MENU
ライブ配信アプリのおすすめランキング|初心者でも稼げるライバーになれるアプリはどれ?

ライブ配信アプリのおすすめランキング|初心者でも稼げるライバーになれるアプリはどれ?

2020 8/22

個人が動画を配信するサービスは、時代とともに変わりつつあります。
これまでは、Youtubeやニコニコ動画のように事前に録った映像をアップロードするだけでした。

これからは通信技術の発達により、誰でもリアルタイムで動画を配信できるサービスが主流となるでしょう。

リアルタイムの映像を配信できるアプリには投げ銭(ギフト)などの文化があり、「すでに配信者で溢れているYoutuberよりも、ライバーになる方が稼ぎやすい」ともいわれています。

この記事では、初心者のライバーでも収益化が見込めるライブ配信アプリを紹介します。
「ライバーになって稼ぎたい!」「自分のファンがほしい!」と考えている人は、おすすめのアプリを早速ダウンロードしてみましょう。

目次

ライバーデビューできるライブ配信サービストップ5

ライブ配信アプリは、ここ数年間の間に続々登場しています。
その中でも、ライバー初心者が参入しやすく、収益化しやすいアプリを紹介します。

現在リリースされているライブ配信アプリを「稼ぎやすさ」と「競争率の低さ」で図にまとめてみました。

この中で、特におすすめのアプリについて解説します。

通販機能で収益アップが見込める「LIVE812(ライブハチイチニ)」

収益化システムギフト(投げ銭) ライブコマース(物販) イベント
サービス開始2020年5月
ユーザー年齢層20代後半〜高齢者

最も稼げるおすすめのライブ配信アプリは「LIVE812」です。

最大の特徴としては、「ライブコマース機能」という商品の通販機能があるところ。
ライブ配信で主流の投げ銭システムだけでなく、通販機能を利用した収益化も同時に見込めることができます。

LIVE812は、若者をターゲットにしたライブ配信アプリが数多く登場する中で、比較的高い年齢層の方が利用しています。
そのため、経済的に余裕のある視聴者が多く、投げ銭も盛んに行われています。

サービス開始が2020年とまだ新興のアプリなので、ライバルが少なく初心者でも参入しやすい状態です。
「ライブ配信で稼ぎたい!」「自分を応援してほしい!」という人は、LIVE812でライバーデビューをしてみましょう。

LIVE812で活躍するライバーについては、こちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい
LIVE812(ライブハチイチニ)の人気ライバー、今注目のおすすめ配信者は?
LIVE812(ライブハチイチニ)の人気ライバー、今注目のおすすめ配信者は?個性派揃いのライバーが揃うLIVE812(ライブハチイチニ)。この記事では、LIVE812で活躍している人気ライバーや、配信内容について紹介します。【今注目の人気ライバーを4...

LIVE812のレビューについては、こちらの記事でチェックできます。

あわせて読みたい
LIVE812のレビュー・口コミ|他ライブ配信との違いや機能など、視聴者・ライバーからの評判
LIVE812のレビュー・口コミ|他ライブ配信との違いや機能など、視聴者・ライバーからの評判この記事では、LIVE812に関するアプリストアのレビューや、Twitterでの口コミを紹介します。LIVE812の評判について知りたい人は、ぜひチェックしてみてください。【ライ...

賞金イベントが盛んな「HAKUNA Live(ハクナライブ)」

収益化システムギフト(投げ銭) 友達紹介 イベント
サービス開始2019年7月
ユーザー年齢層10〜20代

ハクナライブは、投げ銭による報酬の還元率が他のアプリに比べて高いといわれています。
還元率はイベントの開催時期によって異なりますが、最高で80〜100%の還元率を誇ることもあります。
※通常時の還元率は最高で40%程度です。

オーディオ(音声)のみの配信も盛んに行われていて、顔出しをしなくてもライバーとして活動することができます。

収益化できるシステムは基本的に投げ銭のみですが、期間限定で開催されるイベントに参加すると賞金も狙えます。
配信しながら、賞金イベントにも参加してみたい人におすすめのアプリです。

