(2016年)
  • 清原和博(2016年)
  • 高知東生(2016年)
  • 高樹沙耶(2016年)
  • 田中聖(2017年)
  • 橋爪遼(2017年)
  • ピエール瀧(2019年)
  • 田口淳之介(2019年)
  • 國母和宏(2019年)
  • 田代まさし(2019年)
  • 沢尻エリカ(2019年)

懲役期間・起訴猶予・有罪無罪などの違いこそあれど、こうして見てみると数多くの芸能人やタレントが薬物性の行為を主に逮捕秒読み状態から逮捕されています。

しかもこれはあくまで有名どころの名前をあげただけに過ぎず、ここには書き切れないほどの芸能人が過去に薬物との関係を摘発されてきました。

 

非常に高いペースでその逮捕劇が繰り広げられていますが、特に1977年は芋づる式に逮捕が発生したということもあり、合計60人以上の芸能関係者が逮捕されています。

そういったこともあってか「あいつもやってる」というように逮捕後に警察にチクるようなこともそれからは少なくなり、芸能界の横の繋がりもどんどん強固なものになってきてはいますが、最近で言えば2019年最新の「ピエール瀧」「田口淳之介」「沢尻エリカ」の逮捕などはやはり特に衝撃的なものだったでしょう。

 

なぜ、ここまでに芸能人・芸能界と薬物の関係性は濃く、そして根強いものなのか。

一般人としては、もちろん定期的に一般人の薬物療法疑惑や薬物逮捕のニュースは流れますが、それに手を出すような機会も資金もない場合が多いために芸能人とは感覚が大きく異なっているでしょう。

 

そんな逮捕秒読みと言われる芸能人や芸能界と違法薬物の関係性や原因について、とある芸能プロダクションの幹部は次のようにコメントしています。

ハッキリ言えば、何よりも芸能界が”甘い”からです。

一般常識でいえば、違法薬物なんて手を出したらその人の社会的な生命は一瞬で絶たれるでしょう。元の職場に復帰することはまずできません。

ですが、芸能界では名前と顔さえ売れていれば、それが難しいことではないんです。たとえば、何度も薬物事件で逮捕された俳優の清水健太郎(66)もそうでしょう。彼は事件を起こした後でも『Vシネマの帝王』として人気を博しました。

クスリで捕まっても、結局はカムバックできてしまう。芸能界は、そんな世間の常識とはかけ離れたイビツな世界なんです。

出典:「芸能界と薬物汚染」ピエール瀧の次に逮捕されるのは誰だ

まさにこの通りで、だいぶ過去まで逮捕経験のある芸能人を遡ってみると、例えば槇原敬之さんや長渕剛さんなどのように今でも変わらず活動している方がちらほらといます。

 

若い人にとっては「え、この人逮捕されてたの?」と衝撃を受けるようなことも多いと思いますが、そうして清水健太郎さんのように事件を起こした後でもカムバックしてしまうことが可能なのが芸能界に薬物が根強くはびこる1つの側面としてあるでしょう。

「復帰できるからやっていい」そんな考えは決してあってはならないことではありますが、そういった「甘さ」が1つの原因となってここまでの逮捕者や逮捕秒読みと言われる芸能人を出してしまっているのかもしれません。


ソースとなる各週刊誌の芸能人逮捕秒読み&薬物療法疑惑の信憑性

さて、もう既に呆れを感じずにはいられない芸能界と薬物の根強い関係性なのですが、そんな芸能人の良からぬ情報を逮捕前にあらかじめ入手し、逮捕秒読み情報などを噂として世間に公言していくのが「週刊誌」というメディア。

特に芸能系の週刊誌はタレントやアーティストやアイドルなどのスキャンダル・恋愛関係・逮捕の噂・金銭トラブルなどなど、毎週のように世間に衝撃を走らせる情報が連なっています。

 

そして時に、そんな週刊誌の情報が「当たる」つまり逮捕間近・逮捕秒読みなどと噂をしていた芸能人が実際に逮捕されるなんてことも実際には多く、以下の週刊誌はその中でも代表的なものでしょう。

  • 覚醒ナックルズ
  • フライデー
  • 週刊大衆
  • フラッシュ

今回の記事では逮捕間近・逮捕秒読みと言われている芸能人にフォーカスしていきますが、そのソースとなる情報はほぼ全て週刊誌から取り入れているものであるため、ここで1つそのソースの「信憑性」をチェックしていきたいと思います。

 

逮捕などの大事につながる可能性が高い情報であるため「ただの噂だった」では済まされないですし、逮捕秒読み情報の真偽を検証していく上でも過去のデータは必要不可欠。

特に上記の中でも「覚醒ナックルズ」は衝撃的な情報が多く、かつ逮捕秒読みを当てた「当たり記事」も多いため、今回は覚醒ナックルズのこれまでのスクープにフォーカスしていきましょう。

ナックルズ芸能人「山口達也」の逮捕秒読み&薬物療法疑惑を当てる

人 気 情 報 番 組『ZIP!』出 演 者 に 未 成 年 ア イ ド ル 喰 い 疑 惑

事務所は戦々恐々「ぶっちゃけ、ウチのコが”ご指名”されるんじゃないかって、ヒヤヒヤもんですよ。万が一明るみになればこちらも巻き添えを食うのは間違いないですから」

中堅アイドル事務所の関係者が、神妙な面持ちで語るのは、日本人なら多くの人が知っているであろう、朝の人気情報番組『ZIP!』に出演するメンバーZの事である。飄々としたキャラクターで仕事をこなすが、この”知られざる顔”に関係者は戦々恐々としているようだ。

中略

「Zさんがトラブルを起こした直後ぐらいに、何の前触れもなく、レギュラーだった当時17歳のJKアイドルが、発表もなく降板したんですよ。その時は、スケジュールの都合かな、くらいに考えていたのですが、後々、別の出演者の所属事務所関係者に、”真相”を聞いたところ、身震いするほどの衝撃を受けました」

このJKアイドル、仮にA子とするが、彼女はZに気に入られたのか楽屋で連絡先を交換し、プライベートでも交流を持つようになっていったのだという。

「といっても、あまりの年齢差から、誰も深い仲などとは思わず、単なる『仲良し親子』くらいの認識でした。しかし、実際は違った。A子はZのマンションに何度も通っていて、当然、男女の関係になっていたというんです」(同)

