「午後の紅茶」CM女子高生バンドメンバー役の女優・女性一覧|ジュディマリ原曲「Over Drive」がCMソングで復活し話題に。


今回は「午後の紅茶」の2019年最新CMにおいて女子高生バンドが歌うCMソング曲名であるジュディマリ原曲の「Over Drive」や、女子高生バンドメンバー役を演じている女優・女性の名前が誰なのかなど総まとめ的にチェックしていきたいと思います。

詳しくは記事内で後述していきますが、まさかJUDY AND MARYの名曲「Over Drive」を午後の紅茶のCMで聴ける日がくるなんて思いもよらず…数多くのYUKIファンが歓喜しているのではないでしょうか。

午後の紅茶のCMといえば上白石萌歌さんがスピッツの「楓」を歌い上げていることなどでも話題を呼んでいましたが、また過去の名曲を若い女の子たちがカバーし歌い上げるということで、馴染みのパターンにもなってきましたね。

こういうキャンペーンで若い人が知らなかった昔の歌を知ることができるのも非常に良いことですし、原曲を知っている人にとっては懐かしい気持ちが蘇り感慨深い部分もあるでしょう。

そんな素敵な試みが話題を呼んでいる午後の紅茶最新CM「わたしらしいって、最強だ。夏」篇について、詳しく見ていきましょう。

「午後の紅茶」2019年最新CM「#紅茶派 わたしらしいって、最強だ。夏」篇が公開

キリン 午後の紅茶 「わたしらしいって、最強だ。夏」篇 30秒

今回女子高生バンドによる爽やかな演奏が話題を呼んでいるのが、キリン「午後の紅茶」テレビCMの最新作「わたしらしいって、 最強だ。 夏」篇

タイトルの通り「自分らしさ」「夏の訪れ」を感じるようなとても溌剌とした内容となっており、2019年7月11日からのオンエアに先駆けて大きく話題を呼んでいます。

 

CMの内容はキリンが掲げる「いまの時代を生きる人たちが、無理をせずありのままに『自分らしく』いられることで、笑顔になれる」というコンセプトに沿った内容となっており、学校も境遇も異なる4人の女子高生たちがバンド演奏をする様子が描かれています。

その背景にも心震えるストーリーが込められており、4人の女子高校生たちはそれぞれ1人で楽器を楽しむ日常を送っていたのですが、SNSを通じてバンドを結成し「4人だけの文化祭開催」に向けて奮闘していくというもの。

以前は1人で楽器を演奏する中で自分らしさを見出せなかった4人の女性たちでしたが、仲間との出会いや一緒に1つの楽曲を演奏することを通じて「自分らしさ」を表現することの楽しさに気づいていくという、夏らしい爽やかな青春バンドストーリーとなっています。

 

そんな女子高生バンドのメインボーカルを務めるのは、女優やモデルとして活躍している南沙良さん。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

南沙良さん(@lespros_sara00)がシェアした投稿

南沙良さんといえば今回のCMがオンエアされる以前にすでに「午後の紅茶」CMのイメージキャラクターの仲間入りをしたことで話題を呼んでおり、早くも今回の夏の新CMでメインキャラクターを飾ることとなったわけです。

ちなみに南沙良さんが「午後の紅茶」のイメージキャラクターのデビューを飾ったのは、こちらのCM「紅茶派宣言 ありのままの私」篇

キリン午後の紅茶 「紅茶派宣言 ありのままの私」篇 15秒

紅茶を飲むと、笑顔になるのはなぜだろう。ありのままの私をくれるから、かな。

深田恭子さん、新木優子さん、リリー・フランキーさんが登場する「キリン 午後の紅茶」CMシリーズに、新たに南沙良さんが仲間入り。

深田さんはザ・マイスターズ ミルクティー、新木さんとリリーさんはおいしい無糖、南さんはストレートティー、それぞれがお気に入りの午後ティーを片手に素敵な笑顔で紅茶派宣言です。

紅茶を通じて「自分らしさ」を表現するという何とも粋な演出が話題を呼んでいるこちらのCMでは、深田恭子さん・新木優子さん・リリーフランキーさんという豪華面々に次ぐ形で南沙良さんが抜擢されました。

 

そんな南沙良さんが午後の紅茶にとっておなじみのイメージキャラクターとして浸透していくことは間違いないでしょう、今回の「わたしらしいって、 最強だ。 夏」篇の抜擢についても本人は以下のようにコメントし喜びを表していました。

今回初めてのバンドパフォーマンスで、最初は少し不安に思う部分もありました。

多少はアコースティックギターの嗜(たしな)みがあった時期もありましたが、 人前での演奏、ましてやバンドとして合わせるのは初めてだったので、ギターが得意なマネージャーさんにもお力をお借りし、私なりにたくさん練習をしました。