海外視聴者が多い「Live.me(ライブミー)」

収益化システムギフト(投げ銭) イベント
サービス開始2016年10月
ユーザー年齢層20〜30代

Live meはアメリカ発のライブ配信アプリで、海外視聴者が多いのが特徴。
全世界で5000万以上ダウンロードされている人気アプリですが、日本ではあまり浸透しておらず、まだ競争率が低い状況です。

Live meのライバーは投げ銭が主な収入源。

英語圏・中国語圏に視聴者が多く、海外の視聴者から投げ銭をもらうことが可能です。
そのため外国語が話せる人は、人気ライバーとして活躍できる大きなチャンスがあります。

Live meのCMにも出演するトップライバーのえなこさんはコスプレイヤーで、コスプレをしながら配信を行っています。
言葉の壁を超えた配信に挑戦してみたい人、海外のファンも掴みたい人は、Live meを要チェックです。

ユーザー数が圧倒的な「17LIVE(イチナナライブ)」

収益化システムギフト(投げ銭) イベント
サービス開始2015年7月
ユーザー年齢層10〜20代

17LIVEは、国内で最も利用者の多いライブ配信アプリです。
実は台湾発祥のアプリで、アジアを中心に配信されています。

イチナナライブには、公式ライバーと非公式ライバーがいます。
人気のライバーになれば、公式ライバーとして契約することができ、投げ銭による還元率も高くなります。

ただし、人気のライバーにならないと収益化が難しいともいわれています。
またコロナ渦の影響で、夜の仕事をしていたキャバクラ嬢やホストの参入も多く、競争率が高い状況です。

視聴者ユーザーの数は多いので、人気ライバーになれば多くの収益が見込めます。

Vtuber専門のライブ配信アプリ「REALITY(リアリティ)」

収益化システムギフト(投げ銭)、視聴者数、コメント数による評価ポイント
サービス開始2018年8月
ユーザー年齢層20〜30代

REALITYはVtuber向けに特化したライブ配信アプリです。
配信画面に映るのは、自分ではなくアプリ上で作成した3Dアバターとなります。

そのため、自分の顔を出さずにライブ配信を行えます。
収益化できるシステムは、投げ銭や視聴者数などを総合したポイント制での評価のみですが、参入のハードルが低い点が魅力です。

ライバーになって稼ぎたいけど、なるべく顔出ししたくないと感じている人は、REALITYでライバーデビューしてみましょう。

まだまだある!収益化できるライブ配信アプリ

他にも、アプリストアにはライブ配信アプリが数多くリリースされています。
上で紹介したライブ配信アプリに比べると稼げるチャンスは少ないですが、他にも気になるアプリがあればチェックしてみてください。

10代女性から圧倒的支持を集める「MIX CHANNEL(ミクチャ)」

収益化システムギフト(投げ銭) イベント
サービス開始2013年12月
ユーザー年齢層10代女性

ミクチャは、2013年にリリースされた比較的歴史のあるライブ配信アプリです。
ライバーと視聴者は10代女性が多く、流行に敏感な女子高生のファンを付けられると人気ライバーになれます。

投げ銭など収益化できる機能は備わっていますが、収入が得られるのはミクチャの公式ライバーのみです。
一般のライバーでは収益化できないので、公式ライバーに応募する必要があります。

また、報酬の仕組みについては明らかにされていません。
収益化へのハードルは高いですが、10代の心を掴むライバーになりたい人は、ぜひチェックしてみてください。

時給のシステムがある「Pococha Live(ポコチャライブ)」

収益化システム盛り上がりダイヤ(投げ銭・コメント・視聴者数から計算) 時間ダイヤ(時給から計算)
サービス開始2017年11月
ユーザー年齢層10〜20代

ポコチャライブは、ライブ配信サービスでは珍しい時給制のシステムがあるアプリです。
投げ銭がなくても、時給による収益化が見込めます。

ただし、時給はライバーの人気によって細かくランク分けされています。
トップライバーになれば時給の報酬額は2,000円を見込めますが、ランクの低いライバーは時給100円にも満たない額しか稼ぐことができません。

