風たちの声

RADWIMPS「風たちの声」歌詞全文の意味やMVフル動画を解釈&考察|アルバム「天気の子」収録ファン必見の主題歌。


今回はRADWIMPSの楽曲「風たちの声」について、歌詞全文の意味やMVフル動画の解釈&考察を行っていきたいと思います。

映画「天気の子」の主題歌として発表されているRADWIMPSの「風たちの声」。「君の名は。」主題歌も大きく話題を呼んだように、今回の「天気の子」アルバムに収録されている主題歌の多くも非常に大きな注目を集めています。

RADWIMPSは「天気の子」の世界観をどう歌い上げるのか、どういったメロディーや歌詞の意味を通じて表現するのか、そういったところに注目して「風たちの声」を紐解いていきましょう。

RADWIMPS「風たちの声」など映画「天気の子」主題歌一覧のタイトルが発表される

2019年7月19日から公開される映画「天気の子」は、新海誠監督の新作ということで大きく注目を集めている令和時代最大の話題作。

新海誠監督にとっては前作に位置する「君の名は。」ではRADWIMPSの楽曲を存分に生かした世界観の描き方が旋風を巻き起こしただけに、今回の「天気の子」にも同様に抜擢したRADWIMPSの主題歌の数々からは目が離せません。

 

そんな注目の主題歌たちがお披露目されたのは公開2週間前という、待ち遠しく思うファンにとってはたまらないタイミング。アルバム「天気の子」にも収録されている以下主題歌5曲のタイトルが発表され話題を呼んでいます。

  • 「風たちの声」
  • 「祝祭 feat.三浦透子」
  • 「大丈夫」
  • 「愛にできることはまだあるかい」
  • 「グランドエスケープ feat.三浦透子」

それぞれMovie editバージョンとして「天気の子」では流れる楽曲もありますが、主題歌のタイトルの並びはこのようなところとなっていました。

ちなみに「愛にできることはまだあるかい」「グランドエスケープ feat.三浦透子」については事前に予告映像で楽曲が流されており、作品の世界観やその雰囲気を前もって掴むことができます。

映画『天気の子』予報①
映画『天気の子』予報②

映画「天気の子」の物語では、天候の調和が狂っていく時代に運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を選択するさまが描かれているのですが、RADWIMPSの野田洋次郎さんの声とエモーショナルなサウンドと作品の世界観が相まって、正直なところ予告の時点で既に感動モノ。

新海誠監督は野田洋次郎さんから送られてきた楽曲に対して次のようにコメントしており、RADWIMPSの楽曲が「天気の子」の世界をまた奥深いものにしていることが伺えます。

『帆高ってこのときこういう気持ちだったんだ』『陽菜ってこういう子なんだ』みたいなことが曲に書いてあった。

僕が知らない少年少女の気持ちが洋次郎さんの曲の中に入っていて、それを発見してくような……コンテを書いている期間はそんな感じでしたね。

(中略)

この1年半は、RADWIMPSのことが、洋次郎さんのことがどんどん好きになってく時間でした。

もともとファンで曲も好きで、『君の名は。』で一緒にやってもっと好きになっていたんですけど、変わらずずっと遠い場所で輝いている星みたいな人たちだったんですよ。

今でもそうなんですけど、『天気の子』をやったことで少しだけ友達に近くなりました。

一方の野田洋次郎さんも「天気の子」の脚本を読んだ上で次のようにコメントしており、クリエイターやアーティストとしてそれぞれが深く共鳴しあっているからこそ、こういった素晴らしい作品が出来上がるのだなと実感します。

新海さんらしくもあって、意外性もありました。もうちょっとわかりやすくマスに向けた物語を描かれるのかなと思っていたら、新海節を発揮したすごく攻めた内容で。

この物語は賛否を巻き起こすんだろうなと思ったし、僕は余計に新海誠さんという人が好きになりましたね。自分のやりたいものに対してものすごく正直なんだと驚かされました。

(中略)

