日向坂46「こんなに好きになっちゃっていいの?」歌詞&フォーメーションセンター|収録曲など3rdシングルを総まとめ。


z今回は日向坂46「こんなに好きになっちゃっていいの?」歌詞やフォーメーション、センター、収録曲など総まとめ的にチェックしていきたいと思います。

1stシングル「キュン」そして2ndシングル「ドレミソラシド」に次ぐ形でリリースされた今回の3rdシングル「こんなに好きになっちゃっていいの?」は、これまでの過去曲と比べると曲調が異なっており少し異彩を放つ新曲。

どこにでもいる女の子の「好き」という感情がテーマとなっているのですが、どういった内容の楽曲となっているのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

日向坂46「こんなに好きになっちゃっていいの?」歌詞

日向坂46 『こんなに好きになっちゃっていいの?』

ということで早速内容に入っていきたいと思いますが、今回話題を呼んでいるのがこちらの日向坂46の新曲「こんなに好きになっちゃっていいの?」

2019年9月に入り公開されたMVは早くも話題を呼んでいました、歌詞についてはこのようなところとなっています。

「こんなに好きになっちゃっていいの?」
作詞:秋元康

こんなにねえこんなに好きになっちゃっていいの
ふと気づくと1日中あなたを想ってる
頬にはらはらと涙が溢れるのは何故でしょう
恋するって切ない

さっきまでそこにいた猫を探したくなるように
いつの間にかあなたが私の中心になってしまった
占いとか信じてないのに調べてみた
今の私はどう思われてる
いつも気にかかる
愛はキリがない
It’s like “Infinity”

こんなにねえこんなに好きになっちゃっていいの
もう何も見えてない自分が怖くなるのよ
誰に止められてもブレーキをかけられない
わがままなこの愛しさ
その突き当りは何が待っているのでしょうか
どうしたって嫌いになんてなれない
まわりの全てを失おうとあなただけ好きでいる

親友に何時間話しても話し足りない
あなたが言った言葉
深読みなんかしても意味ないのに
窓に映る自分を見つめて不安になる
こんなに弱い私じゃなかった
誰のせいでしょう
愛が振り回す
Love is up to “Infinity”

こんなにそうこんなに好きになっちゃえたなんて
初めてのことだから自分がわからなくなる
理屈なんかでは感情を抑えられないの
不器用なこの一途さ

好きになり過ぎた私は傷つくのでしょうか
もうそれでも出会う前に戻れない
もう他にはもう何も欲しくはない
あなただけいればいい

そんな人と巡り会えたなんて
奇蹟だとわかってるわ
何があってもいい
だから永遠に
Cause you feel “Infinity”

こんなにねえこんなに好きになっちゃっていいの
もう何も見えてない自分が怖くなるのよ
誰に止められてもブレーキをかけられない
わがままなこの愛しさ
その突き当りは何が待っているのでしょうか
どうしたって嫌いになんてなれない
まわりの全てを失おうとあなただけ好きでいる

1stシングル「キュン」そして2ndシングル「ドレミソラシド」では日向坂46を象徴するような可愛らしさや元気の良さが前面に押し出されていましたが、今回の3rdシングル「こんなに好きになっちゃっていいの?」はちょっと違った雰囲気を醸し出したMVとなっています。

テーマはどこにでもいる女の子の「好き」という感情となっており、MVではメンバーがエモーショナルなダンスを繰り広げ落ち着いたメロディーが心地良い新曲だと感じました。

 

そんなMV撮影場所となったロケ地は、兵庫県公館神戸国際会館こくさいホールの2ヶ所。どちらも上品で綺麗な雰囲気が特徴的な場所です。

そんな美しい場所でコンテンポラリーダンスを繰り広げる日向坂46のメンバーは、これまで通りもちろん可愛らしさも感じさせながらも、新しいこれまでには見せなかった表情・不雰囲気など新鮮な一面も垣間見せています。