 

そしてこの行動が、Zのパートナーとの関係にも支障をもたらした。

「Zは自宅の他に、仕事のために”衣装部屋”と称するマンションを都心に借りていて、A子との密会場所はそこだった。そしてZのパートナーは、きっと以前からZの浮気を疑っていたのでしょう。

警備会社を使って、常設されている防犯ビデオを確認したというんです。自分のパートナーが、年端もいかないアイドルと2人きりで、”衣装部屋”に入っていった……後は想像通りの展開です」(同)

Zの”トラブルの真相”だけでも驚きだが、話はこれで終わらない。なんとZは、現在でも共演者、しかもJKを狙って「深い仲」になり続けているのだという。

「番組サイドにバレて、A子はすぐさまクビになりましたが、Zはそれ以降も”エモノ”を狙い続けていたんです。

現在の準レギュラーにも、1人のJKアイドルがZの毒牙にかけられているし、ゲスト出演した未成年アーティストにも、Zは連絡先の交換を持ちかけていた。彼の性欲を押さえつけておかないと、いずれ今回のようなトラブルでは済まない、大事件に発展しかねませんよ」(同)

未成年相手の”性欲モンスター”と化してしまったZ。果たして事態が明るみになる日は来るのか。

出典:実話ナックルズ 2018年4月号

元TOKIOのメンバーである山口達也さんの逮捕秒読み情報の一件を当てたとも言えるこちらの記事は、当時から大きく話題を呼びました。

ほぼ予言と言ってもいいような、それほどまでに事実とほぼ同じで確定的な情報です。何よりこうして改めて見てみても許しがたい事件であることには変わりありません。

ナックルズ芸能人「新井浩文」の逮捕秒読み&薬物療法疑惑を当てる

数々の人気作品に出演する中堅俳優Zの危ない話が入ってきた。

「絶対に許せません。あの人は力任せに私を乱暴したんです」こう語るのは被害者女性Kさん(仮名)。

本誌の取材で明らかになったところによると、ZはこのKさんを非道な手段で追い込み、逃げれない状態で襲ったというのだ。

このZに関しては人気作品『アウトレイジ』にも出演する演技派俳優。もしこの事件が明るみに出ると、芸能人として致命的なダメージを受けることは間違いない。

出典:覚醒ナックルズ

また、新井浩文さんの逮捕秒読み情報を流しており、そして見事に「当たり」と言える結果となりました。被害者女性への取材ということでもはや確定的な情報ですね。

何れにしても、こちらの事件も許しがたい一件です。

ナックルズ「滝沢秀明」の引退表明を当てる

タッキーこと滝沢秀明(36)について衝撃の情報が入ってきた。タッキーといえば8月中旬、週刊文春で「ジャニーズ事務所のジャニ―喜多川社長(86)から後継者指名を受けた」という報道があったばかり。ジャニーズ事務所に近い芸能関係者が打ち明ける。

「なんと芸能活動を引退することが決まったのです。ジャニーズ事務所から正式な許可を受けたスポーツ紙が近く一斉に報じる予定です」

一体、どういうことであろうか。

「結局、週刊文春のスクープ通りだったというわけです。実際、滝沢はジャニ―社長から正式に『ユー、社長やっちゃいなよ!』と頼まれたというのです。その社長就任発表の前段階として、最初に引退発表をして注目を集めるということなのかもしれません」(同前)

ここで気になるのは、既にさまざまな媒体で報じられている通り、次期社長が既定路線と言われていた現在の実質のトップである藤島ジュリー景子氏(52)の立ち位置だ。

「これは最期を覚悟したジャニ―さんの逆襲ですよ。『現ジュリー体制に対するクーデターではないか』とも言われていますね。SMAP解散以降、ここ最近もTOKIO山口やNEWSの件など不祥事連発で、以前からジュリーさんの“舵取り能力”に常々疑問を持っており、関係性も良くなかったジャニ―さんが、最後の最後で強権発動をしたということ。『ジュリーの好きにはさせないよ』というジャニ―さんの明確な意思が感じられます。

順風満帆な芸能活動を投げうってまで裏方に徹しようとするタッキーに早くも称賛の声があがっています」(同前)

だが、このままジュリー副社長が〝滝沢政権〟を受け入れるとは考えづらい。彼女を支持するタレントたち、そして近藤真彦や東山紀之らジャニーズの屋台骨を支えるベテラン勢は、この事態をどう受け止めるのか――。

滝沢の芸能界引退は、まさに波乱含みなのだ。 

出典:覚醒ナックルズ

こちらは逮捕秒読み疑惑の記事ではありませんが、滝沢秀明さんの引退表明をあらかじめ記事にしていたことで話題を呼びました。

この他にも例えば宇垣美里アナのフリー転向だったりと、いくつかの「当たり記事」をナックルズはこれまでに出してきました。

 

ただ、あくまで噂程度の情報もそれと同時に存在しており、実際にGACKTさんが逮捕されるのではないかという記事も出していたのですが、これはハズレという結果になっています。

そのため、もちろん時には外れてしまうこともあるのは確かではありますが、それでも実際に事件や逮捕秒読みからの逮捕を言い当てた内容の記事もあるため、ソースとしての信憑性は100%ではないもものの比較的高いものと考えて良いのではないでしょうか。


薬物性行為で逮捕秒読み&薬物療法疑惑の芸能人の主な特徴

また、そうしてナックルズやフライデーなどの週刊誌が予想を繰り広げていく中で、ネットユーザーや一般人の間でも「どの芸能人が逮捕秒読み・間近か」という疑惑を予想する声は多くあがっています。

その主な根拠となっている特徴を個人的にチェックしてまとめてみたので、考察や予想の参考程度にチェックしていただければと思います。

 

ただし、あくまで薬物を使用しているとされる人の「主な特徴」であるため、特段「〇〇しているから絶対逮捕秒読み・逮捕される」というようなことではありません。全員が当てはまるというわけではないのでご注意ください。

