【スマブラSP】Zackray/ザクレイはいつからGameWith所属のプロなのか|主な経歴・戦績・デビュー・スマブラ歴などをチェック。


「Zackray/ザクレイ」スマブラSPをプレイする人であれば、その名を聞いたことがないという人もあまりいないのではないでしょうか。

スマブラ for Wii U時代に彗星の如く現れ、今では「スマブラ最強の高校生」としてその名をスマブラ界に馳せているザクレイ選手。ウルフを中心とした多様なキャラを使用したプレイスタイル、攻撃的な一面を見せつつもその内面は非常に冷静沈着。

日本国内にとどまらず海外の選手たちをも圧倒していき、今のスマブラ業界を牽引するプレイヤーの1人といっても異論はないでしょう。

今回はそんなザクレイ選手について、今はプロとして活躍しているわけですがいつからプロプレイヤーとして活動しているのか、その他にも経歴や戦績についても合わせてチェックしていきたいと思います。

Zackray/ザクレイのGameWith所属が決まったのはいつ?

まず、プロのゲーマーというのはどこかの企業であったりプロのチームというものに所属するのが基本です。

今や日本を代表するプロスマブラプレイヤーであるザクレイ選手ですが、彼は株式会社GameWithに所属するプロのゲームプレイヤー。

そんなGameWith自体に所属することとなったのは2019年1月24日のこと、強豪のスネーク使いとして日本で広く知られているShogun/しょーぐん選手と同時に所属が決定する形で、プロゲーマーとしてのデビューを飾りました。

プロのゲームプレイヤーということで会社からの支援ももちろんあります、海外開催のGenesis 6にはGameWith所属が大きく援助となり参加が決定。海外デビューをするきっかけにもなりました。

 

株式会社GameWithといえば国内大手ゲーム会社として知られていますが、今回スマブラSPにおいて「プロ」を招集することになったのは、やはりeスポーツ業界の発展が大きい影響を与えています。

これまではゲームアプリ情報の攻略サイトやゲームアプリのリリースなどプロダクト単位の事業がメインだったわけですが、そういった企業がeスポーツ事業を新たに組み始める、そしてプレイヤーと契約してゲーム業界を盛り上げていくというのは非常に良い流れでしょう。

プレイヤーにとっても上記のように遠征資金の援助をもらうことができたり、活動そのものにも経済的かつ精神的余裕が生まれます。これはゲームをプレイする人間、特にプロとして本格的に活動していきたい人にとっては欠かせないことですね。

Zackray/ザクレイの主な経歴・戦績・デビュー・スマブラ歴など

さて、そんな「GameWith所属」という肩書きを得たザクレイ選手の主な経歴についてもチェックしていきます。

まず、ザクレイ選手によればスマブラを初めてプレイしたのは5歳ほどのとき。そのような幼いときからスマブラに触れていたということですが、当時の作品はスマブラDXに当たりますね。

平成に生まれた日本男子であればスマブラに触れる機会というのはほぼ必然といってもいいほどのビッグタイトルなわけですし、幼稚園・小学生くらいのときからゲームを始めていたというのも特に違和感はないですよね。個人的な話にはなりますが自分も幼少期にスマブラ64を始めたのが大きなきっかけでした。

 

ただ、スマブラDXから始めたとは言ってもザクレイ選手は当時は5歳ほどの幼少期。もちろん大会などにいきなり出るわけではないでしょうし、今のプレイスタイルなどを見ていると天性のものを感じるかもしれませんが長らくプレイし続けてきた結果として今があるのでしょう。

目に見える戦績を残し始めたのも、実際にはスマブラ for Wii U時代に突入してからのことでした。

まず簡単に、ザクレイ選手が大会で結果を残すようになった2017年・2018年の戦績から見ていきましょう。

2017年

  • ウメブラ26 スマブラWiiU 97位(カムイ)
  • ウメブラ28 スマブラWiiU 33位(カムイ)
  • ウメブラ29 スマブラWiiU 49位(カムイ)
  • ウメブラ30 スマブラWiiU 25位(カムイ)

2018年

  • 大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U niconicoチャンピオンシップ2018@闘会議2018 13位(カムイ)
  • 春拳 Spring Fist powered by Twitch Prime スマブラWiiU ベスト8 Rain(クラウド)/ザクレイ(カムイ)
  • ウメブラ31 スマブラWiiU 9位(カムイ)
  • ウメブラ32 スマブラWiiU 9位(カムイ)
  • ウメブラ33 スマブラWiiU 7位(カムイ、マルス、ベヨネッタ)
  • ウメブラ34 スマブラWiiU 3位(カムイ、マルス、ベヨネッタ、ディディーコング)
  • 大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U ウメブラ FINAL for Wii U 17位(カムイ、マルス、ベヨネッタ)
  • ウメブラSP スマブラSP 9位(ウルフ)