すごく監督が信頼を置いてくれてるのを実感できたので、『ここまでは音楽監督は言わないかな』というところまで踏み込んで言うようになりました。

だからこの作品を通して、僕が出せるものをすべて渡そうと思いました。

自分は個人的に新海作品がとても好きで過去作も全て見てきたのですが、今回の「天気の子」についても本当に楽しみでしかありません。RADWIMPSのファンとしても正直たまらないです。

RADWIMPS「天気の子」アルバムには全31曲収録で店舗別購入者特典も

そんな話題作「天気の子」主題歌の5曲はRADWIMPSのニューアルバム「天気の子」に収録されており、さらにはアルバムの購入者を対象にした特典までもついてくる大盤振る舞いっぷり。

以下アルバムの詳細な情報となります、リリース日は映画公開日と同じ2019年7月19日とのこと。

●リリース情報
new album『天気の子』(同名アニメーション映画のサウンドトラック)
2019年7月19日(金)発売 
UPCH-20520/3,000円(+tax)

〈収録曲〉
“愛にできることはまだあるかい”
“グランドエスケープ (Movie edit) feat.三浦透子”
“風たちの声 (Movie edit)”
“祝祭 (Movie edit) feat.三浦透子”
“大丈夫 (Movie edit)”
主題歌となるボーカル楽曲5曲と、26曲の劇伴、計31曲を収録

〈アルバム『天気の子』の購入者先着特典〉
HMV:CDサイズカード「愛にできることはまだあるかい」ver./TOWER RECORDS:CDサイズカード「グランドエスケープ」ver./Amazon.co.jp:CDサイズカード「風たちの声」ver./TSUTAYA:CDサイズカード「祝祭」ver./上記以外のCDショップ:CDサイズカード「大丈夫」ver.
※各CDショップにて映画『天気の子』の5曲の主題歌にちなんだ、5種類のCDサイズカードをご用意しています
※特典は数に限りがあり、なくなり次第配布終了となります
※一部対象外の店舗もありますので、特典の有無に関しては直接各店にお問い合わせください

●作品情報
『天気の子』
7月19日(金) 全国東宝系公開
原作・脚本・監督:新海誠
音楽:RADWIMPS
声の出演:醍醐虎汰朗/森七菜/本田翼/倍賞千恵子/小栗旬
キャラクターデザイン:田中将賀
作画監督:田村篤
美術監督:滝口比呂志
製作:「天気の子」製作委員会
制作プロデュース:STORY inc.
制作:コミックス・ウェーブ・フィルム
配給:東宝
(C)2019「天気の子」製作委員会

出典:RADWIMPSによる映画『天気の子』主題歌5曲のタイトルが明らかに。スペシャル予報も公開

購入者には映画「天気の子」5曲の主題歌にちなんだ5種類のCDサイズカードがプレゼントされ、各店舗毎にその内容も異なっています。

CDショップ毎にCDサイズカードが違っているのでその点はご注意ください、改めて特典のみまとめるとこのようなところ。

  • HMV:CDサイズカード「愛にできることはまだあるかい」ver.
  • TOWER RECORDS:CDサイズカード「グランドエスケープ」ver.
  • Amazon.co.jp:CDサイズカード「風たちの声」ver.
  • TSUTAYA:CDサイズカード「祝祭」ver.
  • 上記以外のCDショップ:CDサイズカード「大丈夫」ver.

特典を全てコンプリートするのも良いですし自分のお気に入りの楽曲のみ手に入れるのも良いでしょう、ぜひお近くの店舗を探して購入者特典をゲットしてみてください。

RADWIMPS「風たちの声」歌詞全文の意味やMVフル動画を解釈&考察①

映画『天気の子』スペシャル予報

さて、それではそうして大きく注目を集めている「天気の子」の主題歌であるRADWIMPSの「風たちの声」について、今回は特にフォーカスしていきたいと思います。

MV動画やフルバージョンの歌詞については映画公開日とともにリリースされるため、そこですぐさま追記させていただきます。

現状明らかになっている「風たちの声」の歌詞はこちら。

「風たちの声」RADWIMPS
作詞:野田洋次郎

風が僕らの前で急に舵を切ったのを感じた午後
今ならどんな無茶も世界記録も
利き手と逆で出せるような気がしたんだ
本気でしたんだ

「なんとかなるさ」と
「あとどれくらい?」と
「大丈夫かな僕ら」の間を
振り子のように行ったり来たりしては
手を強く掴んだ
いっそこの夢のど真ん中で
派手に使い果たしてみようよ