  • 日焼けで真っ黒:日焼けは目のクマや身体の痣を隠すため
  • 歯が真っ白:歯がボロボロになるのを防ぐ差し歯やインプラントによるもの
  • 常にサングラス:瞳孔が開いた目を見られないようにするため
  • テンションの差が激しい:薬によりテンションを上げているため
  • 目がキラキラしている:瞳孔が開いているため
  • ハイトーンボイスなどおかしな声:脳のリミッターが外れるため
  • 水を大量に飲む:明らかに水分が不足するため
  • 髪がパサついている:薬物が蓄積するため

主にこういったところでしょう。思い返してみるとこれまでに薬物性行為で逮捕秒読みから逮捕されてきた芸能人も上記の特徴にいくつか当てはまるということもありますし、実際に上記の項目に当てはまる人は少なからず正常ではないことが身体に起きています。

薬物性行為で逮捕秒読み&薬物療法疑惑の芸能人のイニシャルや名前を総まとめ

それでは、こういった逮捕疑惑のある芸能人の特徴や週刊誌のソースの信憑性などを踏まえた上で、薬物性行為で逮捕秒読み&薬物療法疑惑の芸能人のイニシャルや名前を総まとめしていきたいと思います。

あくまで真偽を確かめるものであるため断定的な物言いはできませんが、ネット上で確定的な噂が流れてしまうようなことを防ぐという意味でも、薬物性行為で逮捕秒読みの噂を1つずつ丁寧にチェックしていきましょう。


「キミスイ」出演の若手イケメン俳優X:北村匠海

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

北村匠海インフォ Takumi Kitamura Infoさん(@takumikitamura.id)がシェアした投稿

コカイン逮捕のピエール瀧に続きKAT-TUN元メンバー田口淳之介と女優・小嶺麗奈がマリファナ逮捕。これほど逮捕者が相次いでいるにもかかわらず、芸能界のドラッグ汚染はなお進行中である。

瀧や田口の逮捕を見るに、当局の捜査にもはや聖域はないと言っていい。今後、どんな大物が逮捕されても不思議ではない。

今回本誌取材班が掴んだのは、映画『君の膵臓をたべたい』でも知られる若手俳優Xに囁かれる薬物疑惑である。ここ数年でブレイクしたイケメンで、今後の出演予定も話題作が目白押しの注目株だ。

情報提供者いわく、「都内の売人ネットワークで数年前から名前が出ている。クラブ界隈に出没し、大量に買っていくが、マナーも悪く、評判は最悪。ブレイク後も変わらずハマっているから、いつか関係者も巻き込む騒動に発展するのではと危惧している」

Xが逮捕される事態になれば、その影響は瀧や田口の比ではないだろう。

出典:覚醒ナックルズ

覚醒ナックルズが報じた映画「キミスイ(君の膵臓をたべたい)」出演の若手イケメン俳優Xの逮捕秒読み情報について。これは様々な憶測が飛び交っていますが、ナックルズが差している人物は俳優の北村匠海さんであると多く言われています。

実際に映画「キミスイ」に出演していた俳優を調べてみると、以下の俳優陣が映画には出演していました。

  • 北村匠海
  • 小栗旬
  • 矢本悠馬
  • 桜田通
  • 森下大地
  • 上地雄輔
  • 中田圭祐

この中でここ数年にブレイクした若手イケメン俳優で、今後の出演作も話題作が目白押しといえば、やはり北村匠海さんしかいないものだと思われます。

ちなみに覚醒ナックルズの該当記事では逮捕秒読みとされる人物の顔にモザイクをかけた写真までもがアップされていましたが、それは連続ドラマ「グッドワイフ」の舞台挨拶の際に撮影された北村匠海さんの写真であることも確定していることから、ナックルズが指摘しているのは北村匠海さんであることは間違いないでしょう。

 

また、北村匠海さんはDJとして活動する「DJリカックス」との熱愛が以前報じられており、電気グルーヴのピエール瀧もDJ周りでの薬物の蔓延が噂されていましたが(実際は通訳業の通訳業の田坂眞樹被告が仲介人だった)、クラブなどで彼女と共に手を染めてしまっているのではないかとも言われています。

北村匠海さんが所属する事務所であるスターダストは基本的にプライベートに干渉しないことでも知られていますが、こういった逮捕秒読み情報の記事が出たのであればその真偽を確かめることは避けられないはず…。

清原と交友のあった人気アーティスト:長渕剛

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

長渕剛さん(@tsuyoshi_nagabuchi)がシェアした投稿

覚せい剤で逮捕された清原和博と“絶縁した”と報じられた長渕剛だが、10日発売の「週刊新潮」(新潮社)が「清原とともに覚せい剤を使用していた」と実名報道したことで、さらなる衝撃が走った。同誌は清原復帰に協力したという関係者の証言として「帝国ホテルのスイートルームに2人で篭って、シャブをキメていた」など、覚せい剤使用を断定的に報道。長渕の所属事務所は「事実無根」としているが、実は長渕には、この報道が出る直前まで、巨額の金銭トラブルも発生していたという。

長渕の覚せい剤報道に、ネット上では「『新潮』を訴えて!」「アニキを信じます」とファンの悲鳴が飛び交っている。「新潮」によれば、長渕はその後、清原に薬物疑惑が浮上した途端に「もう、俺とはかかわらないでくれ」と手のひらを返し、清原も「あの野郎、絶対に許せねえ」と周囲にこぼしていたというが……。

「実は『新潮』発売の直前まで、長渕は昨年8月に富士山麓で開催した単独オールナイトライブで発生した数億円の赤字をかぶるかどうかで、揉めに揉めていました。このライブは、動員10万人の超大規模公演で、長渕はライブの宣伝のために各メディアをはしごして、雑誌や新聞のインタビュー、また『ごきげんよう』(フジテレビ系)にまで出演し、大きな話題を呼んでいたものです。しかし実際には、動員の“水増し”疑惑がささやかれ、チケットの実売数も7万枚程度だったといわれています」(コンサート制作会社関係者)

各メディアは、横並びで10万人ライブを“伝説”と絶賛したが、その裏では莫大な“赤字”が発生していたようだ。

「結果的に、このライブで主催者がこさえた赤字額は、10億円に近いものでした。しかしもともと長渕は、今後も単独公演を定期的に行い、グッズの製作やチケット販売など全て同一の製作会社に委託する、という取り決めを交わしていたことから、赤字は全額、製作側がかぶるという話になっていたんです。ところが、満足いく集客がかなわなかったことにへそを曲げたのか、長渕は『もうライブはやらない』と言い出した。それでは話が違うと、製作側は赤字分の支払いを長渕側へ求めることとなりました」(同)

