MENU
【LIVE812】『次世代のスターは君だ!』第2弾のプロデュースライバーを発表

【LIVE812】『次世代のスターは君だ!』第2弾のプロデュースライバーを発表

2020 8/26

ライブ配信アプリ『LIVE812(ライブハチイチニ)』で配信を行うライバーの音楽をプロデュースする「次世代のスター★はキミだ!」企画の第2弾がスタートし、2組のライバーをプロデュースすることが発表されました。

今回は2組同時楽曲プロデュースとなり、8月29日19時にYoutubeの812Musicチャンネル内にて、プロデュース楽曲の発表が行われる予定です。

告知動画

目次

音楽プロデュースが発表されたライバーは?

今回、楽曲のプロデュースが行われるライバーとして発表されたのは、神田飛翔さん、麻友さんの2名。

第一弾と同様、音楽プロデューサーchelkyo・TAKによる楽曲プロデュースが行われます。

プロデュース楽曲は、8月29日19時よりYoutubeのチャンネル『812Music』で公開されます。

812Musicとは?

『812music』 はLIVE812の公式YouTube⾳楽チャンネルのことで、チャンネル内には812公式ライバーのオリジナル楽曲・カラオケ楽曲の動画などが投稿されています。

812music公式チャンネル

プロデュースライバーのプロフィール

神田飛翔

1人目は、バラードシンガーの神田飛翔(つばさ)さん。多くの人が涙するような歌い手を目指し活動されています。

透き通るような高音ボイスが魅力的な歌い手さんです。

神田さんのプロデュース楽曲はバラードが予想されますが、どのような曲かは当日のお楽しみ!

麻友

2人目は、ピアノ弾き語りライバーの麻友(まゆ)さん。

切なさを感じるピアノ演奏と歌声が魅力のライバーさんですが、元気で前向きな本人のキャラクターも人気を呼んでいます。

今回のプロデュース楽曲は、いつものピアノサウンドではなくロック調に仕上がっているそうなので、普段とはひと味違う麻友さんの歌が聞けるのではないでしょうか。

『次世代のスター★はキミだ︕』とは?

『次世代のスター★はキミだ︕』とは、ライブ配信アプリ『LIVE812』のライバーを対象にしたオーディション企画。

WEBオーディションに合格したライバーは、音楽業界の第一線で活躍する音楽家から、楽曲をプロデュースしてもらえる権利が与えられます。

8月上旬に行われた『次世代のスター★はキミだ!』第1弾では、えむぴー、ダイチ大佐×小川358、MUSEへのプロデュース楽曲が発表されています。

現在は、第2弾で発表されたライバーのプロデュースが行われており、プロデュースが行われるライバーは今後も順次発表される予定だそうです。

音楽プロデューサーのプロフィール

chelkyo

楽曲制作・提供の業務の傍ら、⾃⾝も歌を歌う活動をするマルチプロデューサー。
幅広くJ-POPを楽曲制作の得意ジャンルとし、ロック、ダンスミュージック、R&B、オーケストラ、ジャズ、演歌などジャンルの垣根を超えたあらゆる⾳楽の制作に精通。
特に、独特のサウンドや展開の多い楽曲構成が評価されており、テレビ朝⽇「カミヒトエ」のテーマソング、韓流アイドル『HALO』DVD楽曲(ポニーキャニオン)、カプコン・コーエーテクモの等ゲーム会社のイベントBGMなど様々なシーンで起⽤。

chelkyo公式Twitter

TAK

シンガー、ソングライター、アレンジャー、ボーカルトレーナー。
シンガーとしてR&Bボーカルグループ『JAM SOUL』としてのライブ活動、LAへの⾳楽留学を経て、現在はソロで活動中。
ソングライターやアレンジャーとしても活動しており、ドラマ「Missデビル」挿⼊歌『イノセントデイズ – SexyZone』に共作曲・コーラスで参加。
トレーナーとしては、ボーカル、ピアノ弾き語り、作曲・⾳楽理論、DTM等のレッスンを展開。⾃⾝の楽曲もAppleMusic、Spotify、LINE MUSIC等各社より配信中。

TAK公式Twitter

ライブ配信アプリ『LIVE812(ライブハチイチニ)』で次世代のスターを見つけよう

無料のライブ配信・視聴アプリ『LIVE812』では、トークや音楽だけでなくハンドメイド作家、パフォーマー、占いなど個性豊かなライバーが毎日配信中です。面白いライバーに会いたい人、自分にも夢がある人などにおすすめのアプリです。

2020年5月に正式リリースされた新しいアプリですが、音楽プロデュースやテレビやラジオなどの出演チャンスがある企画が続々と開催され、日々盛り上がりを見せています。

まだダウンロードしていない人はこれを機に一度覗いてみましょう。

目次
閉じる