猿でもわかる カンタ

【解釈&考察】カンタ「猿でもわかる」歌詞全文の意味やMV動画のロケ地をチェック|米津玄師っぽいダンスと水溜りボンドの歌唱力が超話題に。


人気YouTuber「水溜りボンド」のカンタさんがリリースした楽曲、「猿でもわかる」。

Yahoo!ニュースにも取り上げられYouTuberが発表した楽曲の中でも特に注目を集めているこの「猿でもわかる」ですが、シンプルに良い曲だと思いますしMVなんかはめちゃくちゃイケてます。

今回は個人的には音楽番組で披露して欲しいくらいのこの楽曲について、歌詞全文の意味の考察・解釈やロケ地、米津玄師の楽曲と似ていると言われている件についてまとめてチェックしていきたいと思います。

水溜りボンド カンタ「猿でもわかる」公式MVがお洒落すぎると話題に

カンタ 「猿でもわかる」【Official Music Video】

さて、今回大きく話題を呼んでいるのがこちらの楽曲「猿でもわかる」。

2015年1月1日に活動を開始して以来1日も休まずに動画投稿していることで知られる人気YouTubeユニット「水溜りボンド」カンタと、後輩のキイチが扮する「お猿さん」にフィーチャーした楽曲となっています。

 

見てわかる通りこの「猿でもわかる」はめちゃくちゃお洒落な楽曲で、公開開始から間もなくして再生回数は10万回近くまで伸び、その話題性はあのYahoo!ニュースでも取り上げられるほど。

いつもは都市伝説系だったりドッキリ系だったりYouTuberらしい投稿がメインとなっている水溜りボンドですが、いきなり本格的な楽曲を公開したということもあり、そのクオリティと突発性に驚いた人も多いでしょう。

「猿でもわかる」楽曲とMVの制作陣についてはまた詳しく後述していきますが、歌は水溜りボンドのカンタ・作詞作曲は元「ぼくのりりっくのぼうよみ」で知られるたなか・MVは三浦大知などのMVを手がけてきた若手敏腕MV監督のYPというように、これでもかというくらい豪華な面々で今回制作されました。

そもそもカンタ・キイチのお猿さんが誕生したきっかけ

相方が突然「お猿さん」になっちゃうドッキリwwwwwww

そもそも今回の「猿でもわかる」MVに登場するお猿さんについて知らないという人もいるかもしれないので説明すると、カンタとキイチ扮するお猿さんが初登場したのはこちらの動画。

「相方が突然「お猿さん」になっちゃうドッキリwwwwwww」と題し公開されたこちらの動画は今ではおなじみになっているお猿さんが初登場しましたが、元はと言えば「動画が1000万回再生された記念に仕掛けたドッキリ」が誕生のきっかけでした。

 

というのもそもそもこの動画が公開されたのは、2018年3月に公開された以下「相方が逮捕されたドッキリがヤバい展開になったww」がなんと1000万回再生を超えるという快挙を成し遂げたため。

相方が逮捕されたドッキリがヤバい展開になったww

数年間にわたり絶えず動画投稿を続けてきた水溜りボンドにとっては念願とも言えるべき1000万回再生、それを祝う(?)形でカンタとキイチはお猿さんに扮することに。

1000万再生の動画本当に嬉しいです。そんな動画一生でないと思ってました。

昔は100再生、1000再生取ることが本当に嬉しかったです。

今もその気持ちを忘れずに初心に帰ったらとんでもないことになりました。

お猿さんがお披露目された動画ではこのように水溜りボンド本人も口にしていますが、お猿さんになってしまうほど嬉しかった…ということかもしれません。笑

ちなみに数々のドッキリを仕掛けてきた中でこの逮捕劇のドッキリが大ブレイクし、「じゃあカンタが一番最初に考えたドッキリ」をやってみようということで「相方がお猿さんになる」という動画を制作したということでした。流れが秀逸ですね…。

カンタ「猿でもわかる」MVを制作した超豪華メンバー

新メンバーが入ることになりました

そんなファンの間でも愛されキャラとして定着しつつあったカンタとキイチのお猿さんにフィーチャーした「猿でもわかる」ですが、やはり注目すべきはその楽曲とMVのクオリティの高さ。

