Cage

日向坂46「Cage」歌詞全文やMVの意味を解釈&考察|撮影場所は渋谷の街でメンバー4人が「自由」を歌い、踊る。


今回は日向坂46の新曲「Cage」について、歌詞全文やMVの意味を解釈&考察するとともに、撮影場所のロケ地や楽曲に込められたメッセージ性など総まとめ的にチェックしていきたいと思います。

大ヒットを博したデビューシングル「キュン」や番組での様子などからはある意味「妹分」のような可愛らしいイメージのある日向坂46ですが、今回の「Cage」はちょっと違ったシリアスな雰囲気があり、これもまた味のある素敵な楽曲。

ファンによっては欅坂のようなミステリアスな世界観を照らし合わせる人もいるかもしれません、4人のメンバーがそんな楽曲「Cage」にどのような思いを込め歌い上げているのか詳しく見ていきましょう。

日向坂46「Cage」東村芽依×金村美玖×河田陽菜×丹生明里ユニットの新曲MVが解禁

日向坂46 『Cage』

「世界から空が無くなってしまえばいいと思った」

印象的なそんな言葉で始まる日向坂46の新曲「Cage」のMVは、公開から間もなくして多くのファンから反響が上がっています。

 

そのミステリアスな世界観と刺激的なメッセージ性のある歌詞だけでなく、今回の楽曲の特徴といえばやはり「ユニット曲」であることでしょう。

デビューシングル「キュン」のようにメンバー全員で歌い上げるような楽曲とは違い、今回の「Cage」は以下4人のメンバーによるユニット曲としてリリースされました。

  • 東村芽依
  • 金村美玖
  • 河田陽菜
  • 丹生明里

個人的には最近人気が上がってきているように感じるこの4人、「透明感」という言葉が最もらしい非常に魅力的なユニットです。

 

そんな日向坂46の4人が歌い上げるユニット曲「Cage」は、2ndシングル「ドレミソラシド」に収録されています。

日向坂46 『ドレミソラシド』

そのためメディアでの披露などはシングル曲に比べると少ないのかもしれませんが、それでもカップリング曲として申し分のないクオリティと印象的なイメージを植え付けられる楽曲でしょう。

日向坂46「Cage」MVの撮影場所となったロケ地は「渋谷」の街

日向坂46 『Cage』

話題のユニット曲「Cage」は、やはりその印象的なMVが大きく話題を呼んでいます。

MVを担当したのは映像ディレクターとして企業CMやアーティストのMVなど数多くの作品を手掛ける、塩田悠地監督。

独特な世界観が歌詞のメッセージ性をより引き出すものとなっており、日向坂46に新しい風を吹かせるようなものとなっています。

 

そんな「Cage」のMV動画の撮影場所となったロケ地は、「渋谷」の街でした。

鳥かごを使ったシーンではスタジオ内での撮影となっているのですが、外に出て現実空間が描かれているシーンでは渋谷の街で佇む様子や走ってもがく様子が描かれています。

特に後半にはスクランブル交差点の中心で4人のメンバーが出会う場面が描かれており、東京の中心とも言える渋谷のど真ん中でMVもクライマックスを迎えていることが伺えます。

 

トンネルの中や歩道橋の上など、決してキラキラとした場所ではないのかもしれませんが、渋谷という「若者の街」の中で等身大にもがき奮闘する4人のメンバーの姿がとても印象に残る素敵なMVと言えるでしょう。

「着飾っていない」というシンプルさも、この「Cage」という楽曲の重要な部分だと思います。

日向坂46「Cage」歌詞全文やMVの意味を解釈&考察

日向坂46 『Cage』

さて、それではそんな日向坂46の新曲「Cage」について、歌詞全文やMV動画の意味を解釈&考察していきましょう。

まずフルバージョンの歌詞全文がこちら、冒頭のセリフが非常に印象的な歌詞となっています。

「Cage」日向坂46
作詞:秋元康
歌唱:東村芽依 金村美玖 河田陽菜 丹生明里
収録:日向坂46 2ndシングル「ドレミソラシド」TypeB

「世界から空が無くなってしまえばいいと思った」
「そうしたら僕はもうあの空を駆け巡る鳥たちを羨むことはないんだ」
「空を飛んだってしょうがない」
「僕は鳥籠の中でいつもより大きな声で泣いた」

まぶた閉じてしまえば 見えなくなるって
分かってはいるけど勇気が無かった
天井のシミ眺めていると 何かしら意味あるように
思えてしまう1人の真夜中

どうせ醒めるならばどんな素晴らしい幻夢だって
見たくないんだ
現実に戻るのがきっと怖くなるから
それならいっそ寝返りを繰り返して
どうにか諦めたほうがいい
ベッドからもう起きようか

どうして頑張らなきゃいけないんだ

Wow..自由はどこにある?
そうだいつだって目の前にあるんだ
もう何も邪魔するもの無い 好きなことやればいい
自分が勝手に縛られて
古い常識の外へ出ないだけ
存在などしてない 想像のCage

Wow Wow..