まさに今の日向坂46の勢いを象徴するようなエモーショナルなMVとなっており、今回の「こんなに好きになっちゃっていいの?」はファンとしてもとても印象に残る一曲となりました。

日向坂46「こんなに好きになっちゃっていいの?」フォーメーションとセンター

こんなに好きになっちゃっていいの フォーメーション

そんな話題の3rdシングル「こんなに好きになっちゃっていいの?」、フォーメーションはこのような配置となっていました。

センターは「キュン」「ドレミソラシド」に続き3作連続で2期生・小坂菜緒さんが務めており、そしてその両脇には加藤史帆さんと齊藤京子さんの安定の1期生が固めるという配置に。

過去曲と違ってフォーメーションの1列目を3人体制に抑えたのが印象的ですが、楽曲のエモーショナルな雰囲気や力強さを演出する上ではこの体制がまさにぴったりなようにも感じました。

 

また、そうして1列目が3人体制となったことにより丹生明里さんと河田陽菜さんが3列目へと下がり、その他には宮田愛萌さんが2列目→3列目・松田好花さんが3列目→2列目などいくつか過去曲からの変更点も見られています。

まだ3作目とは思えない十分なほど安定感のあるフォーメーションで、個人的には特に後半で繰り広げられる小坂菜緒さんのソロダンスがとても印象に残りました。

日向坂46「こんなに好きになっちゃっていいの?」3rdシングルの収録曲一覧

日向坂46 『こんなに好きになっちゃっていいの?』

そして、今回の日向坂46の3rdシングル「こんなに好きになっちゃっていいの?」の収録曲はこのような並びとなっていました。歌唱メンバーについても添えてあるので、ぜひチェックしてみてください。

1.「こんなに好きになっちゃっていいの?」(全員歌唱曲)

井口眞緒、潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、東村芽依、金村美玖、河田陽菜、小坂菜緒(センター)、富田鈴花、丹生明里、松田好花、宮田愛萌、渡邉美穂、上村ひなの

2.「ホントの時間」(全員歌唱曲)

井口眞緒、潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、東村芽依、金村美玖、河田陽菜、小坂菜緒、富田鈴花、丹生明里、松田好花、宮田愛萌、渡邉美穂、上村ひなの

3.「ママのドレス」(ユニット名:りまちゃんちっく)

潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、高本彩花

4.「一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない」(上村ひなのソロ曲)

上村ひなの

5.「まさか 偶然…」(はなちゃんず)

富田鈴花、松田好花

6.「川は流れる」(全員歌唱曲)

井口眞緒、潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、東村芽依、金村美玖、河田陽菜、小坂菜緒、富田鈴花、丹生明里、松田好花、宮田愛萌、渡邉美穂、上村ひなの

りまちゃんちっくやはなちゃんずなど、過去のイベントやアルバムで結成されたユニットの楽曲もお馴染みで収録されています。

また、たった1人の3期生である上村ひなのさんのソロ曲も収録されているところが注目で、グループ最年少でありながらも注目されていることが伺えます。

そんな今後の日向坂46の未来も意識したようなフォーメーションや収録曲となっており、これまで通りの日向坂46らしさもありながらも、さらに飛躍していくことにファンとしても期待が高まる3rdシングルだったのではないでしょうか。

まとめ

ということで今回は、日向坂46の新曲「こんなに好きになっちゃっていいの?」についてまとめてきました。

「キュン」も「ドレミソラシド」もファンとしてはお気に入りの楽曲でしたが、今回の3rdシングルも同じように公開直後からとても印象に残る新曲だったように思います。

日向坂46 『キュン』
日向坂46 『ドレミソラシド』
日向坂46 『こんなに好きになっちゃっていいの?』

本当にその勢いはとどまることを知りませんね…!今まさにCMやドラマへの抜擢など大忙しとなってきたメンバーですが、引き続き明るく爽やかな日向坂46らしさを大切に頑張っていって欲しいですね。ファンとしても応援し続けています。


Related Post