少ない時間で稼ぐというよりは、毎日コツコツと配信したい人向けのライブ配信アプリです。

芸能人もライブ配信する「SHOW ROOM(ショールーム)」

収益化システムギフト(投げ銭)
サービス開始2013年11月
ユーザー年齢層10〜20代

SHOW ROOMは有名アーティストやアイドルの配信もあるアプリなので、知っている人も多いのではないでしょうか。

サービス開始当初は芸能人のみが配信を行っていましたが、2014年からは一般ユーザーでも自由に配信することができるようになりました。

競合となるライバーが芸能人になるため、一般人のライバーが収益化するのは難しいといわれています。
しかし、一般人のライバーでも収益化に成功している人はいるので、挑戦してみる価値はあるでしょう。

気になるアーティストやアイドルの視聴者として、またライバーとして活躍したい人はSHOWROOMでライバーデビューしてみては?

動画作成もできる「DokiDoki Live(ドキドキライブ)」

収益化システムギフト(投げ銭) 動画配信の広告収入
サービス開始2016年9月
ユーザー年齢層10〜20代

多くのライブ配信アプリは、リアルタイムの映像を配信する機能しか備わっていませんが、DokiDoki Liveは事前に録って編集した動画もアップすることができます。

そのため、ライブ配信の投げ銭だけでなくYoutubeのような動画配信の広告収入の両方で収益化が見込めます。
ただし、動画はアプリに登録した人にしか視聴できないため、動画の配信による広告収入はあまり期待できません。

動画配信機能があることで自分をアピールできる手段が増えるので、ライブ配信だけでなく動画配信でも活躍したい人向けのアプリです。

ゆるいゲーム実況動画を配信できる「Mirrativ(ミラティブ)」

収益化システムギフト(投げ銭) イベント オーブ(視聴者数・コメント数など)
サービス開始2015年8月
ユーザー年齢層10〜20代

ミラティブのコンセプトは「友達んちでドラクエやっている友達を見ている感じ」の動画配信アプリ。
文字通り、誰でもゆるい雰囲気のゲーム実況を配信できます。

先ほどまで紹介したアプリと違うところは、スマホのミラーリング機能を利用してゲームプレイ動画をそのまま配信できるところ。
配信者は、視聴者と通話しながらゲーム画面を見せて実況することができます。

ミラティブは「オーブ」という通貨を獲得してコインに換金する収益システムです。

収益化の流れ
オーブ→コイン→現金化

オーブは、視聴者数やコメント数、アーカイブ動画の再生数によって決まります。(※算出方法は不明)
また、視聴者からの投げ銭(ギフト)でもコインを獲得できます。

稼げるシステムは十分に整っていませんが、スマホのゲーム実況動画を配信してみたい人はぜひ挑戦してみてください。

Mildom(ミルダム)

収益化システムギフト(投げ銭) 時給 イベント賞金
サービス開始2019年9月
ユーザー年齢層10〜20代

ミルダムはゲーム動画が中心のライブ配信アプリで、e-Sportsなどゲーム関連の大会の生配信も行われています。

ミルダムの配信者には報酬権限のあるL1のランクと、報酬権限のないL2ランクに分けられます。
L1ランクへは、L2ランクで一定条件を満たすことができれば参加することが可能です。

L1ランクに参加すると、投げ銭の他に時間報酬(1時間500円)の報酬も獲得することができます。
そのため収益を増やすには、人気の配信者になりランキング入りすることが非常に重要となります。