アーティスト顔負けというよりもはや水溜りボンドはアーティストとして活動を開始したのかと思うくらいのレベルでしたが、「猿でもわかる」楽曲・MV制作の制作に関わったのは超豪華な面々だったのです。

  • 作詞:たなか
  • 作曲:たなか/ケンカイヨシ/佐々木秀尚
  • 編曲:ケンカイヨシ/佐々木秀尚
  • ギター:佐々木秀尚
  • MV監督:YP

このような豪華面々で制作された楽曲ですが、上記動画にあるように元「ぼくのりりっくのぼうよみ」のたなかが制作に加わったことは今回非常に大きかったでしょう。

 

元はと言えば水溜りボンドのトミーがカンタのお猿さんに可能性を感じ(?)、楽曲の制作をほぼ勝手にたなかに依頼したことが事の始まりでした。トミーの行動力と流石の人脈おそるべし…。

上記動画でもその様子が描かれておりお猿さん扮するカンタも事の大きさに驚きを隠せない様子でしたが、さらにトミーは邁進。

猿のミュージックビデオを撮ってほしいんですよ。

お前の作ったMVが水溜りのチャンネルに載るのが夢だから。

という熱い想いをカンタに告げMV制作を依頼し、結果としてカンタの友人である映像作家・YPの協力も決定。

さらには「猿もちゃんとかっこいい方がいいんじゃない?」というYPの提案により、オリエンタル・コンテンポラリーダンサーとして活動するPadmaに、お猿さんは1週間の間コンテンポラリーダンスのレッスンをしてもらうことにまで進展。

もはや事態はどこまで大きくなっていくか…という中で豪華なMVと楽曲が公開され、「猿でもわかる」は一躍大きな話題を呼ぶことになったのでした。

 

ということであまりのクオリティの高さに制作陣の面々について気になった人もいるかもしれません、ここからは簡単にではありますがプロフィールを紹介していきたいと思います。

「猿でもわかる」作詞作曲:たなか

ぼくのりりっくのぼうよみ「人間辞職(Live)」

元シンガーソングライター「ぼくのりりっくのぼうよみ」として活動していた彼ですが、今では俳優名を「たなか」として新たな活動を再開しています。

元はと言えば2012年よりハンドルネーム「紫外線」として音楽活動をしていたたなかは、その後「ぼくのりりっくのぼうよみ」に改名し、2014年に10代限定の音楽オーディション「閃光ライオット」でファイナリストに選出され大きく話題を呼びました。

ちなみにぼくりりの名前の由来は「自分で作った曲が棒読みみたいだったから」なんだとか、その楽曲センスとハイトーンでセンシティブな歌声に魅了されたファンの方も非常に多いのではないでしょうか。

「猿でもわかる」作曲編曲:ケンカイヨシ

「猿でもわかる」作曲と編曲を担当したのは関東在住の音楽プロデューサー、ケンカイヨシ。別名「Loyly Lewis」とも名乗り活動しています。

エッジの効いたサウンドとジャジーでお洒落なポップスが印象的なケンカイヨシの楽曲は、数多くの人々をこれまでにも魅了してきました。

ぼくりりたなかとは2017年リリースの「playin’」以来の音楽パートナーで「葬式」などの楽曲も手がけているほか、たなか以外にもシンガーソングライターの焚吐など多くのアーティストの楽曲を手がけている敏腕プロデューサーです。

「猿でもわかる」作曲編曲ギター:佐々木秀尚

BOSS KATANA AMP Demonstration

ケンカイヨシと共に「猿でもわかる」作曲と編曲を担当し、ギターの演奏としても参加したのは、ギタリストとして活動する佐々木秀尚。

佐々木秀尚は敏腕ギタリストとしてその圧倒的な技術力の高さで知られていますが、ぼくりりの「葬式」ライブでもギター演奏を担当しており、たなかとは以前から交友があったことでも知られています。

