【スマブラSP】Zackray/ザクレイのキーコン設定と使用コントローラーは?ガチプロのおすすめキーコンフィグも紹介。


Genesis 6での日本人唯一のベスト8進出を始め、Frostbite、Prime Sagaなど海外の大規模大会でも大きな成果を残している、GameWite所属のザクレイ選手。

最近では日本最大規模の公式大会「スマブラSP 日本選手権」にて準優勝するなど、ザクレイ選手の強さと日本を代表するスマブラプレイヤーという肩書きに異論を述べる人はほとんどいないでしょう。

今回はそんなザクレイ選手について、気になる使用コントローラーやキーコンの設定などについてチェックしていきたいと思います。プロを目指すという方もそうでない方も、ぜひ今の日本を牽引するプレイヤーであるザクレイ選手のスタイルについて何か参考になる部分があれば幸いです。

Zackray/ザクレイの使用コントローラーはプロコンか

まず、ザクレイ選手が使用しているコントローラーについて見ていこうと思いますが、彼が普段使いから大会に出場する際まで基本的に使用しているのはプロコンです。

ソースは質問箱になりますが、流石の超有名選手ということで質問箱に「どのコントローラー使ってるんですか?」という質問も大量に寄せられるようで…少しうんざりしているようなところも垣間見れました。

 

と、スマブラSPもといNintendo Switchにおいては基本搭載のジョイコンの他に、プロコン、GCコン、ホリコンなど多様なコントローラーの使用に対応しているわけですが、ザクレイ選手がその中からプロコンを選んでいる理由はどういったものなのでしょうか。

具体的にそのことについて言及しているケースはあまり見受けられませんでしたが、ツイッターでコントローラーの使用について以下のように発言しているのを発見しました。

この意見には個人的にも同論で、GCコンとプロコンの明確な違いというのは実際にないように感じるケースが多いです。ちなみに自分は普段GCコンを使用しています。

というのも、もちろん手にとってみた感触やプレイ感にこそ多少の違いはあれども、基本的にやることは同じというのがスマブラの特徴でもあると。そういった中で大事なのは「使い慣れているかどうか」「自分が使いやすいと感じるかどうか」ということなので、トリガーボタンなどの違いこそあれどそこまで明確な違いというものはないというのが持論です。

ザクレイ選手についても、プロコンの発売自体は2017年の3月だったわけですが、Nintendo Switchにおいてはプロコンを使うケースが多かったのではないでしょうか(スマブラに限らず)。

そういった理由からプロコンを「使い続けている」というのが実際のところでしょう、細かい動作が要求されるプロの世界においてはコントローラに関しては「使用感」「手慣れ」といった部分が大切な要素となってくるので、そういった理由からプロコンを使用しているのだと思います。

ジョイコン・GCコン・プロコンの違い

さて、ではそれぞれのコントローラーにはどういった違いがそもそもあるのか、ということについても見ていきましょう。

ジョイコン

ジョイコンといえば特段細かい説明は必要ないのではないかなとも思いますが、Nintendo Switchにデフォルトで付属しているコントローラーのことを指します。

その特徴は、何といってもそのコンパクトさでしょう。両手に軽くおさまるそのサイズ感だったり各ボタンのミニマムさだったり、もちろんその特徴に押しづらさを感じるユーザーもいるかもしれませんが、比較的万人に受ける使いやすいコントローラーであることは確かでしょう。

 

ただ、スマブラSPもといアクションゲームなどにおいては多少の苦難もあるかもしれません。何よりも任天堂64・ゲームキューブ・Wii・Wii Uといったようにこれまでリリースされてきたスマブラ作品においては、GCコンをはじめとしたジョイコンよりも少し大きめのコントローラーを使ってプレイするケースが多かった人がほとんどでしょう。

先述した「慣れ」の問題こそまさにそうですが、GCコンを使い続けてきたような人にとってはジョイコンはどこか慣れない、使いにくいと感じる部分があるかもしれません。

一応パーティーゲームだったりコントローラーの数合わせが必要な場面だったり、そういったケースにおいては非常に重宝できるコントローラーではあります。

GCコン

続いてGCコンについて、言わずもがな数多くの任天堂ユーザーがお世話になったであろうゲームキューブコントローラーです。

Nintendo Switchで使用するためには別途接続タップが必要にはなりますが、コントローラーの種類の中では最も使用スマブラプレイヤーが多いコントローラーなのではないでしょうか。