投げ銭以外の収益も獲得したい人は、ぜひ挑戦してみてください。

追記:2020年8月に任天堂のゲーム配信が禁止となってしまったため、配信できるゲームの幅が狭いのが難点です。

BIGO LIVE

収益化システムビーンズ(投げ銭) 時給
サービス開始2016年3月
ユーザー年齢層10〜20代前半

BIGO LIVEは、世界で2億人以上の視聴者がいる配信アプリです。

ライバーは10代から支持を集めるインフルエンサーが多く、ライバーのタレント性が強いのが特徴。
人気ライバーの顔がラッピングされたトラックを走らせたり、雑誌に登場させたりと、ライバーの露出に力を入れています。

投げ銭の金額が月間30,000円分を超えることができれば時給が発生するため、コツコツ配信することで報酬を増やすことができます。

ただし、報酬はドルで支払われるため、収益の額は換金レートに左右されるところが欠点です。

収益化の流れ
ビーンズ→ドル→現金化

英語を使ってライブ配信したい人や、とにかく有名になりたい人は、BIGO LIVEもチェックしてみましょう。

OPENREC.tv(オープンレック)

収益化システムエール(投げ銭)、視聴者数、コメント数によるポイント制
サービス開始2015年
ユーザー年齢層20〜30代

オープンレックはゲーム実況やプレイ動画、ライブ配信専門のアプリ。
人気のゲーム実況者やプロゲーマー、ゲームを愛する芸能人が多数在籍しています。

オープンレックの収益システムは、オープンレック全体の収益から、視聴者数・コメント数・投げ銭の金額などの実績に応じて収益が分配される仕組みです。
そのため、視聴者からもらった支援がそのまま換金できるわけではありません。

またゲーム好きが集まるアプリのため、ファンは付きやすいですがライバルも多いのが特徴。
稼げるチャンスは少ないですが、趣味が同じ人とつながりを持ちたい人におすすめのアプリです。

ライブ配信アプリでライバーが稼げるしくみとは?

Youtuberの収益源は動画内の広告で、再生回数が増えると収益も増えるしくみですが、ライブ配信はどのようにして収益化するのでしょうか。

ライブ配信アプリによって異なりますが、ライバーの収入源は次の5つに分けられます。

  • 投げ銭(ギフト)
  • 物販(一部アプリのみ)
  • 動画の広告収入
  • 時間報酬(時給)
  • イベント賞金

ライバーの収益源は広告収入ではなく、視聴者からの支援である「投げ銭」が主流です。
ライブ配信サービスには、視聴者がライバーに直接お金を落とせる仕組みがあるので、Youtubeの広告収入よりも視聴者一人あたりの単価が高いといわれています。

よってYoutubeなどの動画配信サービスと違い、有名人になって爆発的に再生回数を伸ばさなくても、ファンがいれば収益化することが可能です。

また物販機能(ライブコマース機能)のあるアプリであれば、配信画面上で商品を販売することができて、さらなる収益が見込めます。

時間報酬やイベントの賞金は、人気ライバーになると獲得のチャンスがあります。

稼げるライブ配信アプリと稼げないライブ配信アプリの違い

せっかくライブ配信を始めるなら、より稼げるアプリで始めたいですよね?
そこで、稼げるアプリと稼げないアプリの違いをまとめました。

稼げるライブ配信アプリかを見極めるポイント

  • 投げ銭(ギフト)が盛んに行われているか
  • 投げ銭がそのまま換金できるか
  • 投げ銭以外に稼げるシステムがあるか
  • リリースから年数が経っていないか

投げ銭が盛んに行われているか

ライバーの収益の大半は、どのアプリを選んでも投げ銭による報酬です。
そのため、投げ銭が盛んに行われているライブ配信アプリを選ぶことで、より多くの収益を見込めます。

投げ銭がどの程度行われているかはライバーによって大きく異なりますが、投げ銭のシステムがあるアプリを選ぶことが大前提となります。
ライバーデビューしたい人は、投げ銭のシステムがあるアプリに絞ってチェックしましょう。