ケンカイヨシもそうでしたが、このような豪華な面々とカンタが今回コラボレーションすることになったのは、ぼくりりたなかのこれまでの活動と人脈が大きかったのでしょう。

ぼくのりりっくのぼうよみ ラストライブ “葬式” 2019/1/29

「猿でもわかる」ディレクター:YP

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

YPくんと猿 #同世代 #猿 #さる #ザル

カンタ(水溜りボンド)さん(@kantakantakantakantaktkt)がシェアした投稿 –

「猿でもわかる」MVのディレクターや監修を務めたのは、1994年生まれの若手敏腕映像作家のYP。カンタとは元より交友があり声がかかったYPですが、業界では知らない人はいないほどの超有名映像作家さんです。

その若さと技術力の高さが光るYPは森永乳牛リプトンテレビCM「夢を追いかける人」篇を、20歳当時に最年少CMディレクターとして手がけたことで大きく話題を呼ぶことに。

その後は株式会社VAZのWEB CM「JAPANESE BUZZ」の監督を務めたり、MIYAVI7度目のワールドツアー「DAY2」にドキュメンタリーディレクターとして帯同したり、MIYAVI・KREVA・三浦大知のコラボMVの制作も行ったり…というようにお猿さんのMVを作るには豪華すぎると言える凄腕の映像作家として知られています。

JAPANESE BUZZ | 侍イヤホンガンガンかまってスク水双子10回アクロバット女装筋肉角度ダンス魔貫マネキン着席ドント全然MiMiMiアイスPPAP女子高生 【VAZ inc.】
「Rain Dance / MIYAVI vs KREVA vs 三浦大知」Music Video

「猿でもわかる」ダンスレッスン:Padma

Padma 2016 (Oriental contemporary & Gypsy dance)

そして「猿でもわかる」MVの撮影に際してコンテンポラリーダンスのレッスンをカンタに施したのは、オリエンタルコンテンポラリーダンサーのPadma。

ジプシーダンスやベリーダンスなどを主に国内外でグローバルな活動を繰り広げるPadmaは、浅草サンバカーニバルなどにも出場したり、歌手にダンスレッスンを施したり、創作舞踊を時には行ったりと、敏腕女性ダンサーとして知られています。

「猿でもわかる」カンタ・ぼくりりたなか・ゆゆうたの非公式MVも公開

カンタ&たなか&ゆゆうた 「猿でもわかる」【Unofficial Music Video】

というように超豪華な面々で制作された楽曲「猿でもわかる」ですが、そのコラボはさらに広がりを見せることに。

公式MVが公開されて間もなくして上記「Unofficial Music Video」バージョンが公開、キーボードの弾き語りで知られる人気配信者・鈴木ゆゆうたとの豪華コラボでした。

いわゆる非公式バージョンのこの動画ではぼくりりたなかも参加しおなじみの歌声を披露、ゆゆうたの声量の大きさが否めませんがめちゃくちゃシュールで面白い仕上がりになっています。

 

そもそもカンタとゆゆうたには因縁というか、以前から交友がありました。

元はと言えばYouTuber「たっくーTVれでぃお」がカンタをひたすら褒め称えるという狂気の替え歌「canta life」なる楽曲を公開、そしてたっくーと交流のあるゆゆうたがコラボして一緒に「canta life」を歌うという事態に発展。

【ゆゆうた激アツver.】canta life

もうこの時点で十分面白いのですが、さらに面白いのが2人とカンタは会ったこともなく仲が良いというわけではないというところ。

それなのにこのラブコールっぷりには流石の水溜りボンドも反応せざるを得ない状況で、その後以下動画内「電話をかけたらcanal lifeが流れる」という流れで楽曲を取り上げる結果に。

 
050-5359-7534(※間違い電話には十分ご注意ください)

そしてラブコールが無事に届いたということもあり、結果としてたっくーの動画にカンタ自らが登場。ゆゆうた含め3人でコラボするというシュールで面白い状況になったのでした。

 
【カンタ君本人ver.】canta life
キャンタ君に直接ガチで告白してみた

 

しかし、これでみんな仲良し一件落着…と言いたいところだったのですが、コラボの後なぜかカンタがゆゆうたをツイッターでブロック。本人曰く「コラボした後にブロックしたらお面白い」とのことで、もはやどういう状況なのかわからない状態に…笑。