ゲーム性との相性という点においても、アクションゲームに向いているサイズ感であったりボタンの押し感であったり、スマブラSPにおいても非常に使用しやすいコントローラーです。

 

また、GCコンは特にDX世代・Wii世代にとっては非常に手になじむ感覚の強いコントローラーであることも確かでしょう。スマブラは64からみるみるうちにプレイヤー人口を伸ばしてきたわけですが、今最前線で活躍しているプレイヤーなどにおいても64版あるいはDX版あたりからプレイし続けている人が多いと思います。

そういった中でやはり長年使用し続けているGCコンは非常に使い勝手が良いところがあるでしょうし、それはプレイ中の動作においてもプレイヤーを大きく手助けるるものとなるでしょう。ザクレイ選手が言っていたようにGCコンを使い続けてきた人は、そのままGCコンを使っていくというのは理にかなっていると思います。

ただしもちろん古い型番のコントローラーではあるのでホーム画面に戻るためのボタンがないために、ホームに戻る際にはジョイコンを使って…といったように手間がかかってしまうのは難点といえば難点かもしれません。RLボタンがトリガー仕様になっているのもジャストガードなどの操作において不便を感じる人も、場合によってはいるかもしれませんね。

プロコン

最後にプロコンですが、これは公式が「Proコントローラー」として発表したということもあり流石にコントローラーとしての質は高いものがあります。

ジャイロセンサーの搭載など機能性も高いことで知られていますね、それこそスプラトゥーンなどにおいてはプロコンユーザーは非常に多いように感じます。

 

難点としてはザクレイ選手も先述していたように、多少値が張るという部分でしょう。スマブラは操作性からコントローラーが少し壊れやすいという特徴もあるので、スティック部分などが壊れてしまい入力に不便が生じてしまうというのはスマブラでは致命的なことです。

その他にもホリのクラシックコントローラーなどもありますが、何れにしても自分の使用感だったり慣れを中心に使用コントローラーについては決定していくのが賢明かなと感じます。

Zackray/ザクレイのキーコン設定は?

といったように各コントローラーの違いについて簡単に見てきたわけですが、当のザクレイ選手はプロコンを使用しているということでしたね。

ではそんなザクレイ選手ですがキーコンの設定はどのように行なっているのか、というのも気になるところ。Twitterではこのように質問箱に答えている場面もありました。

と、あまり手の内は明かさないのかなと思っていたのですが、上記のようなキーコンについての質問があまりにも多かったということで、以下のように画像にてキーコンの設定を公開しているのを見つけました。

ツイートのリプライでキーコンに関する解説も追記しているのですが、基本的には空中での立ち回りを意識してこのようにキーコンを設定しているとのこと。

ただキーコンそのものには特段こだわりという部分はそこまで多くはなく、上述しているようにキーコンを設定していなくとも強い人がいるというのは確かなので(Nairoなど)、そこまで特異なキーコン設定というわけでもないですね。

キーコンの設定に悩んでいるという方は、プロの選手がどういった意図で設定を施しているのか(ザクレイ選手でいえばジャンプ攻撃に関する意図など)を意識しつつ、参考に取り入れてみるのが良いかと思います。

その他ガチ・プロなど有名プレイヤーのキーコン設定。

さて、それでは最後にザクレイ選手以外のプロ・有名選手などのキーコンに関する意見や設定を見ていきましょう。色々なケースに触れる方がイメージやイノベーションも湧きやすいでしょうし、多様な意見を取り入れて自分独自のキーコン設定を施していってみてください。

【スマブラSP】キーコン徹底解説!ガチ勢のキーコンと初心者におすすめの設定を紹介します!! | SmashlogTV
【スマブラSP】おすすめコントローラーはこれだ!キーコンや入力方法は?? | SmashlogTV
にえとのプロが教えるガチ勢への道Part.2【スマブラSP】
【スマブラSP】周りに差をつけるズルい空後の出し方公開!初心者小池が一瞬で習得しRAINベタ褒め!【スマブラ スイッチ】
【スマブラSP】最強のボタン設定!?見ないと絶対にvipにいけない!!!【初心者は絶対に見るべき】
【スマブラSP】おすすめのボタン設定 詳しい理由【キーコン】
【スマブラSP】初心者からガチ勢に!! スマブラ講座0限目『キーコンフィグ&コントローラー』手元有り【ポルンガ塾】

色々な意見がありますがそれぞれ参考にするところを自由に取り入れつつ、他でもない自分がプレイしやすいようなコントローラー・キーコンを探っていきましょう。


Related Post