少しずつ形になってきたと思えた頃には「楽しい!」に変わっていました。全員で音を合わせることが出来た時にはとても爽快な気分になりましたし、メンバーとの一体感も感じることができました。

私は完成した映像を観て、思わず「午後の紅茶」を手に取りたくなりました。映像の後ろに積み重ねた練習と想いがありましたので、音を紡ぎ合わせた記憶が刻まれていて、とても嬉しく思いました。

自分らしさを大切にしながら表現をしたので、その想いをみなさんにも感じていただけたら、と思います。

普段はもちろんアーティストとしてではなくモデルや女優として演技などを行なっていくことが多い南沙良さんですが、コメントにもあるように今回のCM撮影においては大変なこともあったでしょう。

それでも、まさに本当に文化祭を作り上げていくときのような団結感だったり、仲間との絆を感じることができたということで、女優としても1つとても良い経験になったのだと思います。

何より南沙良さんらしさが滲み出た爽やかな仕上がりとなっているので、そんな撮影背景も意識しながらCMについてもチェックしていきたいですね。

「午後の紅茶」2019年最新CMでバンド演奏をする女子高生役の女優・女性の名前は?

キリン 午後の紅茶 「わたしらしいって、最強だ。夏」篇 30秒

そうして話題を呼んでいる午後の紅茶の2019年最新CM「わたしらしいって、 最強だ。 夏」篇ですが、バンド演奏をする女子高生役の女優・女性が可愛いと大きく話題を呼んでいます。

個人的にはSHISHAMOなどのガールズバンドがとても好きなため、自分も今回の午後の紅茶最新CMを見たときにはグッと惹かれる部分がありました。

メインボーカルは南沙良さんが務めていると前述しましたが、そんな話題の女子高生バンド役を演じたのは以下4人のメンバー。

  • 南沙良
  • 工藤遥
  • 田中芽衣
  • こばしり。

それぞれ南沙良さんは女優・モデルとして活動しており、一方の工藤遥さんは18歳でモーニング娘。を卒業し女優として活動しています。田中芽衣さんはモデルやブランドプロデュースを、そしてこばしり。さんは美容系YouTuberとして知られています。

というように、4人が4人それぞれ違った境遇・活動をしていることから、CMの文化祭を目指していく内容ともリンクしたキャストの抜擢となっているのです。

そんな4人を初めて知ったという人も少なからずいると思うので、ここからは簡単にではありますがそれぞれのプロフィールについて見ていきましょう。

「午後の紅茶」バンド演奏をする女子高生:南沙良のプロフィール

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

南沙良さん(@lespros_sara00)がシェアした投稿

名前:南沙良(みなみさら)

生年月日:2002年6月11日

年齢:17歳

出身:神奈川県

血液型:A型

身長:160cm

所属:レプロエンタテインメント

憧れの女性:新垣結衣

趣味:二次元をこよなく愛する(アニメグッズ収集)・仏像鑑賞

特技:タッチタイピング

まず、17歳の若手女優として活動している南沙良さんが芸能界入りを果たしたのは、2014年のことでした。

幼い頃から目立つことが好きな女の子だった南沙良さんは幼稚園頃から「女優」という仕事に就くことに漠然とした憧れがあったそうですが、そんな南沙良さんの思いを汲み取って小学校6年生のときに叔父がモデルオーディションを勧めたそうです。

しかもそのオーディションというのがあの有名雑誌「nicora」のオーディションで、第18回に当たるこのニコラモデルオーディションで南沙良さんは、なんと応募総数11256通の中からグランプリに輝いています。

当時は能年玲奈さんに憧れていたという南沙良さんは、「表現力豊かなモデルさんになりたいです」とインタビューでも語っており、その頃から整った容姿やピュアな性格が話題を呼んでいました。

 

そうして2014年にモデルデビューを果たした南沙良さんは以前から女優を目指していたということもあり、無事に舞台「ローファーズハイ!!」に出演を果たします。

「ローファーズハイ!!」はレプロエンタテイメント所属の女性タレントがローファーを履いた女子高生役に扮し、即興で歌い踊るという話題の舞台。ちなみに今も舞台は定期的に公演しています。

そんな話題作への出演に加えて南沙良さんは2017年の映画「幼な子われらに生まれ」で正式にデビューを果たし、「再婚相手の連れ子」という複雑な役どころを見事に演じ切り、報知映画賞・ブルーリボン賞新人賞にノミネートされるなど大きく注目を集めました。

映画『幼な子われらに生まれ』本予告

その他にも行定勲監督が手がけた、ロックバンド・レベッカさんの17年ぶりの新曲「恋に堕ちたら」のMVでの主演、「nicora」2018年2月号での初表紙への抜擢、2018年7月公開の映画「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」での映画初主演など、女優としてのキャリアを順調に積み重ねてきました。