こうして見てみるとわかりやすいですが、ザクレイ選手は最初にカムイを使って大会に出るケースがかなり多かったのです。こうしてカムイを使用し大会で結果を残していく中で、当時は中学生だったザクレイ選手ですが「日本最強のカムイ使い」としてその名が徐々に広がっていったのでした。

それは2018年に入ってからも同様で、時にはマルスやベヨネッタやディディーコングなどの他キャラを使うケースもありましたが、基本としてメインにはカムイを据えて数多くの大会で結果を残しています。

その順位自体も、2017年には2桁順位の結果が多かったわけですが、翌年にはほぼ全てが1桁順位の結果となっておりプレイヤースキルの熟練度が増していっているのも見てとれます。

 

ちなみに2018年度のJAPAN Power Rankingでは8位に見事ランクイン。

あばだんご、KEN、かめめ、しゅーとん…など今でも大きく活躍しているような強豪選手の中に名を連ねることになったわけですが、その若さも関係ないというくらい日本プレイヤーの中での存在感を大きく放っているのでした。

 

そしてその翌年の2019年には、スマブラSPの発売を機にさらにスマブラ業界は盛り上がりを見せ、世界的にもこれまで以上の大人気を博すこととなったわけですが、その流れに乗じるようにザクレイ選手も大きく成果を伸ばしていきました。2019年の主な戦績がこちらになります。

2019年

  • スマバトSP スマブラSP 優勝(ウルフ)
  • ウメブラSP2 スマブラSP 優勝(ウルフ)
  • ウメプロSP スマブラSP 4位(ドンキーコング)
  • Genesis 6(アメリカ) スマブラSP 5位(ウルフ)
  • Frostbite 2019(アメリカ) スマブラSP 33位(ウルフ、ワリオ)
  • Smash Ultimate Summit(アメリカ) スマブラSP 5位(ウルフ、ワリオ)
  • Prime Saga(アメリカ) スマブラSP 準優勝(ウルフ、ポケモントレーナー、ルキナ) ダブルス 準優勝 ザクレイ(ポケモントレーナー、ワリオ)/ しゅーとん(ピクミン&オリマー)
  • ウメブラ Japan Major 2019 スマブラSP 7位(ウルフ、ポケモントレーナー、ワリオ)

こうして見てみると2018年には見えなかった「優勝」のふた文字が特に目立っていたり、使用キャラについてもウルフを中心とするケースが増えていっているのが見てとれます。

また、GameWithに所属することで支援を受けられるケースも増えていく中で海外遠征の機会も出てきたと先述しましたが、ただ出場するだけでなく海外の大規模大会でも結果をしっかりと残していることもザクレイ選手の成長を表しているでしょう。

 

海外デビューを果たしたアメリカ開催のGenesis 6では、なんと参加者2109人の中で5位という驚異的な結果を残しています。さらには最終日のTOP8に日本人で唯一残ったのはザクレイ選手だけでした(アジア人でも唯一)。

そのほかにもFrostbiteやPrime Sagaなどの海外大会での大きな活躍をはじめ、最近で言えば日本最大規模の公式大会「スマブラSP 日本選手権」において準優勝を飾るなど、その勢いはとどまることを知りません。

Zackray/ザクレイのおすすめスマブラプレイ動画

そんなまさに飛ぶ鳥を落とす勢いで成長し続けるザクレイ選手ですが、最後におすすめのスマブラプレイ動画を見ていきましょう。実際のプレイ動画を見ることが一番実力を測るにはうってつけでしょう。

Genesis 6 SSBU – GW | ZackRay (Wolf) VS Light (Fox) Smash Ultimate Winner's Quarters
2GG: Prime Saga GW | Zackray (Wolf) vs Ally (Snake) Top 8 Winners Semi – Smash Ultimate
Kurobra15 GF GW | Zackray VS SNB | Abadango
Umebura JM2019 SSBU – GW | Zackray (Wolf) Vs. Masashi (Cloud) Japan Smash Ultimate Tournament Pools
【スマブラSP】タミスマ#9 準決勝 れあ(ゲッコウガ) VS ザクレイ(ウルフ) – オンライン大会

個人的によく見るものやおすすめのものをピックアップさせていただきましたが、こうして見てみると非常に肝が座った冷静なプレイスタイルだということがわかります。

まだ10代、そうは思えないようなザクレイ選手のプレイスタイル。今後も日本を背負って世界と戦っていき、世界中にその名を馳せられるよう応援しています。


Related Post