MENU
【もう一度観たい】三浦春馬主演の映画7つ

【もう一度観たい】三浦春馬主演の映画7つ

2020 7/29

7月に自宅で亡くなられた俳優の三浦春馬さん。突然の訃報を受け、ファンや関係者など多くの人々が哀悼の意を表しました。三浦さんの出演された作品に「このシーンで泣いた」「この作品でファンになった」など思い出などを懐かしむ声がSNSに多く寄せられています。

今回は、そんな多くの方に感動を与えた三浦春馬さん主演の映画を紹介していきます。

目次

三浦春馬さん主演の映画7つ

三浦春馬さんはTVドラマや映画合わせて50を超える作品に出演してきました。その中でも厳選して、映画の主演をつとめた作品を7つ紹介します。

キャッチ ア ウェーブ-2006年4月公開・佐々木大洋 役

あらすじ

高校1年生の夏休みに大洋、小林、田口の3人は湘南にある田口の別荘で夏休みを満喫しようと江ノ電に乗ってやってきた。そこには水着ギャルやサーファー達が海を楽しんでいる。ところが、大洋達は別荘の鍵を無くしてしまう。そんなところで海辺で全裸で助けを求める男・デューク川原に出会ってしまう。このデューク川原との出会いで大洋達のリッチな夏休みは大きく変わることになる。

Wikipedia

恋空-2007年11月公開・桜井弘樹(ヒロ) 役

あらすじ

主人公・田原美嘉は、身長が低いこと以外は普通の女子高生であった。ある日、ノゾムにPHSの番号を知られたことがきっかけで偶然ヒロ(桜井弘樹)と知り合ってつき合うことになる。

ヒロは美嘉との交際に始めは本気ではなかったが、次第に本気になっていく。アヤとノゾムのカップルとダブルデートをしたり、一緒に授業をサボったりして高校生活を楽しんでいた。

そんな中、美嘉はヒロとの子供を妊娠する。2人は子供を出産することを決めたが、ヒロの元彼女・咲に強く押されて転び、美嘉は流産してしまう。2人は大きなショックを受けるが、また強い絆で結ばれていく。

ところがある日、ヒロは美嘉に突然の別れを告げる。2人はそれぞれ別の相手とつき合うが、後に美嘉は、ヒロが末期のガンを患っており、“美嘉には幸せになってほしい”という願いから別れを選んだのだと知って、大好きな今の彼と別れ、ヒロの元へ走る。

ヒロは、適切な抗がん剤治療の甲斐もあり、髪の毛が抜ける程度の副作用で奇跡的に3年も生きながらえるが、別れの時が来るのを食い止めることはできなかった。

しかし、彼の死後、美嘉は彼の忘れ形見を身篭っていることを知り、今度こそ産み、彼の分まで育てることを決心するのであった。

Wikipedia

この作品で三浦さんは第31回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しました。

君に届け-2010年9月公開・風早翔太 役

あらすじ

北幌高校に入学した黒沼爽子は性格は良いが、見た目が暗く、長い黒髪のせいで周囲からは「貞子」と呼ばれて恐れられ、クラスに全く馴染めないでいた。しかし、自身とは対照的な、爽やかで、学年で男女問わず人気者で、噂を全く気にしないクラスメイトの風早翔太と親しくなった事をきっかけに、友情・恋愛・進路などを通して爽子は成長していく。そんな爽子を中心とした登場人物それぞれの高校生活3年間の青春模様を描く。

