夜明けまで強がらなくてもいい 乃木坂46

乃木坂46「夜明けまで強がらなくてもいい」歌詞の意味やMVフル動画は?フォーメーションや選抜メンバーも合わせてチェック。


今回は乃木坂46「夜明けまで強がらなくてもいい」について、歌詞の意味・MVフル動画・フォーメーション・選抜メンバーなど総まとめ的にチェックしていきたいと思います。

24thシングルとして2019年9月4日にリリースされる今回の新曲「夜明けまで強がらなくてもいい」は、4期生・遠藤さくらさんの初センター曲であると同時に乃木坂46卒業が決まっている桜井玲香さんが参加する最後のシングルでもあります。

そういった意味でもあの秋元康さんが手がける楽曲ということですので、「夜明けまで強がらなくてもいい」の歌詞やコンセプトには何か意味合いが込められているのではないでしょうか。詳しく見ていきましょう。

乃木坂46「夜明けまで強がらなくてもいい」歌詞の意味やMVフル動画は?

乃木坂46×セブン‐イレブンアプリ

ということで早速内容に入っていきたいと思いますが、今回話題を呼んでいるのが乃木坂46の新曲「夜明けまで強がらなくてもいい」

「夜明けまで強がらなくてもいい」は24thシングルとして2019年9月4日にリリースされるためMV動画についてはまだ公開されていませんが、現状上記セブンイレブンのCMにて楽曲の一部を聴くことができます。MVが公開され次第すぐさま追記させていただきます。

歌詞についてはラジオで初オンエアされたため判明しました、話題の「夜明けまで強がらなくてもいい」の歌詞はこちら。

「夜明けまで強がらなくてもいい」
作詞:秋元康

風が悲鳴をあげ窓震わせて
水道の蛇口から後悔が漏れる
過ぎ去った1日を振り返って
眠れなくなるほど不安になるんだ

誰に相談しても考え過ぎだと言う
自分をどうやって認めればいいのか

光はどこにある
僕を照らしてくれよ
暗闇は 暗闇は
涙を捨てる場所
希望はどこにある
生まれ変わる瞬間
夜明けまでもう 強がらなくていい

当たり前のように出来たことが
自信がなくなって部屋を出たくない

情けない自分が腹立たしく思えて
命の無駄遣い誰に謝るか

光はどこにある
僕を導いてくれ
太陽は太陽は
夢の背中を押す
明日はどこにある
よろよろと立ち上がれ
夜明けまではそう 格好悪くていい

朝日が見えてきた
弱音はもう吐かない
今日こそは 今日こそは
自分らしく生きる

光はどこにある
僕を照らしてくれよ
不安とは 不安とは
期待の裏返しか
希望はどこにある
生まれ変わる瞬間
太陽よ 太陽よ
連れ出してくれるのか
すぐに夜明けが来る

このような歌詞となっている今回の新曲「夜明けまで強がらなくてもいい」は大人気を博した23thシングル「Sing Out!」に次ぐ24thシングルでもあることで期待の声が多く上がっていますが、一体どういった意味合いが込められているのでしょうか。

乃木坂46 『Sing Out!』

個人的な解釈として「夜明け」というのは「新しい1日が始まる瞬間」つまりは「新しい一歩を踏み出すとき」というように意味が取れるように感じましたが、そんな夜明けまで「強がらなくてもいい」と伝えているのが今回の新曲。

また、それは同時に「日の目を浴びるその時まで、報われるその時まで、強がらなくていいんだよ」というメッセージのようにも捉えることができます。

日の目を浴びたり報われるその時まで、つまり活躍したり人から認められるその時までには様々な葛藤や悩みがあるかもしれません。それこそアイドルとして活動していく上では下積み時代は誰もが経験する道のりで、その中で自分らしさを見失いそうになることもあるでしょう。

 

しかし、そういった中で全てに耐えなくてもいいんだよ、自分で全部抱えなくてもいいんだよ、強がらなくてもいいんだよって。

そんな風に優しく、そして力強く自分自身や仲間たちの背中を押し、励ましてくれるような意味合いが今回の「夜明けまで強がらなくてもいい」には込められているのではないでしょうか。

 

選抜メンバーについては後述しますがこの「夜明けまで強がらなくてもいい」にはセンターを務める遠藤さくらさんを含め、賀喜遥香さんと筒井あやめさんの3名の4期生が選抜されました。そして何より、卒業を控えた桜井玲香さんが最後に参加するシングルでもあります。

そうして乃木坂46で新たに頑張っていこうというメンバーと、乃木坂46を卒業しこれから新たな道を歩んでいこうというメンバーに象徴される新曲でもあり、どちらのメンバーに対しても「君らしくいていいんだよ」「抱えないで何でも頼ってね」というメッセージが込められているようにも感じました。

乃木坂46「夜明けまで強がらなくてもいい」を聴くと浮かぶ楽曲「4番目の光」

乃木坂46 『4番目の光』Short Ver.