この請求も突っぱね続けていたという長渕だったが、「先週になって突然、赤字の一部を支払った上に『やはりライブもやりたい』と言い出し、これで、製作サイドとは完全和解となりました。『新潮』報道と同時期だったことから、これ以上トラブルを抱えたくないという考えだったのかもしれません」(同)という。

長渕の所属事務所は、「新潮」について法的措置も検討していると一部メディアに回答しているが、金銭トラブル同様、薬物疑惑に関しても無事解消してくれることを祈りたい。

出典:サイゾーウーマン

清原和博さんとも交友があったことで知られる長渕剛さん、それこそ清原の入場テーマ曲である「とんぼ」もファンとしてはおなじみの一曲でしょう。

しかしそんな長渕剛さんですが、上記のように週刊新潮に「名指し」で逮捕秒読み疑惑を記事にされてしまっています。基本的にはイニシャル表記で名前は明記しないことの多い週刊誌ですが、名指しともなれば事の大きさは比べものにならないものでしょう。

特に長渕剛さんは過去にも一度薬物で逮捕されてしまったということもあり、それからは常に良くない噂がつきまとっているものでした。しかも巨額の金銭トラブルまであるようで四面楚歌状態でしょう。

 

ただ、上記にもあるように長渕剛さんの所属事務所は「事実無根」であると言っている以上は、薬物性行為による逮捕秒読み疑惑についてもファンとしては信じたくないところ

もし仮にこの逮捕秒読み情報の記事が誤っていたとしたら実名での名指しは流石にひどいものです。事務所は法的措置も検討しているということですので、早く疑惑を払拭してファンとしても安心して活動を応援していきたいものです。

紅白出場とレコ大受賞の歌姫M:浜崎あゆみ・中島美嘉・未唯mie(ピンクレディー)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ayumi hamasakiさん(@a.you)がシェアした投稿

また、NHK『紅白歌合戦』に出場経験もあり、日本レコード大賞も受賞した歌手のMも薬物絡みの話が付いて回っている。

出典:Yahoo!ニュース

「現在、警視庁がターゲットにしている芸能人は、紅白の常連だった女性歌手。代表曲はカラオケランキングの上位で、女性を中心に幅広い層から支持されているとのこと。そして東スポが取材した関係者によれば、その人物はここ数年、外見や雰囲気が変わり、支離滅裂なことを言い出すようになったそう。また、私生活では一緒にいた男性と別れ、その原因も相手男性が彼女に異変を感じたからだと言われているようです。そのため、すでに情報を聞きつけた一部メディアは、来るべき日に備えて彼女の自宅周辺で隠れて撮影をしているのだとか」(芸能記者)

この報道後、ネット上で特に疑われているのが、最近もインスタグラムで変顔などを披露し、一部で精神状態が不安視されているアラフォー歌手である。しかし彼女以外にも、疑いの目が向けられている紅白歌手がいるという。

「今回のヒントで注目されているのが、“私生活では男性と破局した”という点。ある大物女性歌手は昨年、長らく交際していた男性と破局したことが大きく報道されました。またその後、一部週刊誌にて、音楽バーでノリノリで踊る姿が写真付きで掲載。その時、現場に居合わせた人によると、彼女は周囲が驚くほどのハイテンションだったと証言しており、ファンからは『まさか薬やってないよね?』と心配する声が当時飛び交っていたんです。とはいえ今回の東スポは、『歌姫にこれまで薬物の噂はない』と記載していますから、全く別の意外な女性歌手がマークされている可能性もあるでしょう」(前出・芸能記者)

もしも紅白歌手が逮捕となれば、ピエール瀧以上の衝撃が世間に走ることとなりそうだ。

出典:アサ芸プラス

「紅白出場歌手」という共通点のある歌姫がいくつかの週刊誌で薬物性行為で逮捕秒読み疑惑があると報じられていますが、その候補は主に以下の3人ではないかと言われています。

  • 浜崎あゆみ
  • 中島美嘉
  • 未唯mie(ピンクレディー)

 

まず一番可能性が高いと考えているのが浜崎あゆみさんで、以下のように上記の記事内容とリンクする部分があるのです。

  • アラフォー歌手
  • 紅白出場経験あり
  • レコード大賞受賞経験あり
  • ここ数年で外見や容姿が変わった
  • インスタグラムで変顔を披露していた
  • 交際の噂があった長瀬智也と別れたと一部で報じられる
  • 歌姫「M」は浜崎あゆみを象徴する英文字でもある

ちなみに変顔を披露し話題を呼んだとされる、浜崎あゆみさんのインスタグラムの投稿がこちら。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ayumi hamasakiさん(@a.you)がシェアした投稿

確かにちょっと心配になる部分もあるかもしれません、何れにしても記事の内容とリンクする部分が多い浜崎あゆみさんでした。

 

また、中島美嘉さんも次のように該当する部分がいくつかあります。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

中島美嘉さん(@mikanakashima_official)がシェアした投稿

  • アラフォー歌手
  • 紅白出場経験あり
  • レコード大賞で最優秀新人賞を受賞
  • ここ数年で外見や容姿が変わった
  • バレー選手の清水邦広と2018年に離婚している
  • 離婚後に音楽バーでノリノリで踊る姿が目撃される
  • 歌姫Mは中島美嘉(M.N.)の可能性がある

上記逮捕秒読み情報の記事の前半部分は浜崎あゆみさんのことを指しており、後半部分では中島美嘉さんについて言及しているものだと思われます。

 

一方のピンクレディー・未唯mieさんも同様に、以下のようにいくつかの項目が当てはまりました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

mieさん(@mie_doux)がシェアした投稿

  • 紅白出場経験あり
  • レコード大賞受賞経験あり
  • ここ数年で外見や容姿が変わった
  • 佃淳三と2004年に離婚している
  • 歌姫Mは未唯mieの「M」の可能性がある