もしも鳥籠の窓 開けてしまったら
逃げ出した鳥はどこへと飛んでいく
空の向こうに行きたい場所 叶えたい願いや夢が
あると言うならそれもいいけど

僕が作り上げたただの思い込みを
信じていただけなのかな
ここを出られないなんて被害者意識だった
見えない籠に閉じ込められているほうが
都合が良かったんだろう
カーテンをまた閉めようか

日差しが昨日よりも眩しかった

Wow..世界は広いんだ
きっとまだ知らない何かがあるはず
そう探してみる価値はあるよ ここから飛び出そう
誰にも僕を止められない
強い風が遠くから吹くように
自分を試したくて 壊されたCage

人は皆 そこから動かないけど
誰も何も束縛していないんだ
傷つく可能性 不安だけで諦めている
籠の鳥よ

Wow..どこかに飛びたいよ
だってほら背中に翼があることに
気付いてしまったんだ
ここにいてじっとしていたほうが
安全だって言われたって羽ばたいてみたい

Wow..今すぐ

自由はどこにある?
そうだいつだって目の前にあるんだ
もう何も邪魔するもの無い 好きなことやればいい
自分が勝手に縛られて
古い常識の外へ出ないだけ
存在などしてない 想像のCage 

Wow Wow..

出典:日向坂46 『Cage』

そもそも今回の日向坂46の楽曲「Cage」のタイトルには、「鳥かご」という意味合いが込められています。

それはMV動画を見てもわかるように、メンバーが鳥かごの中でもがき苦しむ様子がダンスと共に描かれています。

 

そして、次のような歌詞にも象徴されるようにこの楽曲における「Cage=鳥かご」は「常識」や「思い込み」を象徴するものとして描かれていました。

僕が作り上げたただの思い込みを
信じていただけなのかな

.

自分が勝手に縛られて
古い常識の外へ出ないだけ
存在などしてない 想像のCage

そしてその常識や思い込みとはどういったものなのかというと、今回は若者に向けた等身大のメッセージが込められている楽曲であるため、「自分の好きなことで生きていくことなんてできない」ということや「自分の本心に沿って生きていくことなんてできない」を意味しているものだと思います。

こういうご時世だからこそ、そんな古い常識と新しい常識の中でもがき苦しむ若者も多く、とても地に足をついた現実的なメッセージ性が込められていると感じました。

 

それこそ、「世界から空がなくなってしまえば」「まぶた閉じてしまえば」「見えない籠に閉じ込められている方が」そうして思い込みや常識の範囲内で生きていれば、傷つくこともないのかもしれません。

ただ、そうして失敗もしない人生というのは同時に「成功もできない人生」ということでもあります。

何より何もしないで現状を維持することの方が、自分を守っていくことの方が苦しいもので、それに比べたら一歩踏み出し新しい世界へと羽ばたくことは将来的に見ても良いですし気が楽なものです。

僕が作り上げたただの思い込みを
信じていただけなのかな
ここを出られないなんて被害者意識だった
見えない籠に閉じ込められているほうが
都合が良かったんだろう
カーテンをまた閉めようか

しかし、そうは言ってもそんなに簡単に新しい一歩というのは踏み出すことはできないものです。言うは易く行うは難し、でしょう。

そんな「自由に生きることができる」という理想論と「そんなことできっこない」という現実論の狭間で苦しむ若者らしい葛藤が、一度は渋谷の街に飛び出してもまだもがき苦しんでいる姿や、それでも自分の思いに素直でありたいという歌詞から滲み出てきています。

カーテンを「また」閉めようかという歌詞は、そんな葛藤の中でもがき苦しむ姿を象徴している言葉でしょう。

 

アイドルというのは基本的にキラキラした存在で、ファンにとってもいわゆる「憧れの存在」として立ち振る舞うことが多いとは思います。

ただ、今回の「Cage」という楽曲はそんなアイドルのキラキラした部分だけではなく、そして耳障りの良い理想論だけを語るのではなく、非常に現実的でリアリティに溢れたメッセージ性が込められているのではないでしょうか。

自由はどこにある?
そうだいつだって目の前にあるんだ
もう何も邪魔するもの無い 好きなことやればいい
自分が勝手に縛られて
古い常識の外へ出ないだけ
存在などしてない 想像のCage 

「好きなことやればいい」その言葉も決して投げやりなものではなく、若者の立場や気持ちを等身大で理解することのできる日向坂46だからこそ、そしてこの4人だからこそ伝えられるメッセージです。

だからこそ多くの若者がこの楽曲に背中を押され、大きな反響を受けているのだと感じました。

まとめ

ということで今回は日向坂46の新曲「Cage」について、歌詞全文やMVの意味を解釈&考察するとともに、撮影場所のロケ地や楽曲に込められたメッセージ性などをチェックしてきました。

この「Cage」は耳で音を聴くだけでも印象に残る楽曲ですが、MV動画を見て改めてそのメッセージ性やメンバーの思いというのがリアルに伝わってくる楽曲だったと思います。

ある意味ミステリアスで日向坂46らしくないところもありながら、それでも若者らしいピュアで日向坂46らしい一面もある。

カップリング曲であるのがもったいないくらい、これからもたくさんの人に愛され続けていって欲しいと思う至極の一曲でした。


Related Post