それこそ憧れていた能年玲奈さんや王道ヒロインとしておなじみの新垣結衣さんのように、今後人気女優としてさらにブレイクしていくことが期待されている女優さんの1人です。

REBECCA 「恋に堕ちたら」Music Video(Full ver.)
南沙良&蒔田彩珠主演『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』予告編

透明感のある雰囲気や自然体な演技が光りますね、今回の午後の紅茶CMも「女子高生役」という南沙良さんの等身大の様子が垣間見れる素敵な抜擢だったと思います。

「午後の紅茶」バンド演奏をする女子高生:工藤遥のプロフィール

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

工藤 遥さん(@haruka_kudo.official)がシェアした投稿

名前:工藤遥(くどうはるか)

生年月日:1999年10月27日

年齢:19歳

出身:埼玉県

血液型:A型

特技:水泳

元モーニング娘。と知られている工藤遥さんですが、そもそも芸能界入りを果たしたのもモーニング娘。のデビューから。

2010年にハロープロジェクトのデビューを目指す子が集まる「ハロプロエッグ」に加入し、工藤遥さんはアイドルになるべくレッスンなどで経験を積んでいきました。

そして9期生オーディションでは残念ながら落選してしまいましたが、2011年に6000人もの応募があった10期生のオーディション「元気印」でその表現力や強い思いが評価され、晴れてモーニング娘。への加入が決定します。

ちなみに当時工藤遥さんは11歳11ヶ月での加入ということで、歴代最年少メンバーの加入として大きく話題を呼びました。その後は2012年の「ピョコピョコ ウルトラ」でデビューを果たしています。

モーニング娘。『ピョコピョコ ウルトラ』 (MV)

そしてモーニング娘。としての6年間の活動を経て2017年12月にグループを卒業、ハロプロエッグ加入当時の小学生だった工藤遥さんの成長した姿や最後の勇姿に心を打たれたファンも多かったことでしょう。

人懐っこくて愛着のある工藤遥さん、ハロプロの後輩であるアンジュルムのメンバーも卒業を惜しんでいたりと、数多くのファンやメンバーに愛されていたことが当時の様子からも伺えます。

アンジュルム・佐々木莉佳子 モー娘。工藤遥の卒業に“思い出し涙” 「マナーモード/キソクタダシクウツクシク/君だけじゃないさ…friends」発売記念イベント

そんな工藤遥さんはモーニング娘。卒業後はモデルや女優として活動しており、雑誌「ビッグコミックススピリッツ」での初表紙&巻頭グラビアや「快盗 戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」への出演など、以前にも増して幅広く活躍しています。

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャーでケボーンダンス!

ちなみに工藤遥さんは「ルパンイエロー」を演じていました、流石は元アイドルということでキラキラした表現や演技が光っていましたね。

「午後の紅茶」バンド演奏をする女子高生:田中芽衣のプロフィール

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

田中芽衣さん(@mei_tnk)がシェアした投稿

名前:田中芽衣(たなかめい)

生年月日:2000年1月28日

出身:熊本県

血液型:O型

身長:164cm

所属:クオリアム

趣味:フィルムカメラ・洋服

特技:ピアノ・ダンス

現在女優やモデルとして活躍する田中芽衣さん、その活動の始まりは2014年3月にギャル系雑誌「Ranzuki」に読者スナップで出演したことでした。

当時は一般人読者として雑誌掲載の声がかかった田中芽衣さんは、その後5月からは読者モデルへ、さらに12月には専属モデルになるなど破竹の勢いで成長していきます。

 

そして、田中芽衣さんのツイキャスを見た芸能事務所のスカウトが彼女に声をかけたそうですが、なんとその時は田中芽衣さんがいる熊本にまで足を運んですカウントしたんだとか。

確かにあれだけの逸材を放っておくことはできないとは思いますが、事務所の方の熱意が伝わってきますね。こちらも流石の一言です。

そうしてスカウトを経て芸能界入りを果たした田中芽衣さんはSNSを中心に若い世代から人気が出てきており、インスタグラムのモデルや私服姿の投稿はとても大きな反響を得ています。

そんなこともあってか若い女性に人気のファッション誌「JELLY」の専属モデルに最年少として加入し、その直後には表紙を飾るなどの快挙を成し遂げ、モデルとして一躍有名な存在となっていきました。

セレクトフェアリーユーザーセレクト( カラコン/USERSELECT Monthly/15s/田中芽衣)