上記の浜崎あゆみさんと中島美嘉さんほどは該当する部分が多いわけではありませんが、紅白出場経験とレコ大受賞経験を踏まえると、ピンクでディーの未唯mieさんも逮捕秒読み情報の記事で指摘されている人物に当てはまるものだと思います。

 

何よりそもそも過去のレコード大賞受賞者を調査してみたところ、「歌姫M」に当てはまると思われるのはそもそも都はるみ」「未唯mie(ピンクレディー)」「増田 惠子(ピンクレディー)」の3人だけだったのです。

都はるみさんは流石にないとは思いますし該当する部分も少ないので、特に未唯mieさんの噂が立っているという状況でしょう。

 

ただ、東スポの逮捕秒読み情報の記事によれば「歌姫にこれまで薬物の噂はない」ということも明かされているため、上記の3人に何かしらの異変はありながらも薬物性行為で逮捕秒読み・間近という疑惑はないものだと考えて良いと思います。


都市伝説級に依存が噂される大物俳優:西田敏行

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【公式】ドクターX ~外科医・大門未知子~さん(@doctorx_official)がシェアした投稿

主にインターネット上で都市伝説のように覚醒剤中毒疑惑が囁かれていた大物俳優・西田敏行が疑惑を完全否定した。これまでシャブ中だと噂された芸能人は多いが、スルーするのが普通で、わざわざ自ら口を開いて否定するのは異例中の異例だろう。なぜそうせざるをえなかったのか? 報道陣が逮捕を見越して水面下で動くなど西田もさすがに看過できない状態になっていたからだ。

10月5日に行われたテレビ朝日の人気ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」制作発表会見でのことだ。米倉涼子演じる大門未知子と対立する院長役の西田は「ネットでシャブ(覚醒剤)隠しのために入院したと 書かれた。この場で言わせていただきます。私はシャブ中じゃありません」と誰に聞かれたわけでもないのに開口一番、疑惑を否定した。

西田は今年、頚椎の亜脱臼や胆嚢炎などで入院、手術を受けた。68歳という体にガタが来てもおかしくない年齢にもかかわらず、入院=シャブ抜きという噂がネット上を駆け巡っていた。

「そもそもの発端は、週刊紙が大物俳優のシャブ中疑惑を報じたこと。記事では匿名だったが、ネット上では経歴などからすぐに西田と断定。それからあらゆるところで西田はシャブ中だとまるで事実のように書き込まれた」と芸能プロ関係者。

ネット上で大騒ぎになったのは夏前で、西田サイドもこの状況を知っていたが、無視していた。だが時間が経って解決するどころか、 状況はますます悪化の一途をたどっていた。

「テレビ局も西田逮捕のXデーを見越して、動いていたという話です。いつその日が来てもいいように、張り込んで西田の姿をこっそり撮っていたというのです。テレビ局は決してネットの噂だけでは動かないので、一時マスコミ業界は騒然となった」とメディア関係者。

テレビ局や一般紙の大手マスコミは日常的に捜査当局に取材しており、そこがわざわざ動くということは、多くのメディアが間違いなく「いよいよ逮捕が近い!」と受け取るだろう。元プロ野球選手・清原和博が2月に覚醒剤で逮捕される数カ月前にも、多くのメディアが自宅マンション前に張り込み、清原の姿を撮って逮捕の日に備えていた。水面下でこのようなことが起きていたため、さすがの西田も自分の口でシャブ中疑惑を否定して、潔白を訴えるという行動に出たのだろう。

果たして本当に逮捕の日は近いのか?薬物捜査に詳しい関係者は「少なくとも近いうちに逮捕ということはない」と断言する。来年デビュー50周年を迎える大御所俳優・西田に突如として降って沸いたシャブ中毒疑惑――ただの都市伝説と無視できない状況となったため、本人自ら否定に及ばざるをえなかった。西田にとっては、何とも迷惑千万な話だ。

出典:エキサイトニュース

ベテラン俳優としておなじみの西田敏行さんにも、上記記事にあるようにもはや「都市伝説」級に逮捕秒読みの疑惑が噂されてきました。

そもそもの発端は週刊誌での報道とのことですが、そこから噂はどんどんと大きくなり最終的にはテレビ局ですらも張り込みをしているほど。

「テレビ局は決してネットの噂だけでは動かない」ということから、それだけ裏が取れている逮捕秒読み情報の可能性も噂されました。

 

ただ、当の本人である西田敏行さんは上記にあるように「違います」と完全否定しており、事態は収束の一途をたどっています。

何より、誰にも聞かれず答えたためにもちろんそれは「わざわざ否定した」というように取られることもあるかもしれませんが、直近で薬物性行為の逮捕秒読みから逮捕されるという可能性は低いとも言われていることから、基本的に西田敏行さんは潔白であると考えて良いでしょう。

何れにしてもネットの噂や週刊誌の逮捕秒読み情報の広まりというのは怖いものですね、完全否定した以上は今後も身体に気をつけて今のまま活動していってもらえたら幸いです。

素行の悪さが知られる超売れっ子俳優:田中圭

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

田中圭 ファン垢さん(@kei___0710)がシェアした投稿

「『フライデー』の取材によると、捜査対象として名前が挙がっている芸能人は、まず『NHK紅白歌合戦』に出場経験があり、日本レコード大賞も受賞したM。 そしてミュージシャンでは、もう1人、バラエティ番組にも出演し、独特なキャラが人気を博しているOも相当なジャンキーだそう。 さらに、テレビや映画に引っ張りだこの超売れっ子俳優Tも逮捕候補者になっているようです」(芸能記者) 

Tは一般的に爽やかなルックスが売りであるものの、下積み時代から素性が悪いことで知られており、クスリを覚えたのもその頃だという。もしも逮捕となれば、その影響はピエール瀧以上のものとなるようだ。 

「イニシャルにTが付く俳優は何人もいますが、今回の報道後、特に疑われているのが、昨年放送された連続ドラマへの出演で大ブレイクしたイケメン俳優のTです。 彼はギャンブルの借金で首が回らなくなり、事務所に肩代わりしてもらった過去なども報じられており、素性の悪い噂が度々飛び交っている。