Wikipedia

東京公園-2011年6月公開・志田光司 役

あらすじ

「彼女の写真を撮ってほしい」突然の依頼が始まりだった。東京の公園で、写真を撮り続ける大学生の光司(三浦春馬)は、幼い頃に亡くした母の影響でカメラマンを目指していた。ある日ひとりの男性から「彼女を尾行して、写真を撮ってほしい」と突然の依頼される。理由も分からないまま依頼を受けた光司だが、このことをきっかけに自分自身と、そばにいる女性たちと向き合うことになる。何でも話せていっしょにいることが自然だった幼馴染みの富永(榮倉奈々)。いつもやさしく力強く支えてくれる、親の再婚で義理の姉となった美咲(小西真奈美)。そして、記憶のなかの誰かに似ているファインダーの向こうにたたずむ謎の女性(井川遥)。光司の視線が3人の女性をまっすぐ見つめたとき、すべては少しずつ変わり始める──。

filmarks

真夜中の五分前-2014年12月公開・良 役

あらすじ

時計修理工のリョウ(三浦春馬)は、ひょんなことからルオラン(リウ・シーシー)という美しい女性と出会う。彼女には、女優をしているルーメイ(リウ・シーシー/二役)という一卵性双生児の妹がいた。今、ルーメイにはティエルン(チャン・シャオチュアン)という婚約者がいて、その婚約祝いには是非ともルオランが思いもつかないようなプレゼントを贈りたい…。それで、出会ったばかりのリョウにプレゼント選びを手伝ってもらうことに。
唐突で奇妙な出会いではあったが、リョウは美しいルオランと知り合えたことに胸を躍らせる。しかし親しくなるにつれて、リョウはルオランが抱える心の闇に気づいていく。
ルオランは自分の人生の片割れでもあるようなルーメイを深く愛しているのだが、「同じものを好きになってしまう」というこの双子姉妹の性(さが)から、ルオランもティエルンを愛してしまっており、そのことでルーメイに対する激しい嫉妬を抱えていた。
そんなルオランを優しく受け止めてやるリョウ。
2人の関係はやがてゆっくりと、恋人へと発展していく―。

filmarks

進撃の巨人-2015年8月・9月公開・エレン 役

あらすじ

その日、人類は思い出した―。
百年以上前、突如現れた巨人たちに、人類の大半は喰われ、文明は崩壊した―。
この巨人大戦を生き残った者たちは巨人の侵攻を防ぐため、巨大な壁を三重に築き、内側で生活圏を確保して平和を保っていた。
だが百年、壁が壊されなかったといって、今日、壊されない保証はどこにもない―。

filmarks

アイネクライネナハトムジーク-2019年9月公開・佐藤 役

あらすじ

ギターの弾き語りが心地よく響く仙台駅前。大型ビジョンからは、ボクシング世界戦のタイトルマッチに沸く声。「劇的な出会い」を待つだけのボク・佐藤(三浦春馬)は、街頭アンケートを実施中だ。今時なかなか相手にしてもらえない中、珍しく快く応えてくれたのはリクルートスーツの女性。手には「シャンプー」の文字。これって運命?そういえば居酒屋で雇われ店長をやってる親友が言ってたっけ「出会いなんてどうだっていい、後で自分の幸運に感謝できるのが一番だ」って。確かに、そんな彼には分不相応なほど美人の奥さんと可愛い娘がいて、幸せそうにやってる。運命って、奇跡って、幸せって?音と音がつながってメロディが生まれるように、誰かと誰かがつながって物語が生まれる――それは、恋とか愛にまつわる物語。

filmarks

天外者・公開日未定・五代友厚 役

こちらの作品は2019年に撮影されましたが公開日が未定となっており、公式からの発表待ちとなっています。

現在の鹿児島県にあたる薩摩出身の侍。江戸末期から明治を生き、大阪の経済の元を作った「大阪の父」と呼び親しまれ、大阪商工会議所ビル前には現在も五代友厚の銅像が建っているとのこと。

「てんがらもん」とは、鹿児島の方言で「すごい才能の持ち主」を意味する。

まとめ

三浦春馬さんはTVドラマや映画などで様々な役を演じました。身長178cmのスラリとした長身と爽やかな笑顔を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

主演だけでなく、一緒に仕事をした人達から作品や仕事に対する姿勢と周りの人への配慮などや、映画『永遠の0』で第38回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞するなど作品をより良くするためにその演技力を発揮してきた三浦さん。
舞台や歌手活動など幅広い活躍が期待されていた中、今回の訃報が残念でなりません。

目次
閉じる