King Gnu 飛行艇

King Gnu「飛行艇」歌詞の意味が震えるほどに熱い|大坂なおみANAのCMソングに起用された新曲が格好良すぎる。


今回はKing Gnu「飛行艇」の歌詞全文の意味やMVフル動画について、チェックしていきたいと思います。

大坂なおみ選手が出演することでも話題を呼んでいるANA「ひとには翼がある」篇のCMソングとして書き下ろされ、早速CMを見た視聴者などからは「今のめちゃくちゃ格好良い曲なに!?」と大きく反響を呼んでいる様子。

新曲「飛行艇」はKing Gnu(キングヌー)らしい勢いと爽快感のある楽曲となっており、また1つKing Gnuファンとしてもお気に入りの歌が増えて嬉しい限りです。

そんな話題のKing Gnuの新曲「飛行艇」について、詳しく見ていきましょう。

King Gnu「飛行艇」が大坂なおみ&ANA最新CM「ひとには翼がある」篇に起用。

[ANA] 大坂なおみ選手~ひとには翼がある篇~(30秒/告知有)

ということで早速内容にも入っていきたいと思いますが、今回話題を呼んでいるのがこちらのANAの最新テレビCM「ひとには翼がある」篇

プロテニスプレイヤーである大坂なおみ選手が出演していることでも話題を呼んでいるこの2019年最新CMのCMソングとして抜擢されたのは、King Gnuの新曲「飛空挺」でした。

King Gnuのリーダーである常田大希さんからは予め「8月に新曲をリリースする」というようなことが告知されていたためファンとしても心待ちにしていましたが、本当に格好良すぎる新曲がきましたね…!

 

King Gnuといえば坂口健太郎さんが主演を務めたドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の主題歌である「白日」が大ブレイクを果たし、それからは数多くのファンをライブなどでも魅了し、2019年の上半期チャートを席巻。今では日本を代表する音楽グループにまで成長しています。

今回の新曲「飛行艇」はANAの最新CMのために書き下ろされたとのことですが、そもそも2019年の4月にANAの海外版のテレビCMに「Hitman」が起用されたことが話題を呼び、今回国内版のテレビCMソングも手がけることとなりました。

ANA NAOMI OSAKA CM (30sec)

CMソングである「Hitman」はロングヒット中のアルバム「Sympa」に収録されている人気曲の1つ、こちらは日本ではオンエアされていませんでしたがKing Gnuファンとしては見逃せないCMでしたね。

個人的に「日本でもCMやってくれないかな…」とも思っていたので、今回の「飛行艇」の発表はファンとしてもとても嬉しかったです。

 

そんな話題のCMソングでもある新曲「飛行艇」は2019年8月9日から配信リリースされるのですが、配信に先駆けて7月25日の「King Gnu井口理のオールナイトニッポン0」にてフル尺で初オンエアされることが決まっています。

【番組情報】

  • ニッポン放送
  • “King Gnu井口理のオールナイトニッポン0″(毎週木曜深夜 27:00~28:30)
  • 7月25日(木)放送で「飛行艇」初フル尺オンエア
  • 番組HP: http://www.allnightnippon.com/kg/

深夜帯の放送にはなりますが、CMソングの短いバージョンでは物足りないという際にはぜひラジオを聴いてみてくださいね。

King Gnu「飛行艇」がCMソングに抜擢されたことへのコメント

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

常田大希 – Daiki Tsunetaさん(@daikitsuneta)がシェアした投稿

また、そうして話題を呼んでいる今回のANA最新CMソング「飛行艇」の抜擢について、King Gnuのリーダーである常田大希さんは以下のようにコメントしています。

いかんせん悲観したくなるような事ばかりの時代ではありますが、そんな時代を生きる皆さんの背中を、そして我々の背中をもグッと押してくれるようなエネルギーを纏った曲に仕上がったことをとても誇りに思います。