そんなTはバラエティでも活躍し、春からは長期間放送される話題ドラマにも出演しますから、もし不祥事が発覚すれば、業界は大パニックになることでしょう」(前出・芸能記者) 

Tの正体は不明だが、どうか警察が踏み込む前に、ドラッグから離れてくれることを祈るばかりだ。

出典:デイリーニュースオンライン

こちらの記事で指摘されている素行の悪さが知られる逮捕秒読みの超売れっ子俳優Tは、田中圭さんであると言われています。

田中圭さんといえばまさに今をときめく人気俳優さんで、2018年のドラマ「おっさんずラブ」での主演や「ぐるナイ」への出演などが話題を呼んでいますが、上記のどの条件にも当てはまる人物でもあります。「T」というのも一応田中圭さんのイニシャルでもありますね。

 

そんな超売れっ子俳優である田中圭さんが逮捕秒読みともなれば衝撃の事実なのですが、実際に「素行の悪さ」についても次のように以前週刊誌で言及されていたのでした。

田中には27歳の時に結婚した妻がいますが、インタビューによると、周囲の人間は皆、口を揃えて『よく圭の嫁なんてできるよね。彼女は偉い』と言うそうです。

これに田中は、『俺って、そんな欠陥人間なの?』と驚いたそうですが、いつも友人たちとは先の約束ができず、その日にならなければ行きたいかどうかわからない性格であるため『自己中だって、よく指摘されます』と、まともな人間ではないことを認めています」(芸能記者)

田中は今年、デビュー19年目にしてドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)で大ブレイク。その後は、映画やドラマなどのオファーが続々と届いているようだ。

しかし8月17日発売の「フライデー」によると、ブレイク前の田中は、所属事務所の手をかなり焼かせていたという。

「それによると、田中はギャンブル好きとして知られていますが、26歳の頃、競馬が負け込んで首が回らなくなったことがあるそうです。しかし彼は当時、まだブレイク前ですから収入も少ない。

そのため、芸能界を辞めて安定した仕事に就くことを事務所に報告したところ、スタッフから『お前には才能があるんだから、気持ちを入れ替えて本気で働け!』と叱咤され、さらに借金も肩代わりしてくれたそうです。これらの恩があり、田中は事務所が持ってきた仕事をほとんど断ることができないのだとか」(前出・芸能記者)

遅咲きのブレイクとなった田中。当時、彼の才能を見抜いた事務所の人間は凄いというほかない。

出典:エキサイトニュース

シンプルに事務所と田中圭さんの関係性を示す素敵なエピソードでもあるのですが、ギャンブル好きで知られていることや借金を抱えていたことなどから、田中圭さんの過去の素行の悪さが伺えます。

 

このことから逮捕秒読みであると断定するのは難しい話ではありますが、フライデーが指摘する超売れっ子俳優Tが田中圭さんであることは多く噂立てられているので、その疑惑について本人が言及する日もそう遠くないのかもしれません。

何れにしても今をときめく俳優さんですので、仮に薬物性行為で逮捕秒読みなんてことになればテレビ業界や世間はただ事ではないでしょう。ファンとしては何もなくこのまま無事に俳優活動を続けていってほしいと願うばかりです。


ドタキャン経験もある正統派女優M:真木よう子

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

真木よう子さん(@yokomaki_official)がシェアした投稿

そこで、2019年に向けて逮捕の予兆がある、もしくは犯罪を既に犯している可能性のある芸能人の名前を関係者から聞き出した。

「ひとりは女優のMです。情緒不安定な側面が最近急に突出しており、仕事のドタキャンなども目立っていました。今は開店休業状態ですが、このような状況から違法な薬物に手を出す芸能人は多いんです。」(ドラマ制作プロデューサー)

正統派美人女優でもあり、ファンも多いはずだ。仮に違法な薬物となれば悲しむ人は多いだろうが、心配なのは違法薬物だけではないという。

「インパルスの堤下さんが医師に処方された薬を飲みながら自動車を運転して謹慎になりましたが、精神安定剤や睡眠導入剤を処方してもらい、それを乱用する可能性もあります。そうなると事故を起こす可能性もあります。人身事故など起こせば芸能界追放も有り得るため、その点も心配ですね。」(同)

画面上には笑顔で出ている芸能人も実はアルコール依存や薬物依存というケースが珍しくないらしく、情緒不安定を通り越して精神的に追い詰められれば警察沙汰の事件や事故を起こす可能性があるという。どうか、そうならないことを祈るばかりだ。

出典:TOCANA

ドタキャン経験もある正統派女優Mについても上記のように逮捕秒読み情報が報じられているのですが、これは真木よう子さんであるという声が多いようです。

真木よう子さんは精神不安定といいますかあまり良くない素行がこれまでに目立っており、実際に以下のような出来事がこれまでにもありました。

  • クラウドファンディングを利用したコミケ出店による炎上
  • 主演ドラマの撮影をドタキャン
  • 体調不良による映画の辞退
  • 所属事務所からの独立
  • SNSアカウントの削除

 

ただ、こういったように様々な出来事が真木よう子さんに関して起こりましたが、「閉店休業状態」とはあまり言えないのも事実です。実際に2019年現在もドラマに出演している様子が伺えますし、まだまだ真木よう子さんは健在といったところ。

しかしそれでも精神が安定しない部分も多少伺えるのは事実なので、仮に薬物性行為で逮捕秒読みとは言わないまでも上記にある堤下さんのような一件が起きないことを願うばかりです。

俳優で監督や歌も歌っているK:窪塚洋介

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

YOSUKE KUBOZUKAさん(@yosuke_kubozuka)がシェアした投稿

よく名前が挙がっているのは、俳優で監督や歌も歌っている『K』。日本アカデミーで最優秀主演男優賞に輝いたこともある一方、奇行でも知られている。

出典:日刊ゲンダイデジタル

日刊ゲンダイデジタルでピエール瀧さんの次に逮捕秒読み情報が噂される候補としてあげられた、俳優で監督や歌も歌っている「K」。それは窪塚洋介さんであるという声が多いようでした。

窪塚洋介さんは2001年の日本アカデミー賞で「新人俳優賞」「最優秀主演男優賞」を最年少で受賞しているのですが、実際に歴代の日本アカデミー最優秀主演男優賞の面々を見てみると次のようなところ。