また、今回の「夜明けまで強がらなくてもいい」を聴くと「Sing Out!」に収録されていた「4番目の光」の歌詞がふと思い浮かびます。

自分に何ができるのか
不安と期待が膨らんで
夜明け前に目が覚めてしまう
私らしく全力で走ろう

4期生のこの楽曲にも「夜明け」という言葉が出てきました、この歌詞と「夜明けまで強がらなくてもいい」はリンクする部分があるように感じます。

遠藤さくらさんをはじめ4期生メンバーはお披露目までに大きな不安を抱えて過ごしてきたことでしょうし、それは今でも「実感がない」「この先何があるかわからない」と感じているメンバーもいるかもしれません。デビューをしても不安は拭いきれないものでしょう。

それでも「4番目の光」を探しにいくこの旅路の先に、果てない道の先に、確かな未来があると信じて歩んでいきたい。あるいは歩んでいって欲しいという、秋元康さんのメッセージも込められた楽曲でした。

 

また、改めて「4番目の光」の歌詞を見てみると4期生はこれから訪れる未来に向けて覚悟を固めているのと同時に、少しながら強がっているように感じる部分もあるかもしれません。

それは決して悪いことではありませんし、自分の弱さを乗り越えて強くなっていこうという気持ちの表れでもあるのですが、今回の「夜明けまで強がらなくてもいい」ではそんな彼女たちに向けて「強さだけじゃなくて弱いところも君らしいんだよ」と語りかけてくれているようにも感じました。

少し考え過ぎかもしれませんがそういう意味では「4番目の光」のアンサーソングとして、4期生メンバーの背中を優しく押してあげる意味合いとして、今回の「夜明けまで強がらなくてもいい」は制作されたのかもしれません。個人的にはそのように受け取りました。

乃木坂46「夜明けまで強がらなくてもいい」フォーメーションや選抜メンバー。

さて、そうして話題を呼んでいる今回の新曲「夜明けまで強がらなくてもいい」ですが、選抜メンバーとフォーメーションは以下のようになっていました。

「夜明けまで強がらなくてもいい」選抜メンバー

  • 秋元真夏
  • 生田絵梨花
  • 梅澤美波
  • 遠藤さくら(センター)
  • 賀喜遥香
  • 北野日奈子
  • 久保史緒里
  • 齋藤飛鳥
  • 桜井玲香
  • 白石麻衣
  • 新内眞衣
  • 高山一実
  • 筒井あやめ
  • 星野みなみ
  • 堀未央奈
  • 松村沙友理
  • 山下美月
  • 与田祐希
夜明けまで強がらなくてもいい©︎乃木坂46LLC

「夜明けまで強がらなくてもいい」フォーメーション

梅沢 北野 秋元 久保 高山 星野 新内
山下 生田 白石 松村 桜井 与田
大園 賀喜 遠藤 筒井 斎藤

計18人のメンバーでフォーメーションが組まれましたが、白石麻衣さんは「君の名は希望」以来約6年ぶりの2列目ということでも話題を呼んでいます。

そういう意味ではセンターの遠藤さくらさん含め賀喜遥香さんと筒井あやめさんの3名の4期生メンバーが初選抜入りを果たしていますし、「新しい世代」を意識した選抜・フォーメーションのようにも受け取ることができますね。

 

今回のシングルには映画「いつのまにか、ここにいる Dcumentary of 乃木坂46」の主題歌「僕のこと、知ってる?」が各タイプの共通C/W曲として収録されていたり、卒業する桜井玲香さんの最初で最後となるソロ曲「時々 思い出してください」なども収録されていることからも、ある種の節目のようにも感じるシングル。

これまでの道のり、そしてこれから歩んでいく道のり。そのどちらもしっかりと目に据えながら、引き続き乃木坂46のメンバーも頑張っていって欲しいと思いました。

まとめ

ということで今回は、今回は乃木坂46「夜明けまで強がらなくてもいい」について、歌詞の意味・MVフル動画・フォーメーション・選抜メンバーなど総まとめ的にチェックしてきました。

多少深読みしすぎな部分もあるかもしれませんが、秋元康さんのことですし今回の新曲「夜明けまで強がらなくてもいい」には色々な思いや意味合いを込めて制作したのではないでしょうか。

乃木坂46×セブン‐イレブンアプリ

発売が待ち遠しいばかりですが、ファンとしても強がらずに純粋な心を大切に、これからも乃木坂46を応援し続けていきたいと思います。素敵な新曲をありがとうございました。


Related Post