でもまあ何れにしても仲が良いということで、今回の「猿でもわかる」での再コラボも実現したのでした。

カンタ「猿でもわかる」歌詞全文と意味を考察

ここからはカンタ「猿でもわかる」楽曲やMVの詳細について考察していきましょう、まずは歌詞の意味から。

「猿でも分かる」

作詞・たなか
作曲・たなか/ケンカイヨシ/佐々木秀尚
編曲・ケンカイヨシ/佐々木秀尚
ギター・佐々木秀尚

猿でも判るような そんな事実から目を背けて
あの花に手を伸ばした 未来の自分を傷つけて
誰が 誰が
この衝動を止められるでしょう 無理な相談ね
すべてを台無しにすることで
願いが叶うなら 猿以下でいい

ああ もう夜も更けてきて
世界に僕と君の二人だけ
何かを手に入れたいなら
裏側の失う痛みも味わえと

ああ 禁断に手を伸ばす
あの二人の気持ちも解るでしょう
何食わぬ顔して 朝を待って
幸福の代わりに 傷を増やして

猿でも判るような そんな事実から目を背けて
あの花に手を伸ばした 未来の自分を傷つけて
誰が 誰が
この衝動を止められるでしょう 無理な相談ね
すべてを台無しにすることで
願いが叶うなら 猿以下でいい

何重にも巻き付いた鎖
出来ることならここから立ち去り
I got it, I got it 不可能にhands up
のらりくらり生きるのには向かない

本当にくだらない 終わる時には背を向けて笑いたい
痛い 痛い deny deny
どこにもないニライカナイ
片翼もがれた世界に意味はない
あなたを失ってまで生きたくはない

猿でも判るような そんな事実から目を背けて
あの花に手を伸ばした 未来の自分を傷つけて
誰が 誰が
この衝動を止められるでしょう 無理な相談ね
すべてを台無しにすることで
願いが叶うなら 猿以下でいい

出典:カンタ 「猿でもわかる」【Official Music Video】

こちらが楽曲フルバージョンの歌詞となるのですが、シンプルに素敵な歌詞ですし流石はぼくりりたなかといったところ。ワードセンスが光ります。

お猿さんにフィーチャーしているということもあり少しシュールでネタ要素も含まれるこの動画は、歌詞について深く考察するべきではないような感じも否めませんが、基本的には「水溜りボンド」のことや「YouTuber」「カンタ自身のこと」にフォーカスしているものだと思われます。

 

あくまで個人的な解釈に過ぎませんが、「YouTuberになる」「好きなことで生きていく」ということには何かしらの代償が伴います。

例えばそれは普通の会社に就職して安泰を願うことだったり、それこそそれは社会の常識であり「猿でも判るようなそんな事実」なのかもしれません。

 

でも、それでもカンタは「この衝動」を止めることはできない。「毎日投稿=何重にも巻き付いた鎖」という重圧に耐えられず逃げ出したくなる時もあるけれど、YouTuberとして表現者として人を楽しませることはやめたくない。

もちろん動画の再生回数が伸び悩み「裏側の失う痛み」を味わうことや、世界にカンタとトミーの2人しかいないような孤独感を味わうこともけれど、何より「片翼もがれた世界=トミーのいない世界・自分の本心に嘘をついて生きていく世界」でなんか生きたくない。

 

たとえ未来の自分を傷つけてもいい。キャリアがどうとか安泰がどうとか、そういうことじゃなくて。

すべてを台無しにして「願い=一般的な幸せ=カンタの思う幸せとは違うもの」が叶うのなら、自分は自分の思う幸せを追い求めて、猿以下でもいいからやりたいことをやり続ける。