  • 第41回:菅田将暉
  • 第40回:佐藤浩市
  • 第39回:二宮和也
  • 第38回:岡田准一
  • 第37回:松田龍平
  • 第36回:阿部寛
  • 第35回:原田芳雄
  • 第34回:妻夫木聡
  • 第33回:渡辺謙
  • 第32回:本木雅弘
  • 第31回:吉岡秀隆
  • 第30回:渡辺謙
  • 第29回:吉岡秀隆
  • 第28回:寺尾聰
  • 第27回:中井貴一
  • 第26回:真田広之
  • 第25回:窪塚洋介
  • 第24回:寺尾聰
  • 第23回:高倉健
  • 第22回:柄本明
  • 第21回:役所広司
  • 第20回:役所広司

この中で俳優としての活動だけでなく歌や監督もやっている人というとかなり数が絞られ、さらにイニシャル「K」が仮に該当するとしたら窪塚洋介さん以外は当てはまらないのです。

窪塚洋介さんは「空水」名義でMVなどの監督を務めており、「卍LINE」名義でレゲエ歌手としても活動していました。

加えてもう一点の「奇行」でも知られているという点についても、2004年に窪塚洋介さんが自宅から転落した事件があったことは広く知られています。

 

また、実はこのアカデミー受賞俳優の黒い噂については以前より東スポやナックルズで報じられており、「仕事と称して海外へ逃亡した」「過去にガサ入れを受けた」「ろれつが回っていなかったり言動が怪しいことがあった」といった特徴があるとされています。

今回の日刊ゲンダイデジタルにてそのイニシャルが「K」であるということが明かされたのですが、この逮捕秒読み情報の条件に該当するのは大方窪塚洋介さんと見て良いと思います。実際の真相はどうなのか、最近表立った活動を見ないので危惧されるところですが…。


多分野でマルチに活躍する俳優H:リリー・フランキー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

香取慎吾さん(@katorishingo_official)がシェアした投稿

そんな中、関係者たちが口をそろえて「危ない」と名前を上げているのが、多分野でマルチに活躍する性格俳優Hである。

「未確認ながら、実は瀧の逮捕と前後して、Hの運転手が瀧容疑者の逮捕容疑となったのと同じ種類の薬物の使用で逮捕されたとの情報が流れているんです。Hはすぐに運転手をクビにし、みずからに火の粉が降りかからないよう焦っていたとも聞いています」(飲食店関係者)

出典:アサ芸プラス

特異的で重要な役を演じる俳優さんを性格俳優と呼ぶことが多いですが、逮捕秒読み情報のこの多分野でマルチに活躍する性格俳優Hはリリーフランキーさんであると言われています。

というのも、そもそもリリーフランキーさんの運転手だった40代男性のXという人物が2018年に逮捕されているのですが、上記にあるようにXはピエール瀧さんと同じ種類の薬物を使用していたと噂されているのです。

 

さらにXは音楽関係の仕事もしておりピエール瀧さんとは20年来の飲み仲間だったなんてことも言われており、そういったことからピエール瀧さんの逮捕にちなんでリリーフランキーさんも逮捕秒読みが噂されたというもの。

何よりリリーフランキーさんは俳優だけでなくイラストレーターやエッセイストとしても活動しており、まさに多分野で活躍する性格俳優と言っても遜色ないでしょう。

 

ただ、だからと言ってリリーフランキーさんが逮捕秒読み・間近であるかと言われたらそんなことはなく、実際に女性セブンによる取材では次のように薬物性行為の噂を否定していました

──運転手のXさんがクスリで逮捕されていたようですが。

「確かにその当時、Xには運転を頼んだり荷物を運んでもらったりしていました。逮捕されて起訴されたと聞いていますが、それ以来会っていません。あくまで一時的に、お願いしていただけなので。もう仕事をお願いするに値しないですよ」

──リリーさんも警察に事情を聞かれた?

「(捜査員から)電話があって話しました。尿検査なんかは受けていませんよ。捜査員と話した時にいろいろ聞いたんだけど、おれに対しては疑いはなかったようですよ。Xと瀧との関係から、おれのことを怪しむ人もいるのかな…まぁ世の中もそう見ますよね…こういうことがあると

──彼らに言いたいことは?

「瀧とXにはすごく迷惑しています。こうやって取材されることも含めて…信じていたから人間不信になりそうです」

穏やかな口調ながら、困惑した表情でリリーは答えた。前出の知人が言う。

リリーさんは間違いなくシロ。ただ、迷惑というのは彼なりの表現で、リリーさんは瀧さんの逮捕後、かなりショックを受けていました。面倒見がよいリリーさんのことですから、瀧さんやXさんを今後どう助けられるのか、考えていると思いますよ」

出典:女性セブン

逮捕された運転手をクビにしたというのも至極当然のことでしょうし、上記のように言っていることからリリーフランキーさんが直近で薬物性行為による逮捕秒読みから逮捕されるということはないと思います。

ピエール瀧さんの余波が止まらないところで飛び火がかかったというところでしょう、芸能人からしたらたまったものではないはずです。

歌も歌って女性にも支持される人気俳優H:福山雅治

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

福山雅治 Masaharu Fukuyamaさん(@masaharu_fukuyama_official)がシェアした投稿

一方、あの超有名人が夫婦そろって瀧容疑者の逮捕容疑となったものと同じ種類の、植物由来の薬物をキメているというとんでもない情報がもたらされた。なんと情報源は現役の反社会勢力関係者だ。

「有名な話だよ。歌も歌って女に支持されてる俳優のHだ。女優の妻は結婚後、あまり表舞台に立っていないけど、一緒に手を出してるって。同じルート上には、夫婦ともにミュージシャンのT夫妻の名前も挙がってる。パクられたら大騒ぎだろうな」

出典:アサ芸プラス

この歌も歌って女性にも支持されているという逮捕秒読みの人気俳優Hは、福山雅治さんではないかと言われています。

福山雅治さんは本来俳優として活動しており、そこにプラスしてアーティストとして歌も歌っています。女性人気は言うまでもないでしょう。そんな福山雅治さんと結婚した吹石一恵さんについても、結婚後はあまり表立った活動はありません。

 