また、SNSや雑誌だけでなくテレビでも2015年「天皇の料理番」2017年「先に生まれただけの僕」などに出演し、女優としてのキャリアを積んでいきます。

ちなみに2018年にはショートフィルム「七年目の化石」で主演を務め、その自然体で透き通った雰囲気が大きく話題を呼びました。

SNSを中心に若い世代がある田中芽衣さんは今後モデル・女優など幅広く活躍していくことが期待されていますし、今回の午後の紅茶CMへの抜擢(しかもドラム担当…!)も1つ飛躍への大きなきっかけとなることでしょう。

「午後の紅茶」バンド演奏をする女子高生:こばしり。のプロフィール

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

こばしり。さん(@lovetomato_24)がシェアした投稿

名前:こばしり。

本名:小橋明里(こばしあかり)

生年月日:1997年7月24日

年齢:22歳

身長:153cm

趣味:料理・ゲーム

人気女性YouTuberの筆頭であるこばしり。さん、名前の由来は小学校の時に男子にからかわれた言葉だということですが、おそらく本名である小橋明里から文字っているのでしょう。

そんなこばしり。さんは公表はしていないものの「GLAY」のボーカルであるTERUさんの娘ではないかと言われており、そういった話題性も含めて今注目のYouTuberの1人です。

 

そもそもこばしり。さんがチャンネルを開設したのは2017年の11月のこと、そこから活動を続けて早2年でチャンネル登録者数が数十万人にものぼっています。

そんなこばしり。さんはもとより「MAKEY」というメイク情報サイトで活躍しており、その当時からかなり有名だったことで知られています。

その「MAMEY」に載せていたメイク方法をわかりやすくするために動画を始めたとYouTuberになったきっかけも話しています、今ではチャンネルでメイクに限らず好きなゲームや料理などの動画も交えて投稿しており、若者を中心に人気を集めているのです。

[男性ウケ]うさぎメイクやってみた![狙ってみた結果]
バレンタインだし、お菓子つくるよ。

今回の午後の紅茶CMにはモデルさんや女優さんが抜擢されましたが、その中でも唯一YouTuberとして抜擢されたこばしり。さん。

その期待の高さが伺えますしCM内での様子も必見ですね、今後さらにCM出演など女優としての活動も増えていくかもしれません。

「午後の紅茶」2019年最新CMで女子高生バンドが歌うCMソングの曲名はジュディマリ原曲の「Over Drive」

「わたしらしいって、最強だ。夏」篇 完全版ショートムービー

さて、そうして改めて見ると超豪華&美形な4人のメンバーが奇跡的に集った今回の「午後の紅茶」2019年最新CMですが、話題を呼んでいるのはそんな女優さんたちキャストだけではありません。

というのも、南沙良さん・工藤遥さん・田中芽衣さん・こばしり。さんの4人が演奏しているCMソングの原曲は、あの伝説的なバンドJUDY AND MARYの名曲「Over Drive」なのです。

上記ツイートにもあるようにCM内で4人が演奏する楽曲の曲名を当ててみよう!というキャンペーンも行われていましたが、曲があまりにも名曲すぎてファンを中心にすぐにバレてしまいました。笑

 

ジュディマリの「Over Drive」はもう説明する必要のないほどの伝説的な名曲。1995年に7枚目のシングルとしてリリースされてからは、ドラマ「表参道高校合唱部!」の挿入歌などに採用されたりと世界中で愛されている楽曲です。

ちなみにそんな「Over Drive」はジュディマリにとっては初めてオリコンのTOP10入り(4位)を果たした曲でもあります、夏を感じさせる疾走感がたまらない至極の一曲ですよね。

歌詞だけ見てもメロディーが流れてくるくらい浸透している歌で、これでもかというほどに詰め込まれた圧倒的な解放感と疾走感が光る今もなお色褪せない名曲ですね。

まとめ

ということで今回は、「午後の紅茶」の2019年最新CMにおいて女子高生バンドが歌うCMソング曲名であるJUDY AND MARY「Over Drive」の歌詞や、バンドメンバー役を演じている女優・女性の名前が誰なのかなど総まとめ的にチェックしました。

ジュディマリの名曲であるオーバードライブを女子高生たちが歌う、というある意味ベタな演出であったかもしれませんが、名曲の世界観や4人の可愛らしさが相まって非常に素敵なCMとなっていると思います。

そしてCMの設定と同様に、南沙良さん・工藤遥さん・田中芽衣さん・こばしり。さんの4人はそれぞれ異なる人生を送ってきて、異なる「自分らしさ」を自身に見出しています。

そんな4人だからこそ表現できるあの爽やかさや雰囲気があると思いますし、「Over Drive」もジュディマリの原曲とはまた違った新しい魅力が出ているのではないでしょうか。

キリン 午後の紅茶 「わたしらしいって、最強だ。夏」篇 30秒

午後の紅茶のCMシリーズは何れにしても素敵なものばかりですね、また今後の最新CMもチェックしながら楽しんで観させていただきたいと思います。


Related Post