笑われないくらいの愛で
変えられるくらいの世界ならば
はじめから用などない 僕には必要ない
神様早く次を僕にくれよ

みっともないくらいの声で
ありえないくらいのこの気持ちを
僕に叫ばせてよ(叫ばせてよ)
腐らせないでよ(捨てないでよ)
僕らの持て余した勇気 使わせてよ

笑われないくらいの愛で
変えられるくらいの世界ならば
はじめから用などない 僕には必要ない
僕らの 持て余した正義を 使わせてよ

「さよなら」のないハローと
「仕方ない」のない未来と
鍵のないドアだらけの心で

未来が得意気に僕らを
見てきてもどうでもいいや
まだ僕らにゃやることがあるから

僕らの こぼれそうな奇跡を 使わせてよ

まず、そもそものタイトルである「風たちの声」には、どういった意味が込められているのでしょうか。

「天気の子」においては「雨」「晴れ」「雲」「風」といった天候現象が物語を左右していく要素として描かれていますが、ここで「風たち」と複数形になっていることは注目すべきところ。

実際に歌詞の中にも「僕ら」というワードがあることからも、この「風たちの声」ではいくつかの表情を持った「風」が人間のように抱いている心情を比喩として歌詞が綴られていると思います。

 

その上で歌詞についても考察していくと、冒頭の歌詞は次のように意訳することもできるでしょう。

笑われないくらいの愛で
変えられるくらいの世界ならば

はじめから用などない
僕には必要ない

笑われてしまうほどの愛で
変えることのできる世界こそが

はじめから欲しかった
僕には必要だった

今回の「天気の子」は主人公である帆高と陽菜が「世界の秘密」を知るということと、2人が「空の上で世界の形を変えてしまった」ことが描かれているのですが、ここで言う世界とは「雨が降り続ける世界」のことだと思われます。

そんな世界を「変えてしまった」ということですが、それは陽菜の持つ「天候を自在に操ることができる」能力を使ったことによって、雨を止め晴れにしてしまったということを意味しているでしょう。

 

さて、その上で今回のタイトルである「風たちの声」を振り返ってみると、この楽曲の主人公はおそらく「風たち」。

そんな風たちにとっての「世界」とは「雨の降り続いていた世界」のことで、そんな世界を変えられてしまった=雨を止ませてしまったことを「笑われないくらいの愛で変えられるくらいの世界」と表しているのではないでしょうか。

つまり風たちにとっては天候を自由自在に操られてしまうことは必ずしも良いことではなく、そんな世界であるならば最初から必要ないとすら感じているのかもしれません。

天候に気持ちがあるかは置いておくとして、そうした本来変えられないはずの天候とのせめぎ合いというのも1つのシーンとして描かれていることでしょう。

RADWIMPS「風たちの声」歌詞全文の意味やMVフル動画を解釈&考察②

映画『天気の子』スペシャル予報

「風たちの声」RADWIMPS
作詞:野田洋次郎

風が僕らの前で急に
舵を切ったのを感じた午後
今ならどんな無茶も世界記録も
利き手と逆で出せるような
気がしたんだ 本気でしたんだ

「なんとかなるさ」と
「あとどれくらい?」と
「大丈夫かな僕ら」の間を
振り子のように行ったり来たりしては
手を強く掴んだ
いっそこの夢のど真ん中で
派手に使い果たしてみようよ

