ぺこぱ・松陰寺太勇のすっぴん画像や名言まとめ|結婚済みのイケメン全肯定キャラを解剖してみた。

ぺこぱ・松陰寺太勇のすっぴん画像や名言まとめ|結婚済みのイケメン全肯定キャラを解剖してみた。

2020 2/03
ぺこぱ・松陰寺太勇のすっぴん画像や名言まとめ|結婚済みのイケメン全肯定キャラを解剖してみた。

ぺこぱ・松陰寺太勇さんのすっぴん画像や名言をまとめていき、結婚済みのイケメン全肯定キャラを解剖していきたいと思います!

2019年のM-1グランプリ決勝に進出し、惜しくもグランプリの座を逃したものの、松本人志さんに「ノリ突っこまない漫才」と称され一躍話題になりました。

従来のノリツッコミであるボケを否定する漫才ではなく、ボケに対してすべてを肯定するという新しい漫才の形を生み出したぺこぱの漫才は、視聴者からも人気を集め現在少しづつブレイクしてきています!

今回はぺこぱのツッコミ(つっこまない)担当の松陰寺太勇さんのすっぴん画像や、名言を詳しくチェックしていきたいと思います!

目次

ぺこぱ・松陰寺太勇のプロフィールと経歴

画像

名前:松陰寺 太勇(しょういんじ たいゆう)
本名:松井 勇太(まつい ゆうた)
職業:お笑い芸人(コンビ名:ぺこぱ)
担当:ツッコミ
生年月日:1983年11月9日
出身地:山口県光市
身長:170cm
血液型:O型
趣味:野球観戦、日本史、作曲

ぺこぱの「全肯定型漫才」は、いままでの漫才の「なんでやねん!」のようなノリツッコミなどではなく、ボケに対してすべてを受け入れるような発言のツッコミが今人気を集めています。

そんなツッコミ(つっこまない)担当の松陰寺大勇さんですが、もともとはバンドマンだったそうで、上京してきたのもプロのバンドマンになるためだったそうです!

趣味にある通り作曲が趣味ということで、音楽が本当に好きだったことがわかります。

しかし上京後、バンドで「プロになって食べていくのは難しい」と悟り、お笑い芸人へと方向転換します。

当初は「松井祭」という芸名でピン芸人として活動していました。

2008年にはコンビを組み、現在はツッコミ担当ですが昔はボケ担当だったようです。

ぺこぱのネタはほとんど松陰寺さんが作っているようで、とてもお笑いのセンスがあるのでしょうね!

しかしコンビ結成当初はほとんど売れず、苦悩の日々を過ごしていたそうです。

その状況を打破するためにボケとツッコミを入れ替えて衣装もチェンジしたところ、お笑い芸人の登竜門である「おもしろ荘 」で見事に優勝することができました!

そして2019年のM-1グランプリでは決勝戦に進出するなどの大躍進を果たします。

ダウンタウンの松本人志さんが「ノリつっこまない漫才」と評し、香取慎吾さんは「(決勝戦で)一番面白かったのはぺこぱ」と評価するほどの実力の持ち主です!

ツッコミ担当でありキザ担当でもあると言っていてキザな言葉が目立ちますが、とても良い印象を与えていて見る人を笑顔にさせる人だと思います。

ぺこぱ・松陰寺太勇のイケメンすっぴん画像

ぺこぱの松陰寺大勇さんは漫才をするときは常に濃いめのメイクをしています。

V系バンドのグループメンバーをイメージさせるようなメイクですが、元々バンドマンということでメイクも仕様も納得です。

そんな松陰寺大勇さんのすっぴん画像がとてもイケメンだと言われています!

スーツですっぴんだと町中で見かけてもわからないかもしれませんね。

本人曰く、

「メイクをしないとただのおっさん」

と言っていて、漫才のときが必ずメイクをしています。

メイクをしたときの顔もかっこいいですが、メイクをしなくてもそれほどおっさんには見えず、なかなかイケメンだと思います。

また、Twitterでも肯定型漫才を貫いていて、愛犬にメイクを舐めらている動画があるのですがこちらでもおもしろいツイートをしています。

ワンちゃんに配慮したようなコメントにも人柄の良さが表れていると思います!

ぺこぱ・松陰寺太勇は2019年に結婚していた

つっこまないツッコミで、キザ担当でもある松陰寺大勇さんですが、実は2019年の春にご結婚されています!

結婚する前からメディアに公表していたそうですが、特に取り上げられることなく今年になってからの発表となったそうです(笑)

ぺこぱはお笑いがとても好きな人の間では有名でしたが、一般の方々に広く知られるようになったのは間違いなく2019年のM-1グランプリですので、メディアもあまり取り上げなかったのでしょう。

長年売れずに悩んでいたぺこぱですが、M-1グランプリをきっかけに現在人気急上昇中で、とても忙しい毎日となっていることでしょう。

ぺこぱ・松陰寺太勇の全肯定な名言集

ぺこぱの売りである肯定型漫才は、名言がたくさんあるとも話題になっています。

その中の一部になりますが、

「知識は水だ、独占してはいけない」

「できないことを求めるのはやめにしよう」

「休憩はとろう!働き方を変えていこう!」

「できないときはできないと言おう!」

などという、数々の名言が生まれています。

社会問題などを上手に取り入れ、それをうまくネタの中に取り込んでかつつっこまずに肯定するという漫才をしています。

SNSでは、

「ぺこぱのネタは見ていて気持ちがいい」

「どつかない、殴らない、けなさない、人を傷つけないぺこぱのような漫才が見たかった」

という発言がたくさんあり、今までの漫才とは違う形でありながらも広く受け入れられているということがよくわかります。

また、たくさんの名言を残している松陰寺大勇さんですが、Twitterでおもしろい投稿がありました。

松陰寺大勇さんのツッコミとして「時を戻そう」というセリフがあるのですが、こちらはお正月休みが終わってしまった日のツイートになります。

お正月休み前に時を戻してほしかったですが、ぺこぱさんの優しさと面白さと着眼点の良さに注目され、漫才以外にも面白さを発揮しています。

ぺこぱ・松陰寺太勇まとめ

それでは今回の記事についておさらいしてみましょう!

  • ぺこぱのノリつっこまない漫才が人気に
  • 松陰寺大勇さんは元々バンドマンになるために上京していた
  • バンドマンで食べていくのは難しいと悟り、お笑い芸人に転向
  • V系グループを連想するようなメイクだが、すっぴんでもイケメン
  • 松陰寺大勇さんは2019年春に結婚していた
  • M-1グランプリ決勝に進んだことで、現在人気急上昇中のコンビ

ぺこぱは今までになかったような新しいかたちでの漫才を生み出し、これからさらに活躍されるのではないかと言われています。

否定する漫才ではなく、肯定する漫才でこれからのお笑い界の新しい道となることは間違いないと思います。

目次