投げ銭がそのまま換金できるか

視聴者からもらった投げ銭は、そのまま還元できるアプリと、報酬査定の一部となるアプリがあります。

投げ銭の金額が報酬査定の一部となるアプリの場合、投げ銭の金額だけでなく視聴者数やコメント数などの総合評価で報酬が決まります。

視聴者数やコメント数などは、有名なライバーにならない限りは数を増やしづらい部分です。
ライバー初心者の場合は、もらった投げ銭はそのまま還元できるアプリを選んでおくことをおすすめします。

投げ銭をそのまま報酬に還元できるアプリ

  • LIVE812
  • Live me
  • 17LIVE

など

投げ銭が報酬に直結しないアプリ

  • REALTY
  • Pococha Live
  • OPEN REC.tv

など

投げ銭以外に稼げるシステムがあるか

投げ銭以外に収益化できるシステムがあるアプリでライバーになると、より多く稼ぐことができます。

投げ銭以外の収益源には、ライブコマース(通販)、時間報酬、イベント賞金などがありますが、最も収益を見込めるのはライブコマース機能です。

販売できる商品は自分の制作した物に限られますが、コンスタントに購入してくれる人がいれば、ライブ配信の時給や広告収入よりも高い報酬を獲得できる可能性が高くなります。

また、時間報酬やイベント賞金は人気ライバーにならないともらえないアプリが多いため、初心者のライバーはライブコマース機能を利用して利益を最大化するのが最も有効です。

あわせて読みたい
LIVE812のライブコマース機能を徹底解説|商品を購入する方法や販売できない商品、イベント企画について
LIVE812のライブコマース機能を徹底解説|商品を購入する方法や販売できない商品、イベント企画についてこの記事では、LIVE812に搭載されているライブコマース機能について解説します。ライブコマースから商品を購入する方法や活用方法などを知っているとLIVE812をより楽し...

リリースから年数が経っていないか

これからライバーになりたい人であれば、まだ新しいアプリを選んで先行者利益を狙いにいくべきです。
現在、多くの配信者がいるYoutubeを例にしてその理由を解説します。

日本の代表的なYouTuberは、初期から活動している方がより多くのファンを獲得しています。

チャンネル登録者数上位のユーチューバーと活動開始年

  • はじめしゃちょー(877万人・2012年3月〜)
  • Hikakin(862万人・2006年12月〜)
  • せんももあいしー(825万人・2006年7月〜)
  • Fischer’s(639万人・2010年2月〜)

逆に言えば、すでに確固たる地位を築き上げているYouTuberが多く、新規で参入するのが難しくなるということです。

ライブ配信アプリにも同じことがいえます。
リリースから年数が経っているアプリは、すでに一定数のファンを獲得しているライバーが多く、新たなファンを獲得するのが難しくなります。

そのため、ライバーデビューをするなら、リリース初期から活動できるアプリを選ぶのがおすすめです。

リリース2年以内のライブ配信アプリ

  • LIVE812(2020年5月〜)
  • HAKUNA Live(2019年7月〜)
  • Mildom(2019年9月〜)

最後に

ライバーになってライブ配信を配信してみたい人におすすめの稼げるアプリを紹介しました。
特におすすめのアプリは、この5つです。

  • LIVE812(ライブハチイチニ)
  • Live me(ライブミー)
  • REALITY(リアリティ)
  • HAKUNA live(ハクナライブ)
  • Doki Doki Live(ドキドキライブ)

紹介したアプリは、新規ライバーとして参入しやすく、収益を獲得できるシステムが充実しています。

とはいっても、実際にアプリを始めてみないと向いていそうかどうかはわかりません。
まずはアプリをダウンロードして、人気ライバーの配信を覗いてみましょう。

最もおすすめ!LIVE812の登録方法や使い方についてはこちらの記事をチェックしてみてください。

あわせて読みたい
LIVE812の登録方法、楽しむための使い方、人気のライバーになるには?
LIVE812の登録方法、楽しむための使い方、人気のライバーになるには?この記事では、LIVE812でライブ配信を楽しむための手順について紹介しています。また、人気ライバーになるための秘訣も公開中です。人気のライバーになったらどうなる?...
目次
閉じる