  • 好きなことをして生きていきたい。
  • 常識なんかに縛られたくはない。
  • たとえ失うものがあったとしてもトミーと乗り越えていきたい。

そういった水溜りボンドやYouTube業界、一般常識、世間、トミー、そしてカンタ自身に対する思いが込められている歌詞なのではないかなと個人的には解釈しました。

カンタ「猿でもわかる」MVが撮影されたロケ地

素敵な歌詞でもあるカンタの「猿でもわかる」ですが、MVの完成度の高さからも目が離せません。

映像作家のYPが手がけたMVはどこか寂しくエモーショナルな雰囲気がありつつも、高揚する気持ちが表現されていたり、人としての情緒をくすぐられる素晴らしい作品。

 

そのロケ地について気になるところですが、MVの概要欄に撮影協力のクレジットが表記されていた以下撮影地が主なロケ地だと思われます。

  • デイ・ナイト株式会社
  • 深川ギャザリア
  • 川角ロケーションサービス
  • 水溜りハウス

「デイ・ナイト株式会社」は映像作品にロケ地を貸し出すロケーションサービス事業に取り組んでいる会社で、その中でも今回は「田町グランパーク」がMVの撮影に貸し出されていました。

該当シーンはMV後半の屋上のシーンに当たりますが、この田町グランパークはパオパオチャンネルの「ロケットサイダー 踊ってみた」動画の撮影で使われたことでも知られています。実際にカンタもツイートしていましたね。

【@小豆とぶんけい】ロケットサイダー踊ってみた【オリジナル振付】

ちなみにカンタとパオパオチャンネルのぶんけいはとても見た目が似ているということもあり、以前「ロケットサイダー踊ってみた」を水溜りボンドがオマージュした動画も公開されています。

今回「猿でもわかる」で田町グランパークを使用したのも、パオパオチャンネルに対する思いが影響している部分もあるのではないかなと感じました。

【カンタと@小豆】ロケットサイダー踊ってみた

 

また、東京都江東区に位置する「深川ギャザリア」と埼玉県所沢市に位置する「川角ロケーションサービス」、そして水溜りボンドではおなじみの動画撮影場所(&住居?)である「水溜りハウス」でMVの撮影が行われていることがわかっています。

MVにはこのように水溜りハウスにある物だったり景色が描かれているシーンが多いので、ちょっとした隠し要素を探すような感覚で「猿でもわかる」MVを見てみるのも面白いかもしれません。

それこそ「猿でもわかるのロケ地巡り」なんかも面白そうですね、猿の格好をして再現した動画なんかも出てきたら興味あります。

カンタ「猿でもわかる」は米津玄師っぽいとも話題に

ちなみに今回公開された「猿でもわかる」は、「米津玄師っぽい」ということでも大きく話題を呼んでいます。

というのも上記にあるように米津玄師の楽曲「Flamingo」「LOSER」などのMVにとても雰囲気や世界観が似ていると言われているんですね。

 

実際に楽曲を見比べてみると確かに似ている感は否めない、かもしれません。というよりオマージュとして意識して制作されたような気もします。笑

米津玄師 MV「Flamingo」
米津玄師 MV「LOSER」
カンタ 「猿でもわかる」【Official Music Video】

ただ、一応双方のロケ地は全く同じところではないですし(LOSERの屋上は東京都新宿区にある「芸能花伝舎」)、YPさんはじめ多くの制作陣が関わっていることですから、パクリとは言わず似ているくらいの認識で納めておくのが良いかなと思います。

何れにしても「猿でもわかる」のシュールさが改めて伝わる比較ですよね…カンタのお笑いセンスは流石の一言です。笑

まとめ

ということで話題沸騰中のカンタの楽曲「猿でもわかる」について、歌詞全文の意味やロケ地に関する考察など総ざらい的にチェックしてきました。

改めて見てもとても素敵な楽曲ですしクオリティの高すぎるMV作品となっていますが、カンタは以下のようにツイートしていました。

「小さい頃から憧れていた夢を叶える」

これは確かにYouTuberだからこそできることだと思いますし、これまで努力を絶えず続けてきたカンタやトミー、水溜りボンドだから実現できたことでもあります。

そしてそれは同時に「素人でも努力し続ければここまでできるんだ」ということを証明した作品でもありました。

 

歌詞に込められたカンタの思いのように、これからもトミーと二人三脚で人に勇気を与える姿をファンとしても応援し続けたいと思います。


Related Post