ただしこの逮捕秒読み情報についてはかなり限定的なものであり、ソースが反社関係者ということも含めて信憑性には大きく欠けるでしょう。

一応福山雅治さんはリリーフランキーさんとの交友があることでも知られていますが、当のリリーフランキーさんもシロであるためそういう関係性ではないことは確か。ファンしても逮捕秒読みなど言語道断で「あり得ない」というのが実際のところです。

国民的グループのボーカルX:ATSUSHI

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

EXILE ATSUSHIさん(@exile_atsushi_official)がシェアした投稿

「なんと、紅白にも出場経験のある国民的グループのボーカル・Xにシャブでの逮捕情報が浮上しているのだとか。逮捕に向け、すでにASKAや清原和博を逮捕した警視庁組対5課の捜査員が芸能界の裏情報を握る実力者に接触してXの動向を探ったといいます。Xのネームバリューからすれば、新井容疑者とは比べものにならない大パニックになりそうです」(芸能記者)

逮捕されれば、その時点で薬物事犯では21世紀最大の大捕物となりそうだ。

出典:デイリーニュースオンライン

この紅白にも出場経験のある国民的グループのボーカルXの逮捕秒読み情報については、EXILEのATSUSHIさんではないかと言われることが多い様子。

そもそも「紅白に出場経験がある」という条件だと幅が広すぎるのですが、「グループ」と言っていることから「バンドではない」こと、そして「ボーカル」と言われていることから「全員が歌っているわけではないこと」が特徴として絞られます。

結果としてジャニーズやAKB系列のグループは必然的に除外され、エレカシやサザンなどのバンドも当てはまらないものだと思われるでしょう。

 

そうすると「国民的人気のあるグループ」で「ボーカルという役割があるもの」と言えば、やはりEXILEや三代目などの名前があがります。

そして「21世紀最大」とも言われていることから、絶大な人気を誇るEXILEのボーカルであるATSUSHIさんが割り出されるというわけです。

 

実際にATSUSHIさんは以前から逮捕秒読みなどの噂がネットでも立てられることがあり、アメリカ留学をする前にはガリガリに痩せこけていたんだとか。つまり身体から不純物を抜くために渡米したという説です。

ATSUSHIさん自身も当時の精神状況について以下のようにコメントしており、少なからず正常ではない様子が伺えます。

2014年にやったソロでのツアー途中でも、自律神経の関係でめまいとかがしていたりとかから始まって、その辺りからバランス崩して。

2015年の『AMAZING WORLD』というツアーで、楽屋で暴れるくらいの具合の悪さになっちゃって、そこら辺にあるパーテーションを蹴り飛ばした思い出がありますけど……(笑)。

自分で言うのも辺ですけど擦り切れるような状況で、逃げたい、消えたい。一回日本から離れたい。今行かないと、どこか何かが壊れるか、自分が音楽のこと嫌いになるか、病気になっちゃうか、何かが起こってたはず

ただしこれは単に体調不良によるものであり、プレッシャーによる過度のストレスがATSUSHIさんの心と身体を蝕んでいったものだと思われます。

もちろんかなりの追い込まれ度合いで「何かが起こっていたはず」とも言っていることから相当危ない状態だったことは伺えますが、それでも何にも手を出していないことをファンとしては信じるのみです。何れにしてもシンプルに健康状態が心配です。


「薬物性行為で逮捕秒読み&薬物療法疑惑の芸能人」まとめ

ということで今回は、薬物性行為で逮捕間近と言われていたり逮捕秒読みの疑惑がある芸能人について、2019年最新の情報を元にチェックしてきました。

週刊誌を中心とした情報を元にその真偽や該当する人物を予想してきて感じたのは、これまでに逮捕されてきた芸能人も含めて芸能界に蔓延る「闇」は想像がつかないほど深いのかもしれません。

 

ただ、今回は客観的にそんな週刊誌の情報をチェックしていきましたが、どれも実名は出さずにイニシャルで指摘していたり、どこか「当たっても当たらなくてもどっちでもいい」ようなスタンスすら感じるものも少なからずありました。

もちろん正しい情報を誠意を持って発信しているメディアがあることも確かなのですが、根も葉もない情報をエンタメ的に流しているメディアがあることも確か。

「コンテンツはメディアの思想そのものを表す」なんて言ったりもしますが、自分も1人のメディア人としてそんな情報の荒波の中で正しい取捨選択・真偽の検証を行なっていきたいと思いました。

 

何より沢山の苦難と闘いながら活動している芸能人の方々のためにも、あまり断定的な噂は流すべきではないでしょう。今回週刊誌からイニシャルで指摘があった方々も、ファンとして陰ながら応援しています。

締めは個人的な所感のようになってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

りんごちゃん 性別
りんごちゃんの性別は男か女かどっちなのか昔の写真や本名で徹底検証|すっぴんやドラマ出演時代の画像など総まとめしてみた。今回はりんごちゃんの性別は男か女かどっちなのか昔の写真や本名で検証したり、すっぴん画像・ドラマ時代の画像などをチェックしたりと、今をとき...
松本穂香
松本穂香の水着姿画像や過激なカップサイズなど総まとめ|スタイルが良いし美脚でかわいいと話題に。今回は女優として幅広く活躍する松本穂香さんについて、水着姿の画像や過激なカップサイズ、スタイルが良い美脚でかわいい画像など総まとめ的にチ...
鈴木光のカップやかわいい双子の姉の大学・名前など画像付きで総まとめ。今回は『東大王』として話題の鈴木光(すすぎひかる)さんについてチェックしていきたいと思います。 鈴木光さんは頭が良いだけでなく、「かわ...
レノアビーズ男子2019CM女優の宇垣美里が可愛すぎる|メンズセレクションを上司・彼女役で可愛くPR。今回はレノアビーズ男子2019のCM女優としてメンズセレクションを上司・彼女役で可愛くPRしている宇垣美里さんをチェックしていきたいと思...
渋野日向子 バストサイズ
渋野日向子のカップ・バストサイズがわかる超かわいい画像特集|スタイルやすっぴんメイクも合わせてチェック。今回は渋野日向子選手の超かわいい画像特集と題して、渋野日向子選手のカップ・バストサイズやスタイルがわかる画像やすっぴんメイクなども合わせ...