笑われないくらいの愛で
変えられるくらいの世界ならば
はじめから用などない
僕には必要ない
神様早く次を僕にくれよ

みっともないくらいの声で
ありえないくらいのこの気持ちを
僕に叫ばせてよ(叫ばせてよ)
腐らせないでよ(捨てないでよ)
僕らの持て余した勇気 使わせてよ

笑われないくらいの愛で
変えられるくらいの世界ならば
はじめから用などない
僕には必要ない
僕らの 持て余した正義を 使わせてよ

「さよなら」のないハローと
「仕方ない」のない未来と
鍵のないドアだらけの心で

未来が得意気に僕らを
見てきてもどうでもいいや
まだ僕らにゃやることがあるから

僕らの こぼれそうな奇跡を 使わせてよ

ただ、その一方でこの楽曲の主人公を「風」という無機物として捉えるのではなく、主人公である「帆高」の思いが描かれている楽曲として捉えることもできます。

それは「僕」という一人称が使われていることや、他の主題歌である「愛にできることはまだあるかい」が帆高目線で描かれていることから、「風たちの声」も帆高の思いを描いている可能性があるわけです。

 

そのように解釈した方が案外すんなり内容も入ってくるのかもしれませんが、帆高にとって「笑われないくらいの愛で変えられるくらいの世界」というのは家出のきっかけともなった実家や両親との関係性のことを表しているのかもしれません。

「笑われないくらいの愛」ということは人並みもしくは平均以下の愛情と言いますか、恋人が大切な人に寄せるような感情ではなく、当たり障りのない愛情であることがわかります。

帆高にとってはそんな素っ気なさすら感じるような愛情で自分の世界が変えられてしまうくらいならば、「はじめから用などない」わけですし「必要ない」わけです。

笑われないくらいの愛で
変えられるくらいの世界ならば

はじめから用などない
僕には必要ない

笑われてしまうほどの愛で
変えることのできる世界こそが

はじめから欲しかった
僕には必要だった

帆高が望んでいるのはそんな誰からも笑われもしないようなちっぽけな愛情がある世界ではなく、「笑われるくらいの大きな愛」のある世界。

そしてその愛の対象は帆高にとっては陽菜であり、そんな陽菜と共に変えていくことのできる世界こそが、帆高が本当に望んでいた世界なのではないでしょうか。

 

そのように考えると最後の「僕らの持て余した正義」というのは、「帆高と陽菜にとっての正義」ということになります。

そんな正義を「使わせてよ」ということは現実に「正義を使うことができない」状況があるわけで、そんな自分の正義すらも通せない世界に対して帆高が抱く思いを「風たちの声」として表しているというわけです。こちらの解釈の方がしっくりくる部分がありますね。

 

また、今回の「天気の子」は「賛否の分かれる作品」であるとも新海誠監督はコメントしていました。

そんな中で「僕らの持て余した正義」は誰にとっての正義で誰にとっての悪となるのか、そしてそれを映画を観ている僕たちはどのようにして受け取るのか。

「風たちの声」に耳をすませながら、本来は変えられないはずの「天気」とそれを変えられる帆高たちの様子を見守っていきましょう。

まとめ

ということで今回は、映画「天気の声」の主題歌であるRADWIMPSの楽曲「風たちの声」について、歌詞全文の意味やMVフル動画の解釈&考察を行ってきました。

まだMV動画やフルバージョンの歌詞全文が公開されていないために解釈や考察も難しい部分はありますが、少なからず今回の作品では「変えられないもの」と「変えることのできるもの」が対照的に描かれていると思います。

 

それは時に「運命」と呼ぶのかもしれないですし、今回の作品においては「天気」が該当するのかもしれません。

変えられないものと変えられるものとの間でこれからの時代を生き抜いていく、新しい世代に向けた新海誠監督の大切なメッセージが「天気の子」の物語には深く刻み込まれているはずです。

RADWIMPSの主題歌もそのメッセージを強調するものとして大きな存在感を発揮するでしょう、物語と合わせて楽曲の内容にも深く注目していきたいところです。


Related Post