是非フルバージョンのリリースを楽しみにしていてください。

加えて、CMのクリエイティブディレクターを務めた高崎卓馬さんも、King Gnuの新曲「飛行艇」に対して以下のようにコメント。

これからの時代を切り拓く音が欲しかった。デモを聴いた瞬間に、気持ちがザワザワしたことが忘れられません。

打ち合わせでの会話をこんなに気持ちよく裏切ってくれて、想像していなかったところに映像を連れていってくれて。

日本にもこんな才能いるぞ!と大声で叫びたい気分です。ライブの一曲目とかで聴いたらもう、その瞬間にもっていかれると思います。

どうでしょうか。このコメントを読むだけでも心がワクワクしてくるといいますか、期待で胸が膨らむような気持ちになります。

 

King Gnuの楽曲はそれこそ「白日」の時もそうでしたが、単なる「ドラマの世界観を表現する主題歌」に終始せず、そして単なる「CMの世界観を表現するCMソング」にも終始せず、音楽家としての常田大希さんの想いやKing Gnuとしての強いメッセージ性が込められているように感じます。

King Gnu – 白日

今回のANAのテレビCM「ひとには翼がある」篇にも「HELLO BLUE HELLO FUTURE ~2020をみんなの滑走路にしよう~」というメッセージも込められているのですが、そんなANAのメッセージをKing Gnuなりに受け取り解釈した形が、今回の「飛行艇」であるようにも感じました。

それこそ2020年を、そしてその先の未来を担っていく存在として、ANAとKing Gnuの想いが見事なコラボレーションを果たしているのではないでしょうか。

 

実際に、余談にはなりますがANAの公式からは「HELLO BLUE HELLO FUTURE ~2020をみんなの滑走路にしよう~」に込めた想いが以下のように語られていました。

HELLO BLUE HELLO FUTURE ~2020をみんなの滑走路にしよう~

この言葉には2020年そしてその先の未来に向けた想いが込められています。

「HELLO BLUE HELLO FUTURE」
BLUE」はANAをイメージする色。

青い丸は青い地球、つまり「世界」を表しています。

「HELLO BLUE HELLO FUTURE」
それは、文化や言語、国籍、年齢、性別、障がいなどを問わず、世界中の多様なお客様の”架け橋”となり、新しい価値を生み出していこうという「新たな挑戦」のはじまりです。

2020年にはたくさんのお客様が日本にいらっしゃることが予想されます。私達の飛行機は外国のお客様が最初に触れる日本になるかもしれません。

機内や空港をはじめとする様々な場面において、世界中のお客様に喜んでいただけるサービスをソフト面、ハード面でつくっていきたい。

世界トップクラスのユニバーサルなサービスを実現することで、日本と世界を結ぶ架け橋となり、東京2020大会の成功に貢献するのはもちろん、全ての人に優しい空をつくっていきたい。

2020年が、日本そして世界の人々が飛躍していく「滑走路」となるように、ANA全社員が一体となって取り組んで参ります。

こういったANAの想いを踏まえた上でCMを見てみるとまた1つ伝わってくるものが変わっていきますし、King Gnuがこういった想いを受けて「飛行艇」を書き下ろしたということも意識してみると、楽曲の聴こえ方なども変わっていくような気がします。

King Gnu「飛行艇」歌詞全文の意味やMVフル動画は?

King Gnu – 飛行艇

さて、それでは今回の本題であるKing Gnuの新曲「飛行艇」の歌詞について、詳しく見ていきたいと思います。

「飛行艇」King Gnu
作詞:常田大希
作曲:常田大希

どんな夢を見に行こうか
正しさばかりに恐れ慄かないで
自由自在に飛び回って oh
Step by Step ビートを刻んで
果てのない旅を続けようか

この時代に飛び乗って
今夜この街を飛び立って
大空を飛び回って
命揺らせ 命揺らせ

この風に飛び乗って
今夜台風の目となって
大空を飛び回って
命揺らせ 命揺らせ

代わり映えがしない日常の
片隅で無邪気に笑っていられたらいいよな
無意味な旅を続けるか oh
One by One 一歩ずつでいいさ
歓声も罵声も飲み込んで

この時代に飛び乗って
今夜愚かな杭となって
過ちを恐れないで
命揺らせ 命揺らせ

この風に飛び乗って
今夜名もなき風となって
清濁を併せ呑んで
命揺らせ 命揺らせ

大雨降らせ
大地震わせ
過去を祝え 明日を担え
命揺らせ 命揺らせ

この時代に飛び乗って
今夜この街を飛び立って
大空を飛び回って
命揺らせ 命揺らせ

この風に飛び乗って
今夜台風の目となって
大空を飛び回って
命揺らせ 命揺らせ

あなたの期待に飛び乗って
今夜この羽で飛びたくて
この大空を飛びたくて
命生まれ 命生まれ

この風に飛び乗って
今夜名もなき風となって
清濁を併せ呑んで
命揺らせ 命揺らせ

ヘビーな重低音とギターのエモーショナルなサウンドが鳴り響く印象的なメロディー、そして心にズンと深く突き刺さってくるかのような力強い歌詞。

King Gnuの新曲はどれもハズレがないといいますか、そもそも楽曲に「当たり」だとか「外れ」だとか言うのも失礼な話ではありますが、本当にKing Gnuはどの楽曲も素敵なものばかりです。

 

今回の新曲「飛行艇」は先ほど紹介したANAのメッセージとも通じる部分があり、「この時代を強く生き抜いていこう」というKing Gnuの強い意志や、同じ時代を生きる僕らに向けた激励のメッセージが込められているように感じます。

ちなみに「飛行艇」とは水面発着できる機体のことを指しているのですが、「飛行機」としていないこともまた1つ意味合いが込められているのだと思いますし、自分はFFシリーズの「飛空挺」のような格好良さも感じました。「紅の豚」をモチーフにしているとも常田大希さんは語っています。

 

大空を自由に飛び回る。それはまさに今King Gnuが音楽業界に旋風を巻き起こしている様と重なる部分がありますし、そんなKing Gnuが奏でる音の1つ1つで「命が揺れる」様を象徴したような新曲になっているのではないでしょうか。

最高の新曲です。本当に。

まとめ

ということで今回は、King Gnu「飛行艇」の歌詞全文の意味やMVフル動画についてチェックしてきました。

大坂なおみ選手もまたテニス業界を牽引している存在であることは間違いありませんし、それはANAの航空業界における存在感もそう。

そして何よりKing Gnuが音楽業界を最先端で駆け抜けている存在であるということからも、今回のCMは最高のコラボレーションだったように思います。

King Gnu – 飛行艇

悲観したくなるようなことばかりのこの時代ですが、そんな時代に飛び乗り、今夜この街を飛び立って。そして大空を飛び回りたくなるような、いやKing Gnuと共にこの時代を飛び回っているかのような感覚を覚えさせてくれる今回の新曲「飛行艇」。

何より「まだまだ止まらねぇぞ」という常田大希さんのメッセージのようにも受け取れる楽曲でした。「まだまだついていきます」と、そして「命を揺らし続けます」とファンとしても肝に命じて引き続き応援していきたいと思います。

King Gnu
【完全版】King Gnuメンバープロフィール&オススメ人気曲ランキング|高校大学・家族・年齢・身長など徹底解剖。「King Gnu(キングヌー)」は2019年1月16日にアルバム「Sympa」でメジャーデビューの4ピースバンド、今や日本の多くの人が...
King Gnu井口理の兄・井口達は声楽家|秦基博と似てるけど母親や家族とは似てない?日本テレビ系ドラマ「イノセンス 免罪弁護士」の主題歌「白日」が空前の大ヒットを博し、今や日本を代表するバンドへと上り詰めてきている